高知県パチンコがコロナで休業要請ない理由は?




緊急事態宣言が7都道府県から、全国に対しても5月6日まで(4月25日現在)緊急事態宣言が発表されました。

東京都では休業などを要請する施設にパチンコが含まれていますが、高知県ではパチンコが休業の対象となっていません。

ではなぜ高知県ではパチンコが新型コロナウイルス対策で休業となっていないのでしょうか?高知県パチンコがコロナで休業要請ない理由について詳しく調べていきます。

 

高知県でパチンコが新型コロナウイルス感染防止で休業対象とならない理由

高知県では新型コロナウイルス感染防止のため、高知県内にある飲食店などを対象に4月24日から5月6日まで(4月25日現在)の間、休業や営業時間の短縮をするように要請を出しています。

ただこの新型コロナウイルス感染防止のための休業要請の中に、高知県ではパチンコは対象外となっています。その理由は一体なんなのでしょうか?

高知県内にある、カラオケ店や、バーではクラスター感染が確認されています。
しかしパチンコ、映画館、タクシーでは新型コロナウイルスの感染者が確認されていないことから、この休業要請からは外されています。

4月25日現在、高知県のパチンコでのクラスター発生が確認されていないということから、高知県のパチンコは休業要請の対象外となっています。

4月25日現在高知県のパチンコは休業要請の対象外となっていますが、東京都、大阪府などのように今後は休業要請の対象となってくる可能性もあると考えられます。

高知県では休業要請に応じた施設や、飲食店に対して県から20万円、市町村からは10万円、合計30万円の協力金の支給を予定しています。(4月25日現在)

 

高知県のパチンコが新型コロナウイルス感染予防で休業となる可能性

現在、全国に緊急事態宣言が発表され外出自粛が要請されている中、4月25日現在高知県ではパチンコは休業要請の対象となっていません。

その理由としては、パチンコ店からのクラスター発生がこれまで確認されていないという点です。

4月25日現在、高知県では新型コロナウイルス感染者数は72名となっています。
全国的に見ると感染者数は多くありません。しかしまだまだ感染者数が出てくると考えられます。

今現在、高知県ではパチンコに対しては休業要請は出ていませんが、全国的に見ていてもパチンコが休業要請の対象施設となっている地域がほとんとです。

今後の動向では高知県のパチンコでも休業要請の対象施設になっていく可能性も考えられます。

 

高知県のパチンコが緊急事態宣言による休業要請が発表された場合、どうなるのか?

高知県のパチンコでは4月25日現在、休業の対象施設となっていませんが、全国の他の都道府県ではパチンコが休業要請の対象施設となっています。

休業を要請されながらも、営業を続けているパチンコも見受けられています。
そんな中、4月21日に西村経済再生担当大臣は店名を公表し、強く自粛を求めるように調整すると発言しました。

それを受け、緊急事態宣言によりパチンコ店の休業要請を出している大阪府では4月24日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく休業要請に対して、応じない府内の大型パチンコ店の6店舗を公表しました。

大阪府の吉村洋文知事は4月24日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく休業要請に応じない府内の大型パチンコ店6店舗を公表した。これを受けて、大阪市内の2店舗が25日から休業したが、他の4店舗については、25日正午の時点で要請に応じるとの連絡はなく、ほぼ満席の店もあるという。
引用: https://biz-journal.jp

この発表を受け、大阪府の店名が公表されたパチンコ店は6店舗中、2店舗が休業要請に応じたことを発表しています。

高知県ではまだパチンコ店に対して休業要請が出ていませんが、県民の声を受け今後はこの流れを考えると、高知県で新型コロナウイルスの感染予防のための休業に応じないパチンコ店に対して店名を公表される可能性もあるのかもしれません。

高知県のパチンコに休業要請対象の県外から人が流れてくる可能性でネットの声は?

高知県では現在パチンコに休業要請が出ていません。パチンコを楽しみたい人からすると、県をまたいででもパチンコを打ちにくる可能性はないのでしょうか?

ネットでは休業要請になっていない高知県のパチンコ店に対して不安の声も上がっています。

ネットの声をご紹介します。

Twitter

新型コロナウイルスの終息の時期がはっきりと分からず、不安な中できるだけ3蜜にならないよう心がけて行動することが自分や周りの人を守る行動につながります。
高知県のパチンコ店が休業対象となるのか、今後の動向に注目です。

高知県パチンコがコロナで休業要請ない理由は?まとめ

新型コロナウイルスによって現在全国的に緊急事態宣言が出され、行動自粛が要請されています。これまで出来たことが出来なくなる不自由さは、皆さんも身をもって感じられているのではないでしょうか?

高知県でも飲食店や、カラオケ店など、日々の生活に欠かせない施設が休業対象となっています。今後は高知県でも全国的な動きのようにパチンコ店に対しても休業要請が出てくる可能性も考えらます。パチンコでは、換気の状態、他のお客さんとの距離も近く、3蜜になる状況となります。

今後は高知県のパチンコでも新型コロナウイルスによる感染予防から休業になるのかもしれません。最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました