ダンカーター来日後の年収は?キックの精度がヤバすぎる!

ダンカーター来日後の年収は?キックの精度がヤバすぎる!と話題になっています。優れた身体能力でラグビー界の生ける伝説ともで言われているダンカーター選手。そんな一流選手が日本にやってきたものだから話題にならないわけがない。年俸についても話題になっていますね。今回は、ダンカーター来日後の年収は?キックの精度がヤバすぎる!について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

ダンカーターのプロフィールと経歴

ダンカーター選手のプロフィール

ダンカーター選手

引用:https://cocolo.jp

名前:ダニエル・ウィリアム・カーター
生年月日:1982年3月5日(2018年12月現在36歳)
出身地:ニュージーランドカンタベリー地方
身長:178㎝
体重:96㎏
職業:プロラグビー選手
ポジション:フライハーフ(スタンドオフ)
所属チーム:神戸製鋼(2018-)

ニュージーランドの男子皆が憧れプレーするというラグビー。ダンカーター選手も幼少期からラグビーを始めました。

多くのラグビー選手を輩出した「クライストチャーチ男子高等学校」を卒業し、2002年にはニュージーランド国内リーグの「カンタベリー」でプレー。翌年2003年には、世界最高峰のリーグであるスーパーラグビーの「クルセイダーズ」に入団します。

ニュージーランド代表「オールブラックス」にも選出され、同年6月の対ウェールズ戦で初キャップを獲得。

「クルセイダーズ」では2015年まで同チームでプレーし、この間に優勝3回準優勝4回に大きく貢献しました。

2011年、ニュージーランド開催のワールドカップでは、怪我の為出場を逃すもニュージーランド代表は優勝。2015年、イギリス開催のワールドカップでは、正スタンドオフとして出場し活躍を見せ、史上初のワールドカップ連覇を達成。本大会終了後にニュージーランド代表を引退しました。

「USAベルピニャン」を経て、フランストップ14の「ラシン92」に入団し、3シーズンプレー。

ニュージーランド代表での最多得点選手、「オールブラックス」でのスタンドオフとしての出場回数は歴代最多、ラグビー国際試合での個人通算得点数歴代1位。そしてMVP3回受賞

史上最高のスタンドオフと評されている選手です。

ラグビーファンなら誰もが知っている有名選手。世界中にファンがいるそうですよ!
そんな素晴らしい経歴を持つ人気選手が、なんと来日したそうなのです!なんと日本のトップリーグでプレーするそうなんです!!

続いて、ダンカーターが神戸製鋼に移籍!?について調べてみました。

スポンサーリンク

ダンカーターが神戸製鋼に移籍!?

ダンカーター選手が「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」に加入する事を公表したのは、自身のツイッターでした。

それは「来シーズン、私は日本の神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入する事を発表し、興奮しています。これらの決断は決して容易ではありませんが、私はラシン92のサポートに感謝しなければなりません。」といった内容。

それ以前はフランスの「ラシン92」に所属していましたから、もちろんこの事はフランスでも報じられました。

ラグビー界のスーパースターの日本移籍となると、ラグビー界が大いに盛り上がる事が想像出来ますね!試合の観客数も大幅に増えるのではないでしょうか。

「日本でラグビーキャリアを終える為に来た」と引退の地を日本に選んだそうです。

また、「来年のワールドカップ、その翌年の東京オリンピック。これからの数年は日本以外で暮らす事以外は考えられないくらいエキサイトしている」とも語っています。

ラグビー界の生ける伝説が日本に来たという事を受けて、ラグビーファンならずとも、驚き、歓迎、興奮の声が多数あがっている様ですね。

神戸にはサッカー選手のアンドレス・イニエスタ選手も来ましたから、神戸の街の盛り上がりは日本中で1番かもしれませんね。

他のスポーツでもそうですが、選手のチーム移籍となると話題にのぼってくる年俸話。ダンカーター選手の年俸も気になりますよね!超一流ラグビー選手にはどのくらいの年俸が発生するのか。

という事で調べてみました!

スポンサーリンク

ダンカーターの神戸製鋼との契約内容は?年俸がやばい!?

ダンカーター選手が移籍した「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」は、1928年創部の伝統と歴史のあるチームです。トップリーグでは、2003年の優勝以降、優勝から遠のいていますね。

ダンカーター選手は、この「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」と2年契約を交わしました。気になるのは年俸額。世界の一流選手ですから、それなりの額が見込まれますよね。

2015年に、ラシン92と契約した際の推定年俸は2億5000万円と報じられていました。この額はラグビー史上最高額との事。

過去には、ニュージーランド協会と4年契約3億8500万円(当時)の契約もあったそうです。

しかも同時期に、フランスの「ラシン・メトロ」から3年契約5億4000万円というオファーもあったとか。しかしダンカーター選手はこちらの契約は断り、ニュージーランド協会との契約を結んだそうです。母国をとったという事でしょうか。

こういった事を含めて考えると、今回の「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」での年俸も相当な額なのではと思ってしまいますが、ある記事によると、今回の年俸は約7300万円との事。

十分高額ではありますが、何億円という数字を見てしまった後だと低く感じてしまいますね。7300万円にスポンサー料なども加わるので総額は1億円以上にはなりそうではありますが。

それに、サッカーやボクシングなどのスポーツと比較してみても、ラグビー選手の年収は劣っていると言わざるを得ません。

2018年のスポーツ長者番付での1位はボクシングのフロイド・メイウェザー選手で、その額約313億円2位はサッカー選手のリオネル・メッシ選手で、その額約122億円でした。

ケタ違い。

また、日本のトップリーグ選手と海外選手との金額の差もある様で、日本のプロ選手の年収は500万円~1500万円、海外のプロ選手は1000万円~8000万円程度と言われています。

ラグビーでお金を稼ぐならフランスか日本と言われているそうですが、世界的に見ても、サッカーや野球などのスポーツに比べると、まだまだものかもしれません。

国によって、スポーツによって、こんなにも差があるのは驚きですね。
それでも、ダンカーター選手の年収はラグビー界では史上最高。サッカーで言えば、リオネル・メッシレベルの選手なのです。

トップレベルのプレーを生で観たい!という方はたくさんいるでしょうね。ダンカーター選手目当てで観戦に行く方も増えるでしょう。

ダンカーター選手は、「ファンの皆様が楽しみになるようなプレースタイルでやってきたいと思っている」とコメントしています。どんな風に楽しませてくれるのでしょうか。

続いて、ダンカーターが移籍後のトップリーグの見どころは?について調べてみました。

ダンカーターが移籍後のトップリーグの見どころは?

ダンカーター選手が加入した「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」には、元ニュージーランド代表選手のアンドリュー・エリス選手がいます。

おちゃめそうな方ですね。

気心の知れたチームメイトがいる事も、「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」に決めた理由の1つだそうです。

オールブラックス時代に2人はコンビを組んでおり、そのコンビプレーが日本でも観られる!とファンは歓喜に沸いている模様。

https://twitter.com/tori_p_r/status/935073361658503168

ダンカーター選手の加入に関して、アンドリュー・エリス選手は「彼がこのチームに来てくれた事は素晴らしい事だし、たくさんの良い影響を与えてくれると思う」とコメントしています。

もう1つ見どころとして挙げられているのが、サントリーのラグビーチーム「サンゴリアス」に所属しているマット・ギタウ選手との対戦。

マット・ギタウ選手はオーストラリアの代表「ワラビーズ」の選手で、ダンカーター選手が所属していたニュージーランド代表「オールブラックス」とは初対戦以来長いライバル関係にあります。

元ライバル同士が、場所を日本に移してチームを変えて、またライバル同士となりました。トップスター同士の戦い、注目しないはずがないですね。

サントリーは作シーズン15戦無敗で優勝していますからね。強豪です。

そしてダンカーター選手のトップリーグデビュー戦が2018年9月14日に行われました!対戦相手はサントリー!!上述したマット・ギタウ選手との対戦が早々に!!

観客動員数は17000人。指定席は売り切れ、ぎっちぎち。黄色い声が飛び交い、ダンカーター選手の一挙手一投足に観客全員がくぎ付けだったそうです。

ダンカーター選手はこの試合で21得点をあげ、チームは勝利。両チームで最も活躍した選手に贈られる「マン・オブ・ザ・マッチ」を受賞しました。

ほとんどの試合が関西で行われるので、秩父宮で行われたこの試合はかなり貴重でしたね。ラグビーに詳しくない、興味のない人でも観たくなってしまうこの感じ。

さすがは世界の至宝です。

今シーズンの12月3日時点で、神戸製鋼、サントリー、ヤマハ発動機、トヨタ自動車が4強

決勝戦は12月15日予定です!!

見どころ満載なトップリーグですが、ファンの視線をくぎ付けにするであろうダンカーター選手のボールさばき。
ダンカーター選手は、ラン、パス、キック、タックル全てに優れていますが、中でもキックがヤバいんだとか。

続いて、ダンカーター選手の並外れたキック力について調べてみました。

ダンカーターの正確無比なキックがヤバい!

ダンカーター選手のポジションスタンドオフは、いわゆる司令塔で、キックを良くするポジションでもあります。
長年そのポジションを務めてきたダンカーター選手のキックの精度はもちろん高いです。

2016年9月10日に放送された「炎の体育会TV」(TBS)に出演した際には、キックで9枚の的を蹴り落とすというゲームに挑戦し、結果は4枚でしたが、圧倒的なキックを披露しました。

動画は五郎丸歩選手が同じゲームに挑戦した時のものです。

ゴールキックは子供の頃からやっている大好きな事で、暗くなるまで練習していたそうです。自宅の裏庭にゴールポストがあって、学校から帰ったら何時間もキックしていたと。何回やると回数を決めるのではなくて、ただボールを蹴る事が好きだからやっていただけだと。

ここでダンカーター選手は、キックのスキルを築き、キャリアでの成功を収めた理由はここにあったのですね。

でも、外す時もあります。

人間ですからね。

ダンカーター選手は、技術面すべてに優れているだけでなく、状況判断も冷静で的確

おまけにあのルックスですから、良いとこどり。奥様と一緒に下着メーカーもモデルも務めていて、ニュージーランドの街中には巨大ポスターが貼り出されているそうですよ!文句なしですね。

奥様も一緒という事は、奥様も有名人なのかな。という事で調べてみました。

ダンカーターの妻は誰?子供はいるの?

ダンカーター選手は、2010年10月15日にホナー・ディロンさんとの婚約を発表し、同年12月に挙式を行いました。

交際は2002年からだったそうで、交際期間は9年近く!長いお付き合いを経ての結婚だったんですね。

お相手のホナー・ディロンさんは、ホッケー女子ニュージーランド代表選手という事で、奥様もアスリートでした!

ニュージーランドではホッケーもラグビー同様人気のあるスポーツで、2人ともそんな人気スポーツの有名選手ですから、結婚式は厳重な警備体勢で行われたそうですよ。

2013年には長男くん、2015年には次男くんが誕生しています。名前はマルコくんとフォックスくんだそうです。

年齢や学校などの詳しい情報公表されていませんが、ダンカーター選手はインスタなど、様々なSNSを利用しており、その中に顔は出ていませんがお子さんの写真もありました。

SNSを利用する上で気を付けている事は、「プライベートを話し過ぎない事」だそうです。その通りですね。

来日するにあたって、家族はニュージーランドに残してきています。お子さんの学校の事を考慮しての事だそうですね。

日本のラグビーシーズンは、9月から1月とフランスに比べて短いそうです。なので、ニュージーランドに帰る事が出来る。この事も来日を決めた流の1つなんだそう。

家族思い

素敵な旦那様、お父様を持った家族は誇らしく且つ幸せでしょうね。

国を代表するスポーツ選手を両親に持つお子さんたちが、ラグビーをするのかホッケーをするのか。将来が楽しみです!

これまでも何度か出てきている「ラグビーワールドカップ」のワード。ダンカーター選手も心待ちにしているスポーツイベントの開催が近づいてきました!

続いてダンカーターがワールドカップのアンバサダーに就任!について調べてみました。

ダンカーターがワールドカップのアンバサダーに就任!!

ダンカーター選手は、「MasterCard」がワールドワイドパートナー契約を締結している「ラグビーワールドカップ2019日本大会」をさらに盛り上げるアンバサダーに就任しました。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp/status/927807550644297728

日本代表のリーチ・マイケル選手と山田章仁選手も就任しています。

アジアで初めて開催されるワールドカップとあって、ラグビーワールドカップ2019にかける思いは相当。日本のラグビー界にとって大きなチャンスでもあります。

ラグビーワールドカップは、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ規模となるスポーツイベントですし、それに今回はダンカーター選手がアンバサダーでもあり、且つ選手としてトップリーグを大いに盛り上げてくれるでしょうから、ワールドカップを前に、ラグビーへの関心が向上する事は間違いないでしょうね。

その翌年には東京オリンピックが控えていますから、日本は大忙しです。

「ラグビーワールドカップ2019」は、来る2019年9月20日に開幕します!チケットを手に入れるチャンスはまだありますので、観戦を希望の方は早めに要チェックです!!

最後に改めてダンカーター選手のプロフィールを紹介します。

ダンカータープロフィール

ダンカーター選手のプロフィール
名前:ダニエル・ウィリアム・カーター
生年月日:1982年3月5日(2018年12月現在36歳)
出身地:ニュージーランドカンタベリー地方
身長:178㎝
体重:96㎏
職業:プロラグビー選手
ポジション:フライハーフ(スタンドオフ)
所属チーム:神戸製鋼(2018-)

ダンカーター来日後の年収は?キックの精度がヤバすぎる!まとめ

ダンカーター来日後の年収は?キックの精度がヤバすぎる!の話題について調べてみましたがいかがでしたか。ラグビー選手の年収は、他のスポーツと比べても低いという事が分かりました。競技人口などもサッカーや野球には適わないのが現状ですかね。ともあれ、ダンカーター選手の実力は素晴らしい。そのカリスマ性で、日本のラグビー界を益々盛り上げていってほしいと思います!!

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク