生田目翼wiki風プロフィール!出身高校や公務員志望の過去を調査!

スポーツ

生田目翼wiki風プロフィール!出身高校や公務員志望の過去を調査!が話題になっています。2018年のドラフト会議で日本ハムファイターズから3位指名を受けてプロ入りした生田目翼選手。生田目翼wiki風プロフィール!出身高校や公務員志望の過去を調査!について調べてみましたので、ぜひ最後までご覧下さい!

生田目翼投手wiki風プロフィールと経歴は?

引用:https://www.hb-nippon.com

名前:生田目翼 (なばため つばさ)

生年月日:1995年(平成7年)2月19日

年齢:24歳

血液型:A型

身長・体重:176cm・86kg

国籍:日本

出身地;茨城県常陸大宮市

出身小学:常陸大宮市立村田小学校

出身中学:常陸大宮市第二中学校

出身高校:茨城県立水戸工業高等学校

所属球団:北海道日本ハムファイターズ

背番号:13

ポジション:投手

投球・打席:右投右打

プロ入り:2018年ドラフト3位

契約金:6000万円

年俸:1000万円(2019年)

笑顔が眩しい生田目翼選手ですが、さらに目を引くのがとても珍しい名字ですよね!

「生田目」と書く名字は全国でおよそ5600人いると言われていますが、それも「いくため」や「なまため」など読み方は様々あるためで、実際に「なばため」と呼ぶ名字はさらに少ないと思われます。

生田目翼選手自身は、新入団選手発表記者会見でニックネームについて記者から質問された際に「名字が難しいとよく言われるので、下の名前で」と答えていましが、

5月初旬のファームの試合を観に行ったファンの方が「ため~!」と応援する声が聞えたと話題になっています。

 

プロ野球には、広島カープの會澤翼選手やオリックスバッファローズの榊原翼選手など、翼という名前の選手は他にもいますから、ぜひ生田目翼選手は名字で覚えていきましょう!

次は生田目翼選手のプロフィールをwiki風に紹介していきましたが、学生時代についてピックアップしていきます!

生田目翼投手の出身中学や出身高校は?

茨城県常陸大宮市立第二中学校出身の生田目翼選手。

地元の中学校では軟式野球部に所属していたそうです。プロ野球選手には、硬式野球だけでなく軟式野球を経験している選手が多いですが、生田目翼選手もその一人でした。

その後、茨城県立水戸工業高校へ進学し、本格的に硬式野球を始めています。

甲子園には1963年に出場して以来遠ざかっていた水戸工業高校でしたが、県大会では常に上位の成績を残す強豪高校に進学していますから、向上心の強い学生時代だったのでしょうね。

この後は、生田目翼選手の高校時代も含めてより詳しく、球種や球歴もご紹介します!

生田目翼投手の球種や球歴は?

生田目翼選手は、地元茨城県常陸大宮市立村田小学校4年生の時、先に野球を始めていたお兄さんの影響を受け「日立大宮リトル」で硬式野球を始めました。

しかし常陸大宮市立第二中学校へ進学後は軟式野球部に入部しています。

当初のポジションは内野手でしたが、その後2年秋からエースで3番を任されていました。

茨城県立水戸工業高校へ進学後は1年秋から4番・ショート、2年秋からはエースとして県大会8強、3年夏は5戦中4試合で先発として登板し、県大会8強という成績をおさめていますが、残念ながら甲子園出場はなりませんでした。

ちなみに生田目翼選手本人はショートを希望していたものの、球の速さがずば抜けていたためピッチャーに専念することになったそうです。

現在は投手としてプロ入りした生田目翼選手ですが、中学・高校は内野手でも主軸を任され、エースとしても成績を残すという、すごい二刀流の選手だったのですね!

高校卒業後は、たくさんの大学からの誘いを受けた中で、投手の素質だけでなく打者としても活躍を期待されたという流通経済大学へ進学。

生田目翼選手は、1年生春のリーグ戦にリリーフ投手として出場すると、2年春には主戦投手として4勝3敗(防御率2.59)、3年生春には完投5勝を含む6勝負けなし(防御率2.65)でMVPと最優秀投手の2冠を達成し、チームを全日本大学野球選手権準優勝に導きます。

引用:http://tomoxx.com/

 

4年生春以降は相次ぐ怪我に苦しみ、思うような結果は残せませんでした。

流通大学卒業後は社会人の名門・日本通運へ入社します。

ここでは1年目の2017年7月の都市対抗野球に抑えとして登板!140km/hを連発し、都市対抗野球大会準優勝するなど鮮烈なデビューを果たしました。

2年目以降は先発に転向し、4月の岡山大会第1戦で最速151km/hを出しました。

6月の都市対抗野球予選では4安打完封、7月の本選では先発したものの試合途中で左ヒザに打球を受け無念の途中降板をしていますが、2年間という短い期間ながら大きな実績を上げています。

 

生田目翼選手の魅力は、なんといっても最速155km/hのストレート!

その他にも、縦スライダー、カットボール、フォーク、カーブを武器とする本格派右腕です。

強気の投げっぷりは、プロのスカウトからも絶賛されています。

次は、そんな生田目翼選手のプライベートについて調べてみました!

生田目翼投手がイケメン!彼女や結婚相手はいる?

日本ハムファイターズの選手は、イケメンが多いとよく言われていますが、今年のドラフトで入団した選手は特にイケメン揃いですね!

生田目翼選手ももちろんその一人です!

 

すでにユニフォーム姿だけでない写真がツイッターにはたくさんアップされているあたり、ファンが多いことがわかります!

残念ながら今のところ、彼女や結婚相手などの情報は出てきていません。

イケメンというだけでなく、高校・大学・社会人と、エースとして実績を残してきた生田目翼選手ですから、もちろんモテたはずですよね!

これだけの実績を残している選手で彼女の情報が出ていないということは、真面目に野球に取り組んできてあまり遊ぶ時間はなかったと想像できます。

続いては、生田目翼選手の話題になった発言と素顔についてまとめてみましたのでご覧下さい!

生田目翼投手は公務員志望だった?日本通運のOBは?

生田目翼選手は流通経済大学時代に「大学卒業後は地元に戻って公務員になってのんびり暮らしたい。プロ野球は考えたことがなく、野球は大学までだと思っている。

野球は好きなので、草野球は続けるでしょうけど」と発言して、大きな話題となりました。

 

150km/hを超えるストレートを投げ、大学野球でもタイトルを取った投手が公務員とは、周囲もプロのスカウトもとても驚いたでしょうね!

その後周囲の説得もありプロ志望届を提出して、ドラフトを待つことになりましたが、そこでも「ドラフト2位までに指名されなければ社会人野球に進む」と上位指名を希望する意思を明らかにしています。

生田目翼選手のこういった発言の数々には、どうしてもプロへ進みたいということではなく、野球そのものが好きで、努力し続けてきたという熱い想いが垣間見えますね。

大学卒業後に入社した、社会人野球の名門・日本通運では、日本通運のOBで元北海道日本ハムの武田久投手兼任コーチと出逢い、課題となっていた制球面で多くの指導を受け、カーブを教わるなど投球の幅を広げました。

 

入団選手発表の際には、目標として名前を挙げています。

生田目翼選手もきっと、武田久投手のように長く愛され信頼される投手になってくれるとを期待しましょう!

ちなみに日本通運のOBには他にも、現西武ライオンズ監督の辻発彦。現サンディエゴ・パドレス傘下の牧田和久選手など、多くの選手が在籍していました。

次は、生田目翼選手の注目すべき点について調べてみました!

生田目翼投手の怪我は?2018年ドラフトの結果は?

生田目翼選手に欠点や不安材料はあるのでしょうか?

2018年ドラフト3巡目で北海道日本ハムファイターズに入団。

流通経済大学時代、3年秋のシーズン中にヒジを痛め、4年春には肩痛を発症するなど、大学野球生活の後半は怪我に苦しみました。

4年秋のリーグ戦で復帰したものの、残念ながらこの年のドラフトで指名されることはありませんでした。

当時、ドラフト回避の原因はこの時期の怪我ではなかったかとも囁かれています。

またプロ入り後も、新人合同自主トレでヒジの違和感を訴え、キャンプは2軍スタートとなりました。

制球に関しても、日本通運時代にはコントロールに課題がありました。

強気のストレート勝負だけでは通用しないのがプロの世界ですから、これも不安材料の一つと言えるかもしれません。

 

しかしイースタンの試合では順調に実戦経験を積み重ねているようですから、しっかりと不安材料を克服して1軍で活躍して欲しいですね!

そんな生田目翼選手のプロ入り後のプロフィールに迫ってみます!

生田目翼投手の背番号と成績・年俸は?

生田目翼選手は背番号13です。

この背番号は2018年限りで現役を引退した、石井裕也・現打撃投手コーチが着けていた背番号です。

現役時代は先天性難聴を抱えながらも変化球を武器に三振を取り続ける、「サイレントK」と呼ばれた名投手の着けた背番号をすぐに受け継いだのですから、これはチームの期待が大きい証拠です!!

2019年5月5日現在、ファーム公式戦には中継ぎで4試合登板し、すでに初勝利をあげて1勝1敗です。

 

1年目の年俸は1000万円ですが、ルーキーで1000万円台の年俸というのも、即戦力としての期待の表れでしょう!

ファームで登板を重ねている生田目翼選手の、登場曲についても調べてみました!

生田目翼の登場曲は?

プロ野球選手の登場曲、面白いものが多いですよね!

1軍登板の機会がない現在はまだ、生田目翼選手の登場曲の情報は出ていないようです。

1軍出場の際は必ず名前のコールと共に登場曲が流れますから、すでに決まっているのではないかと思われます。

そんな中、野球ファンでアニメファンの間ですでに期待されている曲があるようです!

アニメ声優に、「生天目」と書いて「なばため」と読む、生天目仁美さんという方がいるため、そのファンの方は聞き覚えのある名前に親近感を持っているようです!

果たしてこの曲が使われるのか?!

登場曲を背にマウンドに上がる姿が待ち遠しいですね!

次は生田目翼選手の性格を、兄弟との関係性から紐解いてみます!

生田目翼の兄弟は?性格はマイペース?

生田目翼選手の家族構成は、両親、兄と弟の3兄弟で、お兄さんも弟さんも野球選手です!

兄の駿さんは水戸桜ノ牧高校でポジションはショートでした。

生田目翼選手は小学校3年生の時にお兄さんの影響で野球を始めていますが、学生時代にショートのポジションにこだわりを見せていたのも、お兄さんの影響が大きかったのでしょうね!

弟の忍さんは水戸工業高校で野球部に入部し、生田目翼選手の後輩になりました。

高校時代、「俺は高校時代全打席ホームランを狙っていた。お前も狙え!」とハッパをかけられたそうです。

きっとお兄さんの背中を見て野球を頑張っていた生田目翼選手だからこそ、弟さんにも頑張ってほしいという気持ちから出た言葉だったのでしょう。

弟の忍さんは高校卒業後、道都大学へ進学し野球を続けています。

3兄弟の真ん中で、兄の背中を追いかけながら弟に負けない努力を積み重ねてきた性格は、度重なる怪我に耐えてプロの道に進んだことに繋がっていますね。

しかし、3兄弟全員が野球の道に進むのはすごいですよね!!

生田目翼wiki風プロフィール!出身高校や公務員志望の過去を調査!まとめ

生田目翼wiki風プロフィール!出身高校や公務員志望の過去を調査!について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

2軍で汗を流す日々の生田目翼選手ですが、2018年ドラフトでプロ入りした中では唯一の社会人からの入団でルーキー最年長!

高卒ルーキーが多い中、即戦力として期待されているはずですから、1軍戦発登板の日はそう遠くないでしょう!

怪我には十分気をつけて、早く1軍で活躍して欲しいですね!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました