小室圭の母(佳代)の経歴やプロフィールは?職業についても徹底調査!




皇室・宮内庁

小室圭の母(佳代)の経歴やプロフィールは?職業についても気になる!と話題になっています。
2017年5月に秋篠宮家の長女眞子様が、大学の同級生小室圭さんと婚約予定であると報道されてから2年が経とうとしています。
小室圭さんの母親の金銭トラブル。婚約延期の原因を作りだした小室圭さんの母親とは一体どんな人なのでしょうか。
という事で今回は、小室圭の母(佳代)の経歴やプロフィールは?職業についても徹底調査!と題してお送りします。是非最後までご覧ください!

小室圭の母・プロフィールや経歴は?

小室圭さんの母親(佳代)のプロフィール

名前:小室佳代(こむろかよ)
旧姓:角田佳代
生年月日:1966年生まれ(2019年5月現在52歳/53歳)
出身地:神奈川県藤沢市
出身高校:相模女子大学付属高校

小室圭さんの母親(佳代)はお父様とお母様、妹の4人家族。実家は近所のお寺内の三畳一間の借家。苦しい生活をしていたのではと想像出来ますね。

高校卒業後大学へは進学したという情報はないので就職したと思われますが、その辺りの情報は見つかりませんでした。

現在の住まいは横浜市港北区にあるマンション。

有名になってしまうと、すぐばれちゃいますね。

ここで小室圭さんと母親(佳代)、そして母親(佳代)の父親の3人で住んでいるとの事です。

このマンションを新築当初に購入したと言われています。この辺りの土地って高そうですよね。ご存知の事ですが、小室圭さんの母親(佳代)は小室圭さんに多額のお金をつぎ込んでいます。

どこからくるお金でしょうか。そんなに稼げる仕事をしているのでしょうか。

小室圭の母・職業はなに?

小室圭さんの母親(佳代)の所在は現在分かっていません。

2018年8月に小室圭さんがニューヨークのフォーダム大学へ留学してから所在不明となっているので、小室圭さんと一緒にニューヨークにいる可能性が高そうですね。

後述しますが、小室圭さんの母親(佳代)は未亡人となります。

その後、東京都目黒区のケーキ屋さん「マッターホーン」に勤務。現在は退職していますが、20年以上働いたと言われていますから、わりと最近まで働いていたという事ですね。

ここには小室圭さんも訪れた事があるそうですよ。

「マッターホーン」の経営者の奥様は小室母子に対して、

凄く真面目に働かれる方。たまに姿を見せる息子さんもとても礼儀正しい子でした。

また2人を知る女性は、

お母さんはとても堅実な方。息子さんは裏表がなく、今どきいないような好青年。息子さんがお母さんを迎えに行く事もあった。

と語っていたそうです。

母子家庭となった当時、小室圭さんは10歳で、国立音楽大学付属小学校に通っていたので大変だったでしょうね。この時、本校は東京都国立市にあるので、お母様(佳代)と小室圭さんとで生活していました。

その後も生活は決して楽ではなかったのではと思われますが、その後小室圭さんをカナディアン・インターナショナルスクールに通わせ、大学は私立の国際基督教大学に入学させます。

小室圭さんに3歳からヴァイオリンを習わせるなど、かなり溺愛し、英才教育を施してきたのですね。推測ですが、小室圭さんの母親(佳代)は、裕福な家庭の生まれではなさそうですから、経済的な面で習い事や大学進学を諦めたのかもしれません。

だからこそ自分の子供には。と思っての事だったのかもしれないですね。

小室圭さんの母親(佳代)は、生活費や学費の為に懸命に働いていたのでしょう。カナディアン・インターナショナルスクールには中高と通い、6年間の学費が1700万円ほど。国際基督教大学の学費は4年間で約600万円。かなりの高額ですよね。

それ以外にも、留学やアナウンサー学校にも通っていました。

さすがに女性1人の稼ぎでは工面出来る額ではないと思われますが。

そんな高額な学費を工面する為に、小室圭さんの母親(佳代)はある方からお金を“貰った”らしいのですが、それがかなりの問題となってしまいました。

小室圭の母・金銭トラブルの原因や元婚約者はどんな人?

小室圭さんの母親(佳代)は元婚約者との間に金銭トラブルがあると、2017年12月に報道されました。

元婚約者というのは、同じマンションに住んでいた一般の男性です。2人は2007年頃に知り合い、2010年9月に婚約。小室圭さんの母親(佳代)は、元婚約者に「圭の父親代わりになってください」と言ったそうですよ。

家族に本当になりたかったのか、お金の援助が欲しかったのか。

婚約後の2010年11月より数十万円ずつお金が動き、2012年1月には、合計400万円以上と言われています。

小室圭さんの母親(佳代)は、度々お金の振り込みを要求するメールを元婚約者に送っていたと報道されています。

2011年に発生した東日本大震災の影響で小室圭さんの母親(佳代)の仕事は時短となってしまい、元婚約者も不憫に思い資金援助をしていたそうですが、2012年9月には婚約を解消。額も高額になってきましたし、気持ちがない事に気が付いたのかもしれません。

元婚約者は返金を求めましたが、小室圭さんの母親(佳代)は応じず。

2019年1月に、小室圭さんはこの金銭トラブルについて“解決済み”と文書を発表しましたが、元婚約者は“解決済みという認識はない”と反論。

現金400万円を小室圭さんと小室圭さんの母親(佳代) は“貰ったお金”と認識していましたが、元交際相手は“貸したお金”と認識していました。両者の間に認識のズレがあった為、金銭トラブルとして問題になってしまった様ですね。

2018年3月に婚約を予定していた眞子様と小室圭さん。この金銭トラブルがきっかけで、婚約は2020年に延期すると発表されました。

金銭トラブルだけでも良くない印象がついてしまうのに、その後解決しないまま、小室圭さんは海外留学、そして小室圭さんの母親(佳代)は所在不明。余計印象が悪くなりますよね。

借用書や誓約書が存在しないのでなんとも言えませんが、元婚約者の援助に感謝しているのであれば、本当に”貰った”と捉えられてしまう発言を元婚約者がしていたのだとしても、少額ずつでも返金する誠意を見せる必要があると思います。でないと一向に解決とはならないでしょう。印象は悪化する一方です。

実際に、小室家は秋篠宮家を始め皇室の方々からあまりよく思われていない様です。ネット上でも小室家を否定的にとらえる意見が多いですね。

小室圭さんは壮絶な人生を送ってきた苦労人。だから幸せになってほしいとは思いますがね。中々難しいかもしれません。

小室圭さんが苦労人として報道される理由の1つ、それは父親の死
幼少期に父親は亡くなっているそうですが、理由は何なのでしょうか。

小室圭の母・元夫の死因は焼死?

小室圭さんの父親は、小室敏勝(こむろとしかつ)さんと言います。

明治大学理工学部建築家を卒業後、横浜市役所に入庁しました。建築史員としての入庁で、横浜の名物「みなとみらい21」の設計にも携わっていたんだとか。

お父様もかなりのエリートだったのかもしれませんね。実家は神奈川県藤沢市の大地主で、親族全体でいくつもアパートや駐車場を所有していました。裕福だった事がうかがえます。

そして1990年に小室圭さんの母親(佳代)と結婚し、翌年10月に小室圭さんが誕生します。

しかし2001年3月、小室圭さんの父親は自宅付近の川沿いで焼身自殺。当時38歳。勤務を休みがちだった状況の後の自殺であったと週刊誌は報じていました。小室圭さんの父親はうつ病や統合失調症などの精神疾患を患っており、そのせいで仕事を休みがちになり自殺に追い込まれてしまったとも言われています。

そのショックから、死因は不明ですが父方の祖父も自死。祖母も病死してしまいました。

小室家には壮絶で辛い過去があったのですね。苦労人だと報道される理由が分かりました。
しかし一方で、不謹慎かもしれませんが不穏な噂もありました。

父親には生命保険がかけられており、受取人は小室圭さんの母親(佳代)であると。これ以上は言いませんが、要は“自殺ではない”という事なのでしょう。

離婚したわけではないので、”小室姓”のままは普通ですが、その後、元婚約者など別の方と交際しています。しかも婚約していたのですから内縁関係とも言えますよね。旧姓の”角田姓”に戻しても良かったのでははいかと思いますが、戻してしまうと遺族年金が受給出来ません。

Twitter / ?

これは怖い。本当だったら。

真偽のほどは不明ですが、小室圭さんの学歴を見ると相当な金額がかかっています。不穏な噂が浮上するのも理解出来なくもないですね。

また、祖父の遺産も相当な額があったとか。それを相続したのが小室圭さんだったと言われています。

母子家庭になった後は、決して裕福な生活が出来ていたとは思えないのですが、小室圭さんの母親(佳代)を見ると、服装などにもお金をかけている様な印象を受けます。

小室圭の母・服のセンスがヤバい?性格は?

小室圭さんの母親の人物像について、メディアでも様々な意見が出されています。

セレブへの強い憧れ
親しい友人がいるタイプではない
皇室軽視の傾向がある
皇室のアドバイスを無視
自分たちの都合で勝手に行動
収入に見合わない生活水準

小室圭さんの母親(佳代)は、メディアへ出る時の服装が、広いツバの帽子にサングラス、といった服装で、”ロイヤルを意識しているのでは”と言われていますね。

秋篠宮家で行われた夕食会に着用していた水色のスーツは、皇室の方が愛用している「レリアン」というブランドで、上下で10万円はする様です。

こういった事から、“セレブへの憧れがある”と思われてしまうでしょうね。

息子が皇室の方と婚約するとなったら、服装にも気を遣いますよね普通。

また、皇室関係者からの評判もあまり良くなく、

小室母子の人間性を疑う声がある
親戚付き合いをしたくない
眞子様と小室圭さんには、それぞれ別々の道を歩んでほしい
眞子様があの方に嫁ぐというのはあり得ない事だと思う

といった厳しい意見が出ています。

これまでにあげた金銭トラブルやそれにまつわる言動などから、

見栄っ張り、品がないとも言われてしまっていますね。

こういった状況で、眞子様と小室圭さんは本当に結婚出来るのでしょうか。

小室圭の母・評判は?小室圭と眞子様は結婚出来るのか?

金銭トラブルはあくまで小室圭さんの母親(佳代)の問題、ですが小室圭さんの学費に充てていた、また小室圭さんと小室圭さんの母親(佳代)の認識が一緒となると“小室家の金銭トラブル”となってしまいますよね。

実際に小室家の評判は良くありません。

これまでの内親王の結婚相手は民間人とはいえ、名家と呼ばれる家柄の男性が当たり前でした。小室圭さんは決して経済的に恵まれた家庭の出身ではありません。しかし眞子様にふさわしい男性であるとして秋篠宮家は結婚を認めていました。

そこへ母親(佳代)の金銭トラブル。

秋篠宮家は結婚の条件として、

・借金をすべて返す事
・しっかりとした進路を確定させる事

をあげています。

そしてもう1つ、“多くの国民からの祝福”

確かに多くの人が喜んでくれる状況下で結婚するのが望ましいですよね。しかし、それは難しいかもしれませんよね。

ですが、たとえ多くの国民が反対しても、眞子様も小室圭さんも結婚を望んでいるのであれば、応援したい所です。実際に2人の関係は今でも良好の様で、“会えない時間が愛を育てる“状況なんだそう。

眞子様が選んだお相手ですから決して悪い方、不真面目な方ではないはずです。現在、国際弁護士になるべく、勉学に励んでいます。それは自分の為でもあり、眞子様の為でもあり、そして二人三脚で歩んできた母親(佳代)の為でもあるのだと思います。

司法試験に受かりさえすれば、少しは国民感情も変わるかもしれませんが、とは言っても金銭トラブルの解決は求まれる事です。全国民を納得させる事は無理だと思います。ですがまずは秋篠宮家を納得させるぐらいの誠意を見せるべきです。

婚約が延期になって、婚約者とその母親がメディアにあれやこれやと報道され、真相ははっきりせずで、1番悲しく辛い状況なのは眞子様ですよね。

そして、小室圭さんの母親(佳代)、本当に息子の結婚や幸せを望むのなら、姿を見せるべきだと思います。

小室圭の母(佳代)の経歴やプロフィールは?職業についても徹底調査!まとめ

小室圭の母(佳代)の経歴やプロフィールは?職業についても徹底調査!というテーマでお送りしましたがいかがでしたか。

・小室圭さんの母親(佳代)は神奈川県藤沢市出身、最終学歴は相模女子高等学校
・小室圭さんの母親(佳代)はご主人を亡くしてからケーキ屋(マッターホーン)で勤務していたが現在は退職
・小室圭さんの母親(佳代)と元婚約者との金銭トラブルには認識の違いがある
・小室圭さんの母親(佳代)と元婚約者間の金銭のトラブルの額は約400万円でまだ未解決
・小室圭さんは現在ニューヨークに留学中、母親(佳代)は所在不明
・小室家は皇室や国民からの評判が良くない

今後の動向が気になる所ですが、統括して、結婚は難しいように思います。

最後までご覧いただき有難うございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました