カルデラノ(卓球)は天才?卓球歴・両手打ち動画や彼女も調査!




卓球

南米の天才と言われるカルデラノ選手。今シーズンTリーグでプレーする事が発表され、ますます注目度がアップする事が予想されますが、そんなカルデラノ選手のプレーテクニックはとにかく凄いんですよ。運動神経も抜群なんです。
という事で今回は、カルデラノ(卓球)は天才?卓球歴・両手打ち動画や彼女も調査!と題してお送りします。是非最後までご覧ください!

 

カルデラノの卓球歴は?天才と言われる理由とは?

カルデラノ選手は9歳で卓球を始めましたが本格的に卓球に専念したのは13歳の時

幼少期には卓球以外にバレーボールや陸上もやっていました。

そもそも運動神経が良いんでしょうね。

走り幅跳びのリオデジャネイロチャンピオンだった事もあるそうですよ。

 

日本のプロの卓球選手や、他のスポーツ選手でも幼少期からそのスポーツだけに取り組み英才教育を受けている印象なので、13歳から本格的にスタートして世界ランキング4位(2022年7月時点)にまでなるとは、スゴイとしか言いようがないです。

 

カルデラノ選手の両親は学校の先生で、カルデラノ選手を病院に連れて行き、骨をスキャニングして将来どのくらいの身長になるのかを測定したそう。

その結果、バレーボールをやる程身長が伸びないと分かった両親は卓球に専念させたんだとか。

骨のスキャニングとかスゴイですよね。

これをしなかったら今のカルデラノ選手はいなかったかもしれませんね。

 

 

カルデラノ選手の最高世界ランキングは3位

卓球大国中国の選手にも引けを取らない選手です。

 

 

2014年にジャパンオープンのU-21で優勝した事を皮切りに、同年の南京ユースオリンピックのシングルスでは、ブラジル人の卓球選手で初めて銅メダルを獲得

2016年のリオデジャネイロオリンピックにも出場。

自国開催という事で国民の期待も高かった中でしたが、惜しくも4回戦で日本の水谷隼選手に敗れました。

 

18歳の時にドイツへ渡り2014-2015年シーズンから2020-2021年シーズンにかけて、ブンデスリーガ1部のオクセンハウゼンでプレー。

2022年からは木下マイスター東京に所属しています。

2022-2023年シーズンは、Tリーグでプレーする事となり、リーグ連覇を狙う木下マイスター東京にとって、カルデラノ選手の加入は大きな影響力をもたらす事でしょうね!

カルデラノ選手コメント

来シーズンのTリーグで木下マイスター東京のメンバーとしてプレー出来る事を光栄に思います。チームメイト、そして日本のファンの皆さんにお会い出来る事を楽しみにしています。皆さんに頼っていただけるよう全力を尽くし、素晴らしいシーズンにします。(引用:https://yahoo.co.jp)

 

どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね^^

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hugo Calderano(@hugocalderano)がシェアした投稿

 

 

カルデラノの選手が”南米の天才”と言われる理由は、スタートが遅かったにも関わらず、一流の選手の仲間入りを果たした事が1番の理由なのかもしれません。

卓球があまり盛んではないブラジルに生まれ、活躍している事からも”ダイヤモンド”とも呼ばれているそうですよ。

 

ただ、カルデラノ選手は他にも驚異的で”天才的”なテクニックを披露してくれた事があるんです。

 

カルデラノの両手打ちが衝撃?ミスショットでさえも秀逸!

カルデラノ選手が見せてくれたのはまるでテニスのような両手打ち

カルデラノ選手の両手バックハンド

 

2018年の卓球ワールドグランドファイナル準決勝対張本智和選手の試合の時の事でした。

張本智和選手の強烈なドライブを受け後ろに下がらざるを得なくなったカルデラノ選手。

追い打ちをかけるように張本智和選手のスマッシュがカルデラノ選手のバック側に来た時、カルデラノ選手は咄嗟にラケットを両手で握り、両手打ちのバックハンドを放ちました!

 

テーブルから4.5mも離れた位置からのショットで、しかもポイントを奪ったというから驚きです。

会場は大盛り上がりで、実況も驚く神業だった様です。

 

残念なから試合は張本智和選手のストレート勝ちでしたが、カルデラノ選手の圧巻のプレーは見る人の目に焼き付いたでしょうね。

 

以前カルデラノ選手は、自身のインスタグラムで両手打ちや股抜きショットなどを練習している動画を投稿しており、たまたま出た技ではなく練習の成果だという事が分かりますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hugo Calderano(@hugocalderano)がシェアした投稿

 

まだまだ衝撃プレーがあるんです。

動画を公開した国際卓球連盟も「1億分の1の確率」だと衝撃を受けた様ですね。

 

このプレーは2019年のオーストラリアオープンでの出来事。

レシーブを当たり損ねでミスショットし、高く打ちあがったボールが相手コートに入り、台の縁に当たってポイントに、という運をも味方にしたカルデラノ選手の凄さ。

相手選手も反応出来ず、会場はどよめきが起こったそうですよ。

 

会場や動画で見た方は、

「信じられない」「どうやったら可能なんだ」

と驚きの声が続出。

運も実力のうちと言いますが、カルデラノ選手に関しては狙ってしたのかとも思えてしまいますよね。

 

カルデラノの驚異的な身体能力!卓球以外でも運動神経抜群!!

カルデラノ選手の運動神経が良い事はここまででも伝わったかと思いますが、さらにスゴイ動画を発見しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

World Table Tennis(@wtt)がシェアした投稿

 

2019年に国際卓球連盟が投稿したインスタグラムの動画なんですが、グレーのシャツを着た方がカルデラノ選手。

ゴール下でリバウンドし、そこからキレの良いドリブルを見せ、空中で1人かわしてのゴール。

プロですか??( ゚Д゚)

動画の再生回数は3万6000回とこちらも驚異的な数字。

 

過去に、自身のインスタグラムでもこんな動画を投稿していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hugo Calderano(@hugocalderano)がシェアした投稿

バック宙からの腕立てを連続4回。しかもその後爽やかな笑顔を見せています。

 

カルデラノ選手は脅威的なフィジカルの持ち主でした!!

 

 

カルデラノ戦型や使用用具は?

カルデラノ選手の戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型

フォアでもバックでも強烈なドライブを放つ、世界屈指の強打者。かなりのパワーがあるようですね。

広角に両サイドを突くチキータも得意で、中・後陣から放たれるダイナミックなパワードライブなども強み。

また、相手のスマッシュに対して下がって反撃するテクニックも特徴的ですね。

 

 

ラケットはXIOMの「ウーゴ・ハイパーアクシリウム」

 

ラバー面はフォア面、バック面ともにXIOMの「オメガⅦツアーi」を使用しています。

 

2019年からXIOMとの契約を結んでいるカルデラノ選手。

用具はもちろんXIOM製ですよね。

ラケットはカルデラノ選手の為にXIOMが作ったものだそうで、カルデラノ選手は

「名前入りのラケットというのは特別なものだし、ハッピーだよ。デザインもクールだね」

とコメントしています。

 

ウーゴ・ハイパーアクシリウム

引用:https://world-tt.com

 

このラケットは打球が速いのが特徴で、カルデラノ選手のプレースタイルに合っていると言います。

 

良い用具あっての良い選手ですね。

 

最後にカルデラノ選手のプロフィールを紹介します。

 

カルデラノのプロフィール

カルデラノ選手のプロフィール

名前:ウーゴ・マリーニョ・ボルジェス・カルデラノ(Hugo Marinho Borges Calderano)
生年月日:1996年6月22日(2022年8月現在26歳)
出身地:ブラジル リオデジャネイロ
所属:オクセンハウゼン(2014年-21年)
木下マイスター東京(2022年-)

 

カルデラノ(卓球)は天才?卓球歴・両手打ち動画や彼女も調査!まとめ

カルデラノ(卓球)は天才?卓球歴・両手打ち動画や彼女も調査!と題してお送りしましたがいかがでしたか。
運動神経抜群で超さわやかなカルデラノ選手。今シーズンのTリーグでの活躍で日本のファンもさらに増えるでしょうね。今後の更なる活躍に目が離せません!!

最後までご覧いただき有難うございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
ウーゴカルデラノ経歴プロフィールは?ラケットやラバーも気になる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました