成田緑夢が事故で障害者に!親はどんな人?

成田緑夢が事故で障害者に!親はどんな人?と話題になっています。成田緑夢さんは、スノーボードクロス世界ランキング1位、平昌パラリンピックで最も金メダルに近い日本人選手と注目されています。今回は、成田緑夢が事故で障害者に!親はどんな人?という話題について調べてみましたので是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

成田緑夢は今井メロ、成田童夢の弟!スノーボードの実力は兄姉以上!

成田緑夢さんは、トリノオリンピックに出場したスノーボード日本代表の今井メロさん、成田童夢さんの弟です。成田緑夢さんは、姉・今井メロさんと兄・成田童夢さんと共に”成田三兄弟””スノーボードの神童”と呼ばれ注目されていました。

成田緑夢

引用:https://twitter.com

今井メロ

引用:http://www.asahi.com

成田童夢

引用:https://www.joc.or.jp

スノーボードの実力を兄や姉と比較されることも少なくありませんが、その実力は、今や兄姉以上とも言われています。

1歳からスノーボードを始めたという成田緑夢さんは、1998年に行われた長野オリンピックで、わずか4歳でスノーボードのデモンストレーションを担当するなど、幼い頃から高い才能を発揮されていました。

小学校に上がってからは、国際大会にも出場しています。一時は、トランポリン競技も開始し、2010年に開催された全国高校選手権では最高難度点賞を獲得し、トランポリン競技でも才能を発揮し高校日本一になっています。

同年2010年に、約5年ぶりにスノーボードハーフパイプをライドすると、全くブランクを感じさせないパフォーマンスを魅せ、当時のトップライダーだったショーン・ホワイト氏しか出来ないと話題になっていた当時最高難易度の大技「ダブルマックツイスト1260」を1回で決めています。

成田緑夢さんの潜在能力は兄姉以上といっても過言ではないでしょうね。

続いて、成田緑夢さんの経歴をご紹介します。

スポンサーリンク

成田緑夢の経歴

成田緑夢さんは、1998年の長野オリンピックでわずか4歳という若さでスノーボードのデモンストレーションを務め、小学校に上がると国際大会に出場しました。

2010年より平行してトランポリン競技も始め、高校2年の時に全国高校選手権の男子個人歴代最高得点16.3点で最高難度賞を受賞しました。2012年からフリースタイルスキー・ハーフパイプに取り組み始め、2013年FISワールドカップに3回出場後、フリースタイルスキー世界選手権の日本代表に選出され出場しました。

しかし、2013年トランポリンの練習中に左足の腓骨神経麻痺という重症を負う事故を起こし、障害者となってしまいました。

その後、障害を克服しハーフパイプ競技に復帰を果たし、さらに東京2020年開催の東京パラリンピックに出場するため走り高跳びなどの障害者スポーツにも取組むようになり、現在は、平昌パラリンピックのスノーボード日本代表選手に選出されています。

続いて、トランポリン競技で負ってしまった怪我がどんなものだったのか、詳しく調べてみました。

 成田緑夢が事故で障害者に!

成田緑夢さんが2013年に負ってしまった怪我は、左足の切断を迫られるほどの大怪我でした。

一体どんな事故だったのでしょうか?

成田緑夢さんは、スノーボードの練習と平行してスノーボードの空中感覚を身につけるため、実家で毎日のようにトランポリンを跳んでいました。

いつものようにトランポリンの練習をしていたところ、跳んだ瞬間に左足が滑り、バランスを崩したまま不自然な体勢になった状態で着地。

左の足が逆に折れ、じん帯断裂・半月板損傷となり、腓骨神経麻痺になるという重度の障害を負ってしまいます。

引用:https://withnews.jp

入院当初は、「歩けるようになる確率は20%」と言われるほどの大怪我でした。

スポンサーリンク

成田緑夢足の切断を選ばなかった父

成田緑夢さんはこの大怪我により、左足を切断するかどうかの決断を迫られます。

医師からは、左足切断を強く勧められたそうですが、父・隆史さんは、「死んでもいいから足は残してくれ」と必死に頼み込み、左足を温存する手術が施されました。

手術から1週間くらいは、成田緑夢さんは強烈な激痛に苦しみました。1時間に1回、超強力な痛み止めを打っていましたが、その痛み止めは1時間も持たず、30分位で切れてしまいます。残りの30分は激痛にもだえ苦しみ、やっと次の薬の投入するボタンを押すとやっと眠れる…というような時間を繰り返し、耐え続けました。

これまでに4回の手術を繰り返し、4年かかってやっとスノーボード選手として活躍できるまでになりました。

成田緑夢オリンピックの夢への挫折のその後

成田緑夢さんが大怪我を負ってもスポーツを辞めなかった理由は何だったのでしょうか?

父の言葉とファンからもらった一通の手紙だったそうです。父・隆史さんは、成田緑夢さんが退院したわずか半年後に「スキーに行くぞ」と言いました。

左足を引きずって30分も歩けば氷水で冷やさなければ腫れも痛みも引かない状態の頃だったそうです。一般的な感覚からすると、”まだ早すぎる”と思われる時期ですよね。

しかし、成田緑夢さんは父の意見に逆らわず、練習を始めます。痛みに耐えながらスキー靴を履き、夏にはウェイクボードも再開しました。

そんな時、ファンの方から一通の手紙がSNSへ投稿され心が揺さぶられたといいます。「けがをしても、頑張っている緑夢君に勇気をもらった」と、障害のある方からのメッセージでした。

成田緑夢さんはその手紙を読んだことで、「自分がスポーツをすることで、誰かを励ませるかも知れない」と自分がスポーツをする意味を考えるようになったそうです。

成田緑夢が新たな夢、パラリンピックの出場を果たす!

成田緑夢さんは、大怪我をして夏冬オリンピック出場の夢を突然失ってしまいました。オリンピック出場を目指して一途に頑張ってきた成田緑夢さんは、急に自分の価値がなくなってしまったような気がしてとても苦しかったそうです。

成田緑夢さんは、それでもスポーツから離れられませんでした。大怪我の原因となったのもスポーツでしたが、”スポーツが好き”という気持ちは変わらなかったのです。

大怪我から1年後にはウェークボード、スノーボード、トランポリン、走り高跳びなどに挑戦し、努力を続けました。ウェークボードでは、健常者の大会で優勝したこともあります。フェイスブックなどでそういった活動を発信していたところ、そんな成田緑夢さんの頑張る姿を見た人達から「諦めていたことにチャレンジする勇気が沸いた」などの応援メッセージが次々に届くようになりました。

「こんな小さな大会でも、誰かに影響を与えることができるなら、もっと大きな大会に出たらもっとたくさんの人にいい影響を与えられるかもしれない」

そんな想いが強くなり、パラリンピックを目指すようになりました。

引用:https://style.nikkei.com

そして、2018年カナダワールドカップで見事優勝し、夢の切符を掴みました。平昌パラリンピックでは、金メダルの期待がかかっています。是非金メダルを取って、たくさんの人たちに勇気や希望を届けてもらいたいです。

◆コチラの記事も読まれています◆
村岡桃佳父の仕事は?家族構成が気になる!
平野歩夢彼女とのプリクラ画像とは?逮捕疑惑の真実に迫る!
小平奈緒がかわいいけど彼氏や結婚は?太もも画像がヤバい!

成田緑夢と兄・童夢との仲は?

成田緑夢さんの兄・童夢さんとの仲はどうなんでしょうか?

ブログを見ると兄・童夢さんとの兄弟仲は非常に良いとが伺えます。成田童夢さんは、緑夢さんのことは「グリ坊」というあだ名で呼び、緑夢さんをアスリートとしてリスペクトしているようです。

3か月に1回くらい、童夢さんから連絡が来てご飯に誘われるそうです。

成田童夢さんにとって緑夢さんは「かわいい弟でありながらアスリートとして尊敬できる弟」なのですね。とても素敵な関係ですね。

成田緑夢の親はどんな人?

成田緑夢さんの父は、「夢くらぶ」というトランポリンのジムを経営しています。父・隆史さんの指導は、超ド級のスパルタという事で知られていますが、2016年12月放送の『しくじり先生!俺みたいになるな』に兄・童夢さんが出演し、父・隆史さんの仰天スパルタ教育法について語っています。

  • 5歳でモーグルスキーを開始し、足を紐で縛られ八の字にしないことを徹底させられた
    自宅屋上にトランポリンを設置し同じ技を100回しないと帰れない
  • 鉄拳制裁、学校にはテスト期間中しか行くことを許されず
  • 毎日、朝5時から夜23時までの練習を5歳から19歳までしていた

成田童夢さんより9歳年下の成田緑夢さんも例外ではなく、毎日練習漬けで友達と遊ぶこともほとんどなく、物心ついた頃から「普通の小学生になりたい」と願っていたそうです。

父・隆史さんは「結果を出さないといけないから普通の練習ではダメ。とりあえず練習の数をやれ。数をやったら君たちは何かを得るんだ」という考え方だと成田緑夢さんは語っていて父の指導が厳しかったのが伝わってきますね。

結果が全てでどんなに良い成績をとっても全く褒めなかった父・隆史さんですが、緑夢さんが障害者になった後は少し変わったようで、今では「頑張っているな」と言ってくれるようになったそうです。

成田緑夢さんは、その言葉がすごく嬉しいと語っていて、大怪我を負ってから様々なことを乗り越えてからは、かつての父の行きすぎたところも理解できるし、今はお互いに良き理解者となって、やっと普通の親子関係になってきたとのことです。

父・隆史さん(左)

引用:https://www.pintaram.com

父・隆史さんはご自身でインスタグラムをやっているようですが、写真を見るとだいぶファンキーな父親ですね(笑)真ん中にいるのは隆史さんの母、緑夢さんの祖母です。隆史さんのインスタグラムには母親も度々登場しており、親子お揃いの服を着たりしています。

引用:https://www.pintaram.com

ちょっとぶっとんだ所もあるのかも知れませんが(笑)、家族想いな父親に見えますよね。

色々なわだかまりも取れ父の愛情に気づいた成田緑夢さん。これから父・子の関係を育んでいって欲しいですね。

続いて、話題になっている成田緑夢さんのyoutubeチャンネルについても調べてみました!

成田緑夢がyoutuberに!広告収入は?

成田緑夢さんがyoutubeを始めたことも、話題になっています。

フェイスブックなどのSNSが与える影響がかなり大きいことを感じていた成田緑夢さんは、”同じ環境の人たちに元気や勇気をあげたい”という想いを、youtubeを通じてもっと多くの人に伝えたいと考えたそうです。

チャンネル名は、Grimチャンネル!怪我や病気でスポーツから遠ざかっている人や障害で、スポーツを諦めている人、お子さんにスポーツの楽しさを伝えたい人などに見て欲しいです。

youtubeといえば広告収入が気になるところですよね。

人気youtuberは、何億も稼ぐという事もあり今や小・中学生憧れの職業の一つになっています。

しかし、成田緑夢さんのyoutubeを確認すると…

”広告がない”のです。

成田緑夢さんの目的は、あくまでも自分のスポーツの知識をシェアして人々の役に立ちたいというものなので、最初から広告収入が目的ではないんですね!

平昌パラリンピックでは、パラリンピックスノーボードクロスで見事銅メダルを獲得しました!

「銅メダルが想像以上に重いです~!」と、元気いっぱいに話していますね^^

パラリンピックでは、バンクドスラロームでもメダルが期待されます!いい結果を楽しみにしています!

最後に、成田緑夢さんのプロフィールをご紹介します。

成田緑夢のプロフィール

本名:成田 緑夢(なりた ぐりむ)

生年月日:1994年2月1日

身長:173cm

体重:63kg

出生地:大阪市住之江区

所属:近畿医療学園

ポジション/クラス:LL2クラス(下肢障害など)

主な成績:平昌2017ワールドパラスノーボード・ワールドカップ(韓国) バンクドスラローム 優勝 / スノーボードクロス 3位

成田緑夢が事故で障害者に!親はどんな人?まとめ

成田緑夢が事故で障害者に!親はどんな人?という話題について調べてみましたがいかがでしたか?成田緑夢さんの努力や壮絶運命を知ることができてさらに応援したい気持ちになりました。平昌オリンピックでは、金メダルを取ってほしいですね。最後までご覧いただき有難うございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
村岡桃佳父の仕事は?家族構成が気になる!
小平奈緒は死因(住吉都)を知ってる?相沢病院がスポンサーの理由!
町田樹現在は結婚?目撃情報と解説のオリンピックについて調査!
渡部暁斗に双子の兄弟が?結婚相手の経歴がヤバい!

スポンサーリンク