山崎賢人のドラマでの病気は?演技うまくなったとの評価を徹底調査!

山崎賢人のドラマでの病気は?演技うまくなったとの評価を徹底調査!について話題になっています。 現在放送中のドラマ「グッドドクター」で主演を務めている山崎賢人さん。 今回は山崎賢人のドラマでの病気は?演技うまくなったとの評価を徹底調査!という話題について調べてみました。 最後まで是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

 

山崎賢人の経歴

山崎賢人さんは1994年9月7日生まれで、2018年現在23歳です。
芸能界入りするきっかけは、原宿の竹下通りにあるサッカーショップで買い物をしていたところ、スカウトされたことで芸能活動をスタートさせています。

雑誌「ピチレモン」で山崎賢人さんはメンズモデルとして活動を始めます。

2010年にはドラマ「熱海の捜査官」でドラマデビューを果たすと2011年には映画「管制塔」で映画初主演を果たしています。

その後2016年に入ると「ヒロイン失格」や、「orange」などの話題作に山崎賢人さんは次々と出演し、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しています。

また2018年にはドラマ「トドメの接吻」でホスト役を演じ、山崎賢人さんは連続ドラマでの初主演を果たしています。

そして2018年7月から放送されているドラマ「グッドドクター」で山崎賢人さんは小児外科医研修医の役を演じ話題になっています。

https://twitter.com/GoodDoctor2018/status/1008125936737193985

話題作に次々と出演し、今最も目が離せられない俳優さんと言っても過言ではないかもしれません。

続いては山崎賢人さん主演のドラマ「グッドドクター」とは?という話題について調べてみました。

スポンサーリンク

 

 

山崎賢人主演のドラマ「グッドドクター」とは?

山崎賢人さんが現在出演している「グッドドクター」とはどんなドラマなのでしょうか?

コミュニケーション能力に障害を持つ一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(山崎)が小児外科のレジデント(後期研修医)として、瀬戸夏美(上野樹里)、高山誠司(藤木直人)など周りの小児外科医たちと共に子どもの命のために闘い、共に成長していく姿を描くメディカル・ヒューマンドラマ。

2013年に韓国で放送、2017年に『グッド・ドクター 名医の条件』としてアメリカでも連続ドラマ化された。

引用:https://www.oricon.co.jp

山崎賢人さんが演じる新堂湊(しんどう・みなと)は、驚異的な暗記力を持っていますが、その一方ではコミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群のある青年を演じています。

子供の頃から小児外科医になることを夢見てきた湊が、研修医として小児外科に飛び込み、その世界で他の周りの人間からは、反発、または偏見の目にさらされながらも、子供たちと共に成長する姿を描く作品となっています。

https://twitter.com/GoodDoctor2018/status/1011373520645844992

山崎賢人さん演じる湊の他にも脇を固める俳優さんには、藤木直人さん、上野樹里さんなどの大物俳優さんも出演している作品となっています。

藤木直人さん演じる高山誠司は小児外科主任として出演しています。また上野樹里さんも小児外科医として、山崎賢人さん演じる湊を応援する立場として瀬戸夏美として出演しています。

小児外科医という医師全体で見ると、約0.3%の方しかいないお医者さんを演じるということで、山崎賢人さんはこのドラマを通して、少しでも多くの方に知ってもらいたいとも語っています。

続いては山崎賢人さんが演じる湊の自閉症、サヴァン症候群とは?という話題について調べてみました。

スポンサーリンク

 

山崎賢人が演じる湊の自閉症、サヴァン症候群とは?

山崎賢人さんが演じている新堂湊が先天的に持って生まれた自閉症、サヴァン症候群とは一体どんなものなのでしょうか?
ドラマの中での湊は、圧倒的な記憶力を持っていること。ただコミュニケーション能力が低いという印象を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか?

自閉症スペクトクラムとは発達障害の1つ

山崎賢人さん演じる湊の障害の1つである自閉症スペクトクラムは発達障害の1つなのです。

発達障害は、先天的に脳の機能がかたよっていることによる起こる障害です。
得意なことや、不得意なこと、当事者が日々過ごす環境や人との関わり方のミスマッチから、社会生活に困難が生じてしまいます。
また発達障害は外見からの判断は難しく、症状などは十人十色とされています。

そういったことから発達障害のことを「わがまま」や「自分勝手」「困った人」などと捉えられるほか、親御さんに対しては「育て方が悪い」と言われてしまうこともあります。

発達障害には「自閉症スペクトラム」「学習障害」「ADHD」の大きく分けて3つの症状があります。

山崎賢人さん演じる湊の症状は「自閉症スペクトラム」です。
この「自閉症スペクトラム」は対人関係、コミュニケーション能力や社会性に困難があります。また興味、関心について狭く、物事には強いこだわりを持っています。
この症状を持っていると同じ行動を何度も繰り返したり、柔軟な対応、変化、思考が難しく感じる方もいます。

こういった障害を持っている方は、日本だけでも数百万人いると考えられています。

「グッドドクター」内の描写でも、山崎賢人さん演じる湊が人との関わりが苦手な様子や、物事に対しての強いこだわりを見せる部分などが描かれています。

サヴァン症候群とは?

山崎賢人さん演じる新堂湊は「サヴァン症候群」でもあります。

この「サヴァン症候群」とは病気や障害ではなく、自閉症スペクトクラムや発達障害、知的障害を持つ方の中で、ごく限られた部分に優れた能力を発揮する症状のことを指しています。

サヴァン症候群の方の中には、どんな分野で高い能力を発揮しているのでしょうか?
・圧倒的な記憶力
例えば電話帳を丸々一冊覚えたり、円周率、周期表などを暗唱することができる。

・芸術的な分野での才能
写真や航空写真を少し目を通しただけで、細かい部分までしっかり描き起こすことができる。

・音楽的な才能
音楽を1度耳にしただけで、そのまま再現することができる。

・計算能力
素数や約数を一瞬で判断することができる。

・時間や空間的認知力
適当に言った年月日の曜日を言うことができる。

などの様々な症状があります。
ここに記載したものが全て症状として現れるわけではなく、1つでも症状が当てはまると「サヴァン症候群」と診断されます。

複数の症状があり、それぞれの分野でその能力を発揮する場合もありますが、「サヴァン症候群」の方々が持っている能力を発揮するのは人それぞれなのです。

自閉症やサヴァン症候群の原因は?生まれつきの脳障害?

山崎賢人さん演じる新堂湊の「自閉症スペクトラム」や「サヴァン症候群」の原因は一体何なのでしょうか?

調べてみると原因は「生まれた時からの脳機能の異常」が原因です。

またサヴァン症候群についてはまだそのメカニズムについて詳しく解明されていません。
サヴァン症候群の方の脳を調べてみたところ、左脳に異常がある可能性があり、その異常を補うために右脳が発達したものではないか?と考えられています。

また「自閉症スペクトラム」の中の約10名に1名が「サヴァン症候群」であるとされていますが、実際には「サヴァン症候群」と診断されるのではなく、発達障害や知的障害だと診断されることが多いのです。

山崎賢人さん演じる新堂湊の存在でより、自閉症スペクトラムやサヴァン症候群について理解のある方が増えると良いですよね。

続いては山崎賢人さんの出身校は?病気療養してたって本当?という噂について調べてみました。

山崎賢人の出身校は?病気療養してたって本当?

山崎賢人さんは東京都の出身です。
出身中学校について調べてみると「志村第五中学校」の出身ではないか?と噂されています。
また山崎賢人さんは中学時代にはサッカーにいそしんでおり、本気でサッカー選手になることを目指していたようです。

ピチレモン時代の山崎賢人さん

そして山崎賢人さんの高校について調べてみましたが、特に公表されていないため、出身高校について調べてることができませんでした。

そんな山崎賢人さんが病気療養中だった?と噂になっていたことが分かりました。
この情報について調べてみましたが、実際にはそういった情報はなく、この噂についてはデマであることが分かりました。

中学3年生からメンズモデルとして芸能活動を始めた山崎賢人さん。
メディアで見かけない日がないくらいなので、もし病気療養中であれば、見かけることもなくなってしまうので、すぐに分かりますよね。

続いては山崎賢人さんの演技がうまくなった?と話題になっています。

山崎賢人の演技がうまくなった?

山崎賢人さんが最近演技がうまくなった?と話題になっています。

ドラマや映画で活躍されている山崎賢人さん。
山崎賢人さんが演技な下手なイメージが全くありませんが「演技がうまくなった」と言われるわけがありました。

それが以前山崎賢人さんが出演した「デスノート」で演じたL役の演技が原因であることが分かりました。

元々「デスノート」は映画版でL役を松山ケンイチさんが演じていました。
そしてドラマ番でL役を演じたのが山崎賢人さん。

映画でのイメージでドラマを見ていた方からは、山崎賢人さんが演じたLの雰囲気の戸惑った方が多く出たのです。
松山ケンイチさんの演じたLの印象が強かったことから、山崎賢人さんの演技に違和感を覚えた方が「演技がうまくない」というイメージを山崎賢人さんに持ってしまうこととなりました。

しかし現在出演している「グッドドクター」での山崎賢人さんの演技には脱帽、そして圧巻の演技に絶賛の声が上がっています。

その演技力には、視聴者から「山崎賢人の演技がすごい」「惹き込まれる」「山崎賢人くんが素晴らしい」と絶賛の声が多数。

これまで、恋愛ドラマの主人公を数多く務め、最近ではドラマ「トドメの接吻」(2018年1月期/日本テレビ)でクズのホスト役を演じてきた山崎とあって、
「振り幅が半端ない」「こんな賢人くんは初めてみた」「こんな役もできてしまう山崎賢人すごい」と改めて山崎の演技が評価されている。

引用:https://mdpr.jp

続いては山崎賢人さんの演技力についてどんな評価?ネットの反応は?という話題について調べてみました。

山崎賢人の演技力についてどんな評価?ネットの反応は?

山崎賢人さんが出演しているドラマ「グッドドクター」での演技力の評価についてネットではどんな声が上がっているかを調べてみました。

https://twitter.com/S_GR_SOH0202___/status/1036836367290982400

これまで山崎賢人さんの印象があまり良くなかった方も山崎賢人さんの演技には「すごい」という印象を持っている方が多くいることが分かりました。

2018年の1月からドラマ「トドメの接吻」でホスト役を演じていた山崎賢人さん。そして現在は自閉症スペクトラム、サヴァン症候群の小児外科医を目指す青年と、振り幅がすごい役を演じきっている山崎賢人さんからこれからも目が離せられません!

続いては山崎賢人さん主演のドラマ「グッドドクター」どうなる?という話題について調べてみました。

山崎賢人主演のドラマ「グッドドクター」どうなる?

山崎賢人さんが出演しているドラマ「グッドドクター」ですが、佳境を迎えとうとう最終話まで残り少なくなってきました。

山崎賢人さん演じる湊の存在も、小児外科医のチームの一員として徐々に認められる存在となってきましたが、病院の立て直しのために小児外科と産婦人科の年内廃止が会議で決定してしまいます。

悲劇の連鎖に対して山崎賢人さん演じる湊がどうなってしまうのか。病院はどうなってしまうのか。湊の患者はどうなってしまうのか。
目が離せられない展開となっています。

9話、そして10話は15分拡大で放送されます。

https://twitter.com/GoodDoctor2018/status/1036457041420726272

最終話まで残り少なくなってきましたが、最後まで目を離せられません!

最後に山崎賢人さんのプロフィールをご紹介します。

山崎賢人のプロフィール

氏名:山崎賢人

生年月日:1994年9月7日(23歳)

出身地:東京都

身長:178㎝

血液型:A型

職業:俳優

事務所:スターダストプロモーション 制作2部

山崎賢人のドラマでの病気は?演技うまくなったとの評価を徹底調査!まとめ

山崎賢人のドラマでの病気は?演技うまくなったとの評価を徹底調査!という話題について調べてみましたがいかがでしたか?
ドラマ「グッドドクター」で新たな顔、演技を見せてくれている山崎賢人さん。
ドラマだけではなく、今後の活動からも目が離せられないですよね!応援していきましょう。
最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク