スポーツ

小野田勇次の兄弟や両親は?人間じゃない異次元の強さがヤバい!

小野田勇次の兄弟や両親は?人間じゃない異次元の強さがヤバい!と話題になっています。名門青山学院で「山下りの神」として君臨している小野田勇次選手。開催を控える箱根駅伝や進路も注目を集めています。そんな小野田勇次選手は凄すぎて、人間じゃないとまで言われているとか。家族についても気になる所ですね。
今回は、小野田勇次の兄弟や両親は?人間じゃない異次元の強さがヤバい!の話題について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク




小野田勇次のプロフィールと経歴

小野田勇次選手のプロフィール

小野田勇次選手

引用:https://kenzoranran.com

名前:小野田勇次(おのだゆうじ)
生年月日:1996年9月3日(2018年12月現在22歳)
出身地:愛知県豊橋市
身長:171㎝
体重:51㎏
競技/種目:陸上/長距離、中距離走
所属:青山学院大学経営学部

小野田勇次選手は、長距離、中距離走専門の陸上選手です。中学1年生の時から陸上を始めました。

高校3年生時に、全国高校駅伝に初めて出場します。4区を担当するも結果は16位で、チームも15位。

2015年青山学院大学に入学し、陸上競技部に所属。

3大駅伝大会である箱根駅伝には1年生時から3年時まで連続で出場。1年生時2年生時ともに6区で区間2位、3年生時には6区で区間賞を獲得。チームは3大会とも総合優勝し、青山学院大学は現在箱根駅伝4連覇中です。

他大学は、打倒青学に燃えているでしょうね!

他、全日本大学駅伝には2年生時から4年生時まで連続で出場。2年生の時には5区を走り区間賞を獲得。3年生時は7区で区間3位、4年生時は1区で区間2位。

出雲駅伝には3年生時に出場し、4区を走り区間2位でした。

3大駅伝に出場しているだけでも凄い事ですが、すべて区間3位以内という記録も凄いですよね。

2016年、1年生の時に出場した第65回公認鹿島祐徳ロードレース大会のハーフマラソンで優勝。記録は1時間4分57秒。

自己記録としては、1500m-3分51秒72(2017年)、5000m-13分46秒93(2016年)、10000m-28分57秒30(2018年)、ハーフマラソン-1時間03分42秒(2017年)となっています。

大学になってから才能が開花したといった印象。
青山学院大学の原晋監督の指導の元、着実に力を付けて徐々に頭角を現していったのですね。

青山学院大学は強いですよね。出る大会ほとんど優勝しているのではないかと思うくらいです。出雲駅伝2018、全日本大学駅伝2018共に優勝していますから、箱根駅伝も制せば、3冠達成ですよ!

そんな強豪大学に所属し活躍している小野田勇次選手はもちろん凄い選手なのですが、そんな小野田勇次選手に対して、「人間じゃない」という声があがっている様なのです。真相はいかに。

という事で、小野田勇次選手が「人間じゃない」と言われる理由について調べてみました。

スポンサーリンク





小野田勇次が人間じゃないとは一体!?

小野田勇次選手はもちろん人間です。w

人間じゃないというのは比喩的なもので、人間離れしたような走りを見せたから出た言葉の様ですね。

小野田勇次選手は、原晋監督から「下りで前傾する際に猫背ではなく、ちゃんとした軸を持っている」と下りへの適性を評価され、箱根駅伝では3年連続山下りの6区を任されています。

2018年1月の箱根駅伝でも6区を担当。6区は復路のトップです。

往路1位の東洋大学に36秒差でスタートした小野田勇次選手。小野田勇次選手は15㎞地点で東洋大学の今西駿介選手に追いつきます。そして追い越し、7区の林奎介選手に襷を渡す時には、2位の東洋大学に52秒差をつけていました。

驚異的なスピードで走り抜いた小野田勇次選手に対して、抜かれた東洋大学の今西駿介選手が出走後に漏らした言葉が「人間じゃねえ、あれ(小野田勇次選手)」だったそうです。

その後、今西駿介選手は「来年は小野田勇次選手との差を30秒以内に抑え、人間同士の争いに持ち込めば東洋大学が勝てると思う」とコメントしていました。

もう1度言いますが、小野田勇次選手は人間です。ww

それだけ凄い走りをしたという事ですね。下りは上りよりも辛いと言われていますから尚の事です。「下りのスペシャリスト」と言われるだけあります。

2019年1月に行われる箱根駅伝へのエントリー選手に小野田勇次選手は入っています。

まだ何区を走るのかは発表されていませんが、きっと6区でしょう。
東洋大学の今西駿介選手もエントリーされていました!

小野田勇次選手の人間離れした走りも見てみたいですが、人間同士の争いも楽しみですね!!

大学時代の活躍が目覚ましい小野田勇次選手ですが、陸上を始めたのは中学生の時です。その頃から活躍していたのでしょうか。

続いて、小野田勇次選手の出身中学や高校について調べてみました。

スポンサーリンク




小野田勇次の出身中学や高校は?

小野田勇次選手の出身中学校は「豊橋市立高師台中学校」です。過去にも箱根駅伝出場選手を輩出した学校でもあるのですが、入学と同時に陸上競技を始めた小野田勇次選手の成績は特別目立ったものはなかった様ですね。

高校は「豊川高等学校」に進学。陸上競技の強豪校ですね。

他にも硬式野球部、水泳部、ダンス部などが全国大会出場等の成績を残しています。

小野田勇次選手が所属した駅伝部も、小野田勇次選手が1年生時に、第63回全国高等学校駅伝競走大会に初出場にして初優勝の快挙を達成しています。しかし、この時小野田勇次選手は補欠メンバーでした。

優勝メンバーには、一色恭志選手服部弾馬選手がいました。この2人は当時3年生で、宮城県の仙台育英高校から転入してきたのです。

転入してきた理由は、仙台育英高校で監督をしていた清野純一監督が豊川高校に就任した為、その監督を追ってきたのだとか。

仙台育英高校は全国高校駅伝で優勝候補として注目されていましたが結果は12位。それに伴い、清野純一監督を退任させ、前監督を復帰させる事になり、その指導の下で清野純一監督も残留させるという案を提案したそうです。

それを清野純一監督は拒否。さらに、保護者も清野純一監督退任に猛反対。

学校側は改めて清野純一監督の継続を求めましたが、清野純一監督はその申し出を拒否し豊川高校へ赴任したとか。

そりゃそうですよね。学校側は随分勝手だなと思ってしまいます。

この事に不安を感じた部員たち、男子7名女子3名は、清野純一監督を追って豊川高校へ転校したというわけです。当時東日本大震災の影響で、十分な練習が出来なかったという理由もある様ですが、それは表向きの理由な気がします。

その男子7名の中に一色恭志選手と服部弾馬選手がいたという事ですね。

それで、転校してきて高校駅伝初出場初優勝って清野純一監督と2選手凄すぎます。

一色恭志選手はその後青山学院大学に進学し、服部弾馬選手は東洋大学に進学しました。2人とも箱根駅伝にも出場し、ライバルとして活躍、注目される事となりました。

小野田勇次選手は、後に再度一色恭志選手とチームメイトになったのですね。

当時補欠で2人の活躍を間近で見ていた小野田勇次選手は、かなりの影響を受けたのではないかと思います。青山学院大学進学したのは、一色恭志選手を追ってなのかもしれませんね。

それにしても清野純一監督って凄い方なんですねー。この人の下で陸上がやりたいと、宮城県から愛知県に追ってくるんですから。この集団転校は、震災特例とは認められず、転校後半年間は全国大会への出場は禁止だったそうですが。

小野田勇次選手にとっても、この解任劇、転校劇は転機だったとも言えるでしょうね。

現在一色恭志選手はGMOインターネットの男子陸上部に所属しています。小野田勇次選手も4年生ですし、もう今後の進路は決まっていると思うのですが。

という事で、小野田勇次選手の進路について調べてみました。

小野田勇次の今後の進路は?

小野田勇次選手が青山学院大学を卒業後、どういった進路に進むのかも注目の的です。卒業後も陸上は継続するでしょうし、多くの実業団などからもスカウトが来た事は間違いないでしょう。争奪戦必須ですね!

現時点の情報では、小野田勇次選手は地元愛知県にある愛知製鋼への内定が決定しているとか。トヨタグループの素材メーカー会社ですね。

もちろん陸上部もあって、過去に山下りの達人と言われた日本体育大学出身の秋山清仁選手が在籍しています。

小野田勇次選手は否定していますが、一部では陸上は引退するといった噂もあった様に、噂が噂を呼んだり、誤情報が流れたりもしますので、小野田勇次選手が本当に愛知製鋼に就職するのかは、はっきりとご本人の口から発表があるまでは未確定情報という事です。

上記ツイッターは小野田勇次選手が発したものです。陸上を引退するという噂に対してのコメントだと思われます。

きっと箱根駅伝後には発表されるでしょう。2018年3冠と、5連覇がかかっている大会ですからね。まずは箱根です。
是非箱根駅伝で活躍し、小野田勇次選手もチームも素晴らしい成績を残してほしいですね!

続いて、小野田勇次選手の家族について注目してみました!

小野田勇次選手には、兄弟がいてしかも陸上選手という噂も浮上しています。小野田勇次選手を育てた両親についても気になりますね。

小野田勇次の家族構成は?兄弟も陸上選手?

小野田勇次選手の家族についてはほとんど情報がありませんでした。

お父様については、以前インタビューを受けており、名前は小野田英作さんという事だけ分かっています。

小野田勇次選手のツイッターを見ても家族は登場していませんね。

兄弟がいるのかも不明なのですが、小野田勇次選手を検索する際に「兄弟」のキーワードが関連ワードに並ぶのは何故でしょうか。

考えられるのは、兄弟揃って陸上で活躍している可能性があるという理由で検索している、もしくは小野田勇次選手は、「次」だから次男でお兄さんがいるかもとかですかね。

実際に兄弟で陸上選手をしている方々もいますしね。
2018年に青山学院を卒業した田村和希選手も3兄弟で陸上選手ですし、東海大学3年生の關颯人選手の弟さんは信州大学の1年生で陸上選手ですからね。

以前、お父様が受けたインタビューでお父様は小野田勇次選手についての事を聞かれ、「息子は寮に入ってからハキハキ話す様になった」と答えています。

寮生活って集団生活ですし大変ですよね。1人暮らしの方が気楽かも。そんな寮生活を送る事によって、陸上選手としてだけでなく、人としても成長したという事でしょう。

兄弟については勝手な推測ですが、兄弟がいたら、特に男兄弟だったら、一緒に遊び、話し、ケンカしながら成長していくでしょうから、大学生になってハキハキ話す様になったという事は、小野田勇次選手に兄弟はおらずひとりっ子なのではないかなと感じます。

それか女きょうだい。

小野田勇次選手は大人しい性格なんでしょうかね。

という事で、小野田勇次選手の性格について調べてみました。

小野田勇次の性格は根暗って本当?

小野田勇次選手の性格は根暗であるという証言がありました。

「1年生で1番暗い男」と言い放ったのは原晋監督。

https://twitter.com/aoyama__oythoh/status/1031773029292859393

新生活に慣れるのには中々時間がかかりますよね。

でもこの掛け合い、原晋監督の優しさというか、親心というか、そういった事が感じ取れます。

小野田勇次選手は、寡黙で真面目な選手なのかもしれませんね。故に「暗い」と言われてしまうのかも。

しかし小野田勇次選手は熱意のある人間でもあります。

1年生で箱根駅伝メンバーにエントリーされた際には「青学の1年生に、こんなヤツがいるんだと世間に知らしめたい」と発言しています。前年の箱根駅伝で6区を走り区間2位だった村井駿選手を差し置いて出場しましたからね。「村井さんではなく僕が戦う」とも宣言していました。

結果区間2位でしたから凄いですよね。

1年生時の出雲駅伝と全日本大学駅伝では補欠にも入らなかった小野田勇次選手の潜在能力を見出した原晋監督、やはり名将です。もちろん結果を出した小野田勇次選手も凄い選手です。

今や青山学院大学のエースである小野田勇次選手、女性にモテないわけがないですよね。小野田勇次選手はツイッターをしているそうなので、彼女情報を探してみました!

小野田勇次に彼女はいるのか?SNSから推測!

小野田勇次選手は171㎝51㎏と、ザ・陸上選手といった体型です。モデル並みですよね。

穏やかで優しそうな印象を受ける顔立ちも、魅力のひとつです。女性ファンも多い事でしょう。

https://twitter.com/ekiden_kaho/status/904304818788868096

そんな小野田勇次選手ですから、彼女がいても不思議ではありません。

青山学院大学陸上部は恋愛自由だそうです。彼女がいてもいいけど、練習はちゃんとしなさいよって事でしょうね。成績を残せなかったら自分が悔しいだけですし。

2016年には、青山学院駅伝部四天王とも言われていた、当時九電工に就職したてだった久保田和真選手が女性に暴行をしたというスキャンダルが週刊誌などで報じられました。

こういった事もあってか、現在の部員で彼女がいる選手はいない様ですよ。

小野田勇次選手に彼女がいるとか目撃情報などの情報もありませんね。小野田勇次選手のツイッターを覗いてみても、彼女の影などは見当たりませんでした。

 

陸上の事やチームメイトとの事ばかりですね。ボウリングが趣味だそうです。

そもそも、ツイッターの更新もマメではありませんね。

ちなみに、小野田勇次選手の好きな芸能人は木村文乃さんだそうです。

https://twitter.com/GIANTS_AOGAKU/status/972490405609553920

可愛いですよねー木村文乃さん。
小野田勇次選手は爽やかで笑顔が素敵なので、すぐに木村文乃さんの様な彼女が出来ちゃいそうですよね!

最後に改めて小野田勇次選手のプロフィールを紹介します。

小野田勇次のプロフィール

小野田勇次選手のプロフィール
名前:小野田勇次(おのだゆうじ)
生年月日:1996年9月3日(2018年12月現在22歳)
出身地:愛知県豊橋市
身長:171㎝
体重:51㎏
競技/種目:陸上/長距離、中距離走
所属:青山学院大学経営学部

小野田勇次の兄弟や両親は?人間じゃない異次元の強さがヤバい!まとめ

小野田勇次の兄弟や両親は?人間じゃない異次元の強さがヤバい!の話題について調べてみましたがいかがでしたか。あの大舞台箱根で走っている選手全員が人間離れしている様に思えますけどね。その中でも小野田勇次選手の走りは飛びぬけているという事でしょう。家族の情報はほとんどありませんでしたが、これから実業団に入り、益々活躍した暁には、インタビューなどで登場してくれるかもしれませんね。

最後までご覧いただき有難うございました!

スポンサーリンク