八村塁wiki風プロフィールと経歴は?弟妹もバスケットボール選手!




スポーツ

史上3人目の日本人NBAプレイヤーになる事が期待されている八村塁選手。バスケを始めてからまだ8年程しか経っていませんが、恵まれた体格から繰り出される圧倒的なプレーで、ドラフト1巡目指名はほぼ確実とも言われているんです。
日本でも海外でも注目の的の八村塁選手ですが、弟や妹もバスケットボールの選手で、兄妹揃ってバスケットボール界の期待の星として将来を期待されています。
という事で今回は、八村塁wiki風プロフィールと経歴は?弟妹もバスケットボール選手!と題してお送りします!是非最後までご覧ください!

 八村塁ってどんな人?wiki風プロフィールに経歴も調べてみた!

八村塁選手のプロフィール

名前:八村塁(はちむらるい)
生年月日:1998年2月8日(2019年6月現在21歳)
出身地:富山県
身長:206㎝
体重:106㎏
ポジション:スモールフォワード/パワーフォワード
所属:ゴンザガ大学(アメリカ合衆国)

幼少期は陸上の短距離走と野球をしており、イチロー選手に憧れる野球少年でした。

中学校でも野球部に所属していましたが、同級生にバスケットボールを勧められ、根負けする形でバスケットボールに転部。ルールも知らなかったそうですよ。

そんな形で入部したバスケットボール部でしたが、中学2年生の時、「全国中学校バスケットボール大会」で準優勝、八村塁選手は”大会ベスト5”にも選出されました。

ルールも知らずに始めたバスケットボール、しかし八村塁選手はその高い身長と跳躍力で大活躍。当時のコーチは「お前はNBAに行くんだ!」と、最初の練習の時に八村塁選手に言ったそうです。八村塁選手はその言葉を信じてこれまで精進してきたとの事。

コーチは始める前から八村塁選手の資質を見抜いていたんでしょうね。

主な成績

中学生でバスケットボールを初めてからの八村塁選手は、これまでに素晴らしい成績を残しています。

中学生時代:全国大会準優勝(2年時)
高校生時代:ウィンターカップ優勝3連覇(1年時は得点ランキング2位)/バスケットボールアジアU-16選手権3位(1年時)/U-17世界選手権大会得点王(2年時)/インターハイ優勝(3年時)、バスケットボール男子日本代表選出(3年時)
大学生時代:U-19世界選手権出場(2年時)/NCAA最優秀選手(3年時)

世界で活躍するようなスポーツ選手と言うと、幼少期からそのスポーツに取り組んでいたというイメージが強いですが、八村塁選手はそうではないんですよね。

生まれ持った恵まれた身体と身体能力で、見事バスケットボールの才能が開花したのです!

中学生の頃からすでに身長180㎝あった八村塁選手。八村塁選手には弟妹がいるのですが、揃って高身長なんだとか。両親から受け継がれたものなんでしょうね。

では続いて、八村塁選手の家族について調べてみました。

八村塁の家族構成は?弟や妹もバスケットボール選手!

八村塁選手のお父様はベナン共和国出身。お母様は日本人です。八村塁選手はハーフでした。

八村塁選手の体格が日本人離れしているのは、きっとアフリカの血が入っているからなんですね。アフリカ人は筋肉のバネも半端ないですからね。陸上の短距離をしていた程ですから、きっと足も速いのでしょう。

お父様もきっと体格良い方なんでしょうが、ネット上には情報はありませんでした。八村塁選手が見事NBA入りを果たした際には、両親へも取材が行われるでしょうから、メディアに登場する日も近いかもしれませんね。

八村塁選手には弟と妹が2人がいます。

まずは弟さんについて。

名前は八村阿蓮(あれん)さんといいます。カッコいい名前ですよね。

1999年12月20日生まれの19歳。中学、高校とバスケットボール部に所属し、中学3年生の時にはU-16日本代表に選出。

高校生時代には、1年生の時にウィンターカップ優勝。3年生には兄の八村塁選手もいました。

2年生の時のウィンターカップでは1回戦敗退でしたが、3年生には1試合で44得点を記録し、大会得点王、最優秀選手にも選出され、優勝を果たします。

現在は「東海大学体育学部競技スポーツ学科」の2年生で、もちろんバスケットボールも続けています。

大学1年生の時の大学選手権では優勝に大きく貢献し、大会優秀選手にも選出。

日本代表で兄弟でプレーする事が目標だそうです。

兄弟揃ってバスケットボール界の期待の星なんて凄いですよね!!

続いて妹さんについて。

名前は八村安美菜(あみな)さん

現在高校3年生で、身長は174㎝。まだまだ伸びそうですよね。

中学生2年生の時には東京選抜として全国大会を経験、高校2年生のウィンターカップでは、チーム最多タイの7つのリバウンドを記録。

今後の進学先も気になる所ですね。

もう1人「まりさん」という妹さんがいますが、年齢などの情報は見つかりませんでした。

中学生くらいですかね。身長も高そうです。

それにしても良いお兄さんだこと。

バスケットボール選手としても、長男としても素敵でカッコいい八村塁選手は、全世界の注目の的!

続いては、八村塁選手の評価やドラフトについて調べてみました。

八村塁に対する評価は?ドラフト確定!?

八村塁選手は、圧倒的な得点力とディフェンス力が評価されています。

2019年12月に行われたゴンザガ大学対デンバー大学の試合では、自己新記録となる23得点7リバウンド3ブロックを記録。フィールドゴール9本の内、9本ともミスなくシュートを決めています。まさに一級品。

外からでも中からでも得点を上げる事が出来るそのオールラウンダー的な得点力は、NBAスカウトから高評価を受けやすいと言われています。

また、ディフェンスはまさに壁。2m超の身長を活かしたブロックショットが得意としています。

シュートも一級品で、ディフェンスも完璧。チームの柱として申し分なく、とても魅力的な選手ですよね。

海外メディアは、八村塁選手の事を、“大谷翔平選手や大坂なおみ選手の様に海外で活躍出来る選手”だと絶賛。

2019年のドラフト予想では、アメリカ放送局「CBSスポーツ」で全米の大学生の中から12位にランクイン、アメリカスポーツメディア「ESPN」では14位にランクインしています。

ドラフト直前になって、10位以内と予想するメディアもありますね。

NBA関係者によると、八村塁選手は「即戦力にして素材型」なんだそう。

大学に1年間だけ在籍してNBAに挑戦する選手で、サイズや運動能力が評価され、スキルやバスケIQ、高いレベルでのプレーは後から身につけても大丈夫というのが”素材型”。

大学3年間、ないし4年間を全うし、アメリカ大学バスケの強豪チームを引っ張り大舞台で勝ってきた経験を持つのが”即戦力”。

八村塁選手はこの両方を兼ね備えており、まだまだ伸びしろもあると評価されている様です。

また、バスケットボールに取り組む姿勢や性格、規律といった内面の部分も評価の対象だそうで、バスケットボール以外の日常生活の過ごし方や考え方、家族や友人との向き合い方など、詳細なデータが集められるんだとか。

八村塁選手がアメリカに来た当時、英語はそこまで上手ではありませんでした。しかし今では何の問題もなく周囲とのコミュニケーションを取れています。

こういった事も、課題に向き合う姿勢努力を続けられる人間性の証拠として見なされている様です。

バスケットボールの実力のみで評価されるのではなかったんですね。

確かに、逸材であっても素行が悪くては、チームの評判も落としかねませんし、何よりそこから成長出来なさそうですよね。

NBAには全部で30チームあるので、ドラフトでは全体30位までが”1位指名”になります。プレーオフに進出した16チームと、進出出来なかった14チーム、前シーズンで成績の良くなかったチームから順番に指名していきます。(ウェイバー方式)

八村塁選手がNBA入りするのが益々濃厚になってきましたね!

日本人初の1巡目指名となるのか、ドラフト会議が待ち遠しいです!

NBAと言えば、トップ選手の年俸の高さも特色の1つですが。1巡目の指名となると、どのくらいの額をいただけるのでしょうか。

八村塁の年俸額を予想!!

八村塁選手がNBA選手になった際、どのチームに行くかはもちろんですが、年俸額も気になりますよね。

ちなみに、2018年のドラフトで12番目に指名されたマイルズ・ブリッジズ選手の2018年の年俸額は、約3億6235万円でした。

今の所、八村塁選手は12位予想とされていますから、同額になる可能性は高いですよね。

ドラフトの日程は、現地時間で2019年6月20日木曜日、日本時間では、6月21日金曜日午前8時開始です!

今では、強豪ゴンザガ大学のエースとして活躍する八村塁選手ですが、どういった経緯で入学したのでしょうか。

理由について調べてみました。

八村塁の出身中学や高校はどこ?ゴンザガ大学に入学出来た理由は?

高校は宮城県にある「私立明成高等学校」、中学校は「富山市立奥田中学校」です。

「明成高等学校」はバスケットボールの強豪校で、プロバスケットボール選手も輩出しています。
弟さんも同じ高校ですね。

大学はアメリカにある「ゴンザガ大学」へ進学。バスケットボールチームの強豪校として有名な大学です。

NCAAトーナメントには、ディビジョンⅠからⅢまでの階級があり、大学の歴史や強さによって分けられています。ディビジョンⅠは強豪校、名門校が所属し、NBA選手も多数輩出。

ゴンザガ大学もディビジョンⅠに属しています。

2019年現在、ディビジョンⅠには353校、ディビジョンⅡには320校、ディビジョンⅢには424校が所属しています。

規模がケタ違いですね。

世界最高峰とも言えるゴンザガ大学から八村塁選手にオファーがきたきっかけは、U-17世界選手権での事。

結果は14位でしたが、八村塁選手は平均得点・総得点共に全体の1位を記録。国際大会でも活躍出来る事を全世界に証明したのです。

バスケットボール強豪国であるアメリカやオーストラリアも参加しており、その中での得点王ですからね。スカウトの目にも留まりますよね。

そしてゴンザガ大学に進学した八村塁選手でしたが、1年時はベンチが多く、NCAAトーナメント出場時間は、合計6分。

2年時からは徐々に活躍の場を見せ、チームの主要となっていきます。

2018年11月開催のマウイインビテーショナル(招待試合)も優勝し、大会MVPを獲得。全米での評価がぐぐーんと上昇するきっかけとなりました。

そして2018-2019年シーズンの全米大学選手権(NCAAトーナメント)ではチームのベスト8入りに大きく貢献。八村塁選手自身も最優秀選手に選出されています。

日本人選手が実力を買われてバスケットボールの本場アメリカへ渡った事だけでも凄い事ですが、そこで期待を裏切る事なく活躍し、今やNBA入り目前。

これは”日本の至宝”というにふさわしい。

日本代表としても多いに活躍してくれる事でしょう。

※2019年6月21日追記!!

八村塁がドラフト1巡目でウィザーズから指名の快挙!

八村塁選手が、ドラフト1巡目の全体9位で「ワシントン・ウィザーズ」から指名されました!!

NBAの試合に出場すれば、日本人選手で3人目。ドラフト経由では初です!

名前を呼ばれた後、抱き合っているのは、お母様にお父様、おばあ様ですかね。

家族を代表してお母様のコメントも発表されました!

お母様・麻紀子様のコメントがコチラ。

率直な感想は、指名されてほっとしているとの、うれしい気持ち。塁が嬉しそうに取材に答えている姿を見て、希望の球団に入れたのかなと思って安心しています。

感慨もひとしおですよね。

気になる年俸額はまだ発表されていませんが、全体1位指名の初年度年俸は812万700ドル(約8億6900万円)の設定だそう。

9位の八村塁選手は、371万9500ドル(約4億円 )、最大で446万ドル(約4億9100万円)になる見込み!!

また、ドラフト1巡目指名を受けた選手は2年目の契約も保証されているんだとか。2年目も同等以上の額を得られるという事ですね!

凄い額です。それだけ期待されているという事ですよね。

八村塁選手の、NBAデビュー戦楽しみです!!

八村塁wiki風プロフィールと経歴は?弟妹もバスケットボール選手!まとめ

八村塁wiki風プロフィールと経歴は?弟妹もバスケットボール選手!と題してお送りしましたがいかがでしたか。
中学生からバスケットボールを始めた八村塁選手が、今やNBA選手です。素晴らしい経歴を残してきた八村塁選手ですが、これからも成長し続けていく事でしょう。
”八村兄弟(兄妹)”が揃って日本代表として活躍する日も楽しみですね。

最後までご覧いただき有難うございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
八村塁父親は離婚?身長や職業も調べてみた!
竹内譲次竹内公輔は双子!両親(父母)の職業も調べてみた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました