レベッカノッコ(nokko)子供画像と名前!離婚原因や再婚した夫(旦那)の画像は?




家族

レベッカのフレンズが大ヒットしたのは1985年の事。今なお歌い継がれている名曲中の名曲で、56歳になったレベッカのボーカルノッコ(nokko)さん自身も変わらぬ歌唱力で歌い続けていますよね。バンドブームに火をつけたレベッカノッコ(nokko)さんですが、現在はどうしているのでしょうか。

という事で今回は、レベッカノッコ(nokko)子供画像と名前!離婚原因や再婚した夫(旦那)の画像は?と題してお送りします。是非最後までご覧ください!

レベッカノッコ(nokko)の娘の名前は夏乃!年齢は?

レベッカノッコ(nokko)さんは2006年8月1日第一子である女の子を出産しています。

2020年1月現在13歳で中学1年生ですね。

名前は保土田夏乃(ほとだかの)さん。珍しく公表されていますね。(お父様については後述します!)

ノッコ(nokko)さんが夏乃さんを出産したのは42歳の時高齢出産ですよね。

その為、出産前にはいろんな書類にサインをしたそうです。

書類を書くたびに、死ぬ覚悟をしないといけないよ、と言われているような気持ちでした。

と、ノッコ(nokko)さんはインタビューで答えていました。

高齢出産となると母子共にリスクがあるのは事実ですが、このノッコ(nokko)さんのコメントを見るとすごく辛くなります。

出産は無事に済み、現在母子共に健康ですから良かったですよね。

名前は公表されていましたが、残念ながら画像は見つかりませんでした。

ノッコ(nokko)の娘はデビューしていた!

名ロックシンガーであるノッコ(nokko)さんの娘ですから、音楽関係の才能が期待出来ますし、将来2世シンガーもあり得る所ですが、夏乃さんはすでに音楽活動をしていたのです!

ノッコ(nokko)さんが2013年11月にリリースしたアルバム「もうすぐクリスマス」内に収録された、ジョンレノン氏のカバー曲「HAPPY CHRISTMAS」で夏乃さんはコーラスを担当していました。

それ以外には活動記録がありませんのでデビューとは言えないかもしれませんが、自宅にはレコーディングスタジオもあり、ピアノも習っているそうですから、将来音楽関係の道に進む可能性は高そうですよね。

とはいってもまだ中学生ですから、視野を広く持ち、いろんな経験をしてほしいものです。

では続いて、ノッコ(nokko)さんの娘さんが通っている学校について調べてみました。

レベッカノッコ(nokko)の娘の学校は?インターナショナルスクールって本当?

レベッカノッコ(nokko)さんの娘、夏乃さんは現在中学1年生ですが、通っている学校はインターナショナルスクールという噂があります。

調べてみた所、現在ノッコ(nokko)さん一家は静岡県熱海市に住んでおり、夏乃さんが通っている中学校は、静岡県沼津市にある私立の「加藤学園暁秀中学校」だと言われています。

加藤学園は、幼稚園から初等学校、中学高等学校とありますね。

由緒正しい学校で、特に初等部は英語教育に力を入れていて、日本初の英語イマ-ジョン・プログラムを導入しているそうです。高等学校の大学進学率も高く、海外の大学に進学している生徒もいる様です。

ノッコ(nokko)さんも海外に渡った経験もありますし、これからは英語が話せて当たり前の時代になりそうなので、この学校を選択したのかもしれませんね。

この事により、夏乃さんはインターナショナルスクールに通っているという噂が浮上した模様。具体的に、東京都にある「清泉インターナショナルスクール」という学校名も出てきていますが、これは噂に過ぎない様です。

では続いて、夏乃さんのお父様について調べてみました。

レベッカノッコ(nokko)と木暮武彦の離婚理由は?

レベッカノッコ(nokko)さんは、レベッカのリーダーでありギタリストの木暮武彦さん(SHAKE)と1990年に結婚しました。

木暮武彦さんはレベッカ発起人でしたが2年で脱退していますが、現在でも「RED WARRIORS」として音楽活動を続けています。

ミュージシャン同士のビックカップルとして話題になりましたが、結婚から3年後の1993年に2人は離婚

離婚理由については明言していませんが、音楽に関する方向性の違いではないかと言われていますね。

レベッカ発起人である木暮武彦さんが脱退、ノッコ(nokko)さんと離婚した後にレベッカはブレイクしたわけですから、木暮武彦さんとしては複雑な気持ちだったのではないでしょうか。

夏乃さんが誕生したのは2006年。という事は、木暮武彦さんは夏乃さんのお父様ではないですね。

杉咲花との関係

ノッコ(nokko)さんの娘と検索すると女優の杉咲花さんの画像が出ています。関連ワードにも出てきますね。

上述したようにノッコ(nokko)さんの娘は夏乃さん1人のはずですが。

調べてみた所、杉咲花さんのお父様は木暮武彦さんでした。

という事はノッコ(nokko)さんの子供じゃないの?と勘違いしていまいますが、2人の結婚生活3年の間にお子さんは誕生していません。

ノッコ(nokko)さんと離婚後の1996年に木暮武彦さんは再婚しています。つまり、杉咲花さんは木暮武彦さんと再婚相手の間に産まれたお子さんという事です。

木暮武彦さんの再婚相手はチエ・カジウラさん。しかし2000年に離婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿

ちなみに、木暮武彦さんは2003年に一般女性と再再婚。2人の間には青葉くんという男の子が誕生しています。

木暮武彦さんと青葉くんと奥様

引用:https://orionfdn.org

のびのびと成長してほしいとの考えから、富士河口湖町に移住したそうですよ。

幸せそうな家族ですね^^

一方で、ノッコ(nokko)さんも幸せな家庭を築いていますよ。

レベッカノッコ(nokko)の再婚相手は保土田剛!

レベッカノッコ(nokko)さんは2002年に音楽プロデューサー兼ミックスエンジニア(音響技術者)である保土田剛さんと再婚しました。

ノッコ(nokko)さん保土田剛さん夫婦

引用:http://nakasuga13.com

仕事を通じて10年来の付き合いがあった2人。きっとすでに信頼関係も出来ていたんでしょうね。

結婚後の2003年には、音楽ユニット「NOKKO and GO」を結成し、アルバムも発表しています。

保土田剛さんは、お父様が彫刻家、お母様が声楽家という一家の生まれ。幼少期からアメリカで生活していました。中学生の時は東京で生活していましたが、再度アメリカに渡りアシスタント・エンジニアとして経験を積んでいきます。

今や一流のミッスクエンジニアで、マドンナさんや坂本龍一さん、宇多田ヒカルさんなどといった一流アーティストのミックスを担当

保土田剛さんの作品は累計6000万枚の売上を誇り、グラミー賞受賞は2回となんとも凄い方。

2005年には静岡県熱海市に活動拠点を移し、自宅地下にプライベート・スタジオ「Studio GO and NOKKO」を開設、2014年には熱海中学校の校歌「光る海」を夫婦2人で作曲するなど、夫婦仲が良く、仕事に対する方向性や価値観も一緒なんだろうなあと思えますよね。

熱海中学校 校歌(平成27年度 お別れの会

ロックな感じの校歌じゃなくて安心しました。w

レベッカとしてもソロとしても人気で活躍してきたノッコ(nokko)さんですが、ブレイクしたらしたでとても苦労も多かった様ですね。それを支えてきたのがご主人保土田剛さんでした。

レベッカノッコ(nokko)はうつ病だった!?解散したのはなぜ?

ノッコ(nokko)さんがレベッカの一員としてデビューしたのは1984年。

元々はガールズバンド「DOLL」のボーカルとして活動していましたが、ギタリストである木暮武彦さんに誘われレベッカを結成。ノッコ(nokko)さんの実のお兄さんである山田貢司さんもベーシストとして参加していました。

1985年、テレビドラマ「ハーフポテトな俺たち」で使用された「フレンズ」ミリオンセラーの大ヒット!

REBECCA 『フレンズ』(1985.12.25渋谷公会堂)

その後もヒットシングルを連発し、日本ゴールドディスク大賞やアーティスト・オブ・ザ・イヤーなどを受賞。ドーム公演などの大規模イベントを成功させてきました。

ノッコ(nokko)さんは映画への出演経験もあるんですよ。

しかし、ブレイクした結果、スケジュールは多忙を極め創作にも影響するまでになってしまいます。休む時間もなく、メンバー同士で会う時間すらない状況。電話越しに録音した事もあったとか。

どこかで一区切りつけないとダメだ。

そして1990年活動休止、1991年2月にレベッカは解散したのです。

レベッカ解散理由は、「売れ過ぎた為」でした。

解散後、ノッコ(nokko)さんはソロシンガーとして活動しますが、2000年に休止。

デビュー25周年の2010年にソロ活動を再開し、2015年にはレベッカも再結成。同年の紅白歌合戦にも出場しました。

ノッコ(nokko)はうつ病でパニック障害?

2018年にはソロでのフルオーケストラ公演を慣行するなど、現在でも精力的に音楽活動を継続していますが、過去には、うつ病やパニック障害を患っていたという噂があります。

レベッカ全盛期、歌い続ける事へのプレッシャーと孤独感を感じていたというノッコ(nokko)さん。

活動休止の裏には、きっとこういった思いがあったんですね。音楽と距離を置きたかったのかもしれません。売れれば売れるだけプレッシャーは強くなっていったのでしょう。

そんな中、熱海でゆっくり生活しようと提案したのはご主人である保土田剛さんでした。海外が拠点だった保土田剛さんですが、ノッコ(nokko)さんの為に生活様式を一変したんですね。

そして夏乃さんの誕生。産後うつだったという噂もありますが、ノッコ(nokko)さんに再び歌う力を与えてくれたのは夏乃さんの存在でした。

子守唄を歌えば泣き止み、誰かのために心を込めて歌う事を思い出させてくれたそうです。

見た目の印象はだいぶ変わってしまいましたが、力強く且つ繊細な歌声は何十年と経った今でも変わっていませんよね。

30年以上経過していますからね。見た目が変わるのは当たり前かもしれまんが。

ブランクを感じさせないパフォーマンスを披露する為にトレーニングに励み、それを保土田剛さんが全面サポートしているそうです。

ノッコ(nokko)さんの今があるのは、もちろん本人の努力もですが、誰よりも傍で支えてくれた保土田剛さんの存在が大きいですね。本当に素晴らしく、素敵な夫婦だと感じます。

これからも家族仲良く、ありのままのノッコ(nokko)さんの歌声を聴かせてほしいですね。

では最後にレベッカノッコ(nokko)さんのプロフィールを紹介します。

レベッカノッコ(nokko)のプロフィール

レベッカノッコ(nokko)のプロフィール

芸名:ノッコ(nokko)、のっこ
本名:山田信子(やまだのぶこ)
生年月日:1963年11月4日(2020年1月現在56歳)
出身地:埼玉県さいたま市)
職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、ナレーター
活動期間:1983-1991年、1992-2001年、2003年-(ノッコとしての活動期間)
所属事務所:ワタナベエンターテインメント(2016年より)

レベッカノッコ(nokko)子供画像と名前!離婚原因や再婚した夫(旦那)の画像は?まとめ

レベッカノッコ(nokko)子供画像と名前!離婚原因や再婚した夫(旦那)の画像は?と題してお送りしましたがいかがでしたか。

ノッコ(nokko)さんの歌声は健在!様々な世代から支持される日本を代表するアーティストですよね。

素敵なご主人・保土田剛さんと娘・夏乃さんと、これからも仲良くのんびりと過ごしてほしいですね。そして、変わらぬ歌声を披露し続けてほしいです。

最後までご覧いただき有難うございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました