マスクの洗い方は?使い捨て不織布・ガーゼは再利用方法まとめ!




雑学

マスク不足・品薄状態が続き、使い捨て不織布マスク・ガーゼマスクの再利用方法について注目されています。

ストックが少なくなってきて、一日で捨てるのはもったいない!

そんな時は「使い捨ての不織布マスク」「ガーゼマスク」を洗って再利用してみてはいかがでしょうか。

今回は、テレビやネットで紹介されているマスクの洗い方を調べてまとめてみました。

是非最後までご覧ください。

マスクの洗い方は?使い捨て不織布のマスクやガーゼマスクは洗って再利用できる?

使い捨ての不織布(ふしょくふ)マスクは、基本的には一回だけ使用をして捨てるものですが

どうしてもマスクが手に入らない時などは、洗って再利用することも可能です。

ガーゼのマスクも洗って再利用ができます。

【使い捨てマスクの洗い方】マスク不足

※メーカーはあくまで使い捨てとして販売しているためメーカーが推奨している方法ではありません。

楽天で「洗えるマスク」も続々販売されています。

おしゃれなものも増えてますね!

楽天で人気のものをいくつかご紹介します。

▼クリック!▼『何度でも洗える!眼鏡が曇りにくい マスク』

▼クリック!軽くて丈夫!洗えるマスク▼

▼クリック!キッズ用もあり♪洗えるマスク▼

▼詳細は画像をクリック! ▼

使い捨て不織布マスクの素材は?

使い捨て不織布(ふしょくふ)マスクの素材はどんなものでできているのでしょうか。

不織布(ふしょくふ)というのはその名の通り「織らない布状のもの」を指します。

普通、布というと織ったり編んだりするイメージがあると思いますが不織布は接着樹脂で科学的に結合させたり、機械的に絡ませたり水流で絡ませたりしたものです。

引用:http://www.vilene.co.jp/

繊維を織る必要がないため手間が少なく低コストで大量生産できるので、現在ではガーゼマスクよりも主流になっていますよね。

ただ簡単にできる分、織物よりも耐久性が低いため基本的には使い捨てとして販売されています。

続いては、マスクが品薄で手に入らない時に活用できるようにマスクの洗い方をまとめてみました。

マスクを洗って再利用したい!中性洗剤で洗うのがおススメ

マスクを洗って再利用する場合に、洗剤は何を使ったらいいのかまとめてみました。

結論からいうと、食器用洗剤を薄めて使うのが一番手軽でおススメです。

食器用洗剤であれば、どこの家庭にもあるので実践しやすいですよね。

不織布/ガーゼマスクの洗い方①中性洗剤(食器用洗剤)

使い捨てマスクは中性洗剤で洗うことが可能です。

水を溜めて、やさしく押し洗いすると良いでしょう。

ファンデーションなどがついて汚れが目だつ箇所は、やさしくこすると汚れが目立たなくなります。

食器用洗剤は、油汚れに強いのでファンデーションや口紅等の汚れは落ちやすいです。

不織布/ガーゼマスクの洗い方②衣類用の洗剤

続いては、衣類用の洗剤の場合です。

こちらの場合も汚れは結構落ちますが、ネックになるのは匂いです。

洗濯洗剤独特の強めの香りがマスクから直に鼻に来るので、ちょっと刺激が強いと思います。

食器用洗剤の方がおススメです。

不織布/ガーゼマスクの洗い方③ハンドソープ・せっけん

ハンドソープ・せっけんはさほど汚れが落ちないのでおススメしません。

基本的には手を洗ったりするためのモノなのでファンデーションなどの油汚れにあまり効果がありません。

不織布/ガーゼマスクの洗い方④キッチンハイター

続いては、キッチンハイターを使用した場合の洗い方です。

1.標準濃度の洗剤で10分間浸漬。
2.塩素系漂白剤のキャップ7分目(15mL)を水1Lに溶かした液にマスクを10分浸漬
3.水道水を用い十分にすすぐ
4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る
5.形を整えて干す

引用:https://form.kao.com

上記は、『布マスクの洗い方』として紹介されており、使い捨てマスクは洗うことでウイルスをキャッチする効果が弱くなるのでおススメしない、という記載もありました。

やはり、手洗いすることによって新品時よりはマスクが伸びてしまって穴が広がってしまうということはあるでしょうね。

それでも、マスクをしないよりは感染リスクを減らせるのでマスクが手に入らない時は洗って再利用する価値はありそうです。

洗ってしまうと新品同様の効果はもちろん得られませんが、マスクを再利用した場合でも「顔を触ってしまうリスク」や「飛沫を浴びるリスク・飛ばすリスク」は減らせます。

使い捨ての不織布マスク・ガーゼマスク手洗い時の注意点は?

使い捨ての不織布(ふしょくふ)マスクを手洗いする時の注意点をまとめました。

マスク手洗いの仕方と注意点
  1. 洗面器などに水を溜めて、中性洗剤を少々いれて混ぜる
  2. 使用済みのマスクを浸す。汚れがひどい所はやさしくこする
  3. 繊維を傷つけないようにやさしく押し洗い
  4. 清潔なタオルまたはキッチンペーパーなどでやさしく挟んで水気を吸い取る
  5. 型崩れに気を付けてしっかり干す。生乾きでは絶対に使用しない

※乾燥機やアイロンは使用しません。高熱でマスクが溶ける危険性があります。
※しっかり手を洗ってからマスクを洗いましょう。
※洗濯機は使わない方が手軽だと思います。やさしく手洗いしましょう。
※洗濯機で洗う場合はネットに入れる&複数枚いれない&他のものと洗わない

洗濯機で洗う方もいるみたいですが、洗濯槽そのものに汚れがある可能性があるのでシンプルに洗面器に水やぬるま湯を溜めて手洗いの方が清潔だと思います。他の汚れが付着しては意味がないので…

続いては、マスクの煮沸消毒についてです。

使い捨て不織布マスクは煮沸消毒できる?

煮沸することでウイルスは死滅できる可能性がありますが、使い捨て不織布マスクそのものが多少傷んでしまう可能性は否定できません。

そもそも高温で煮ることを想定して作られているわけではないので仕方ないですよね。

ガーゼマスクについては煮沸消毒も有効です。

煮沸消毒をする場合は、不織布マスクよりもガーゼマスクの方が適している

使い捨て不織布マスクは耐久性に乏しいため煮沸消毒するには向きませんが、ガーゼマスクや布マスクは煮沸消毒をしても繰り返し使用可能です。

マスクの煮沸消毒については、ヤフーの記事で内科医の市原由美江さんが以下のようにコメントしています。

Q.ネット上には、「一度使用した使い捨てマスクを熱湯で煮沸消毒すると殺菌でき、繰り返し使えるのではないか」という声もあります。煮沸消毒することで再利用できるのでしょうか。

市原さん「新型コロナウイルスには、煮沸消毒やアルコール消毒が有効です。そのため、使い捨てマスクを煮沸することで、ウイルスは除去できますが、煮沸の場合、マスク自体の耐久性が心配です。煮沸するよりは、マスクのアルコール消毒をしっかりする方がいいでしょう。ただ、今回のような緊急時のみにしてください」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ガーゼマスクをお持ちの方は、「中性洗剤でやさしく手洗い+煮沸消毒+アルコール消毒(除菌スプレー等)」で再利用、使い捨ての不織布マスクしか手元にない場合は、上記の工程から煮沸消毒は省いてください。
マスクを消毒をする場合は、「マスク用」に開発された安全なものを使用してください。自己判断で消毒薬を使用することは危ないです。肌に触れるものですし、呼吸をするときにダイレクトに吸い込むことになりますのでマスク用のスプレーを使用しましょう。

続いては、マスクだけでは完全に感染を防ぐことはできないという点について説明します。

マスクだけでは完全に感染を防ぐことはできない!

マスクを付けているだけで、感染を防いでくれるから安心・・・

と、過信してはいけません。

風邪やインフルエンザに罹らないためにマスクをつけてもその効果は限定的とされています。なぜなら、顔とマスクとの間に隙間がありウイルスを含んだ飛沫の吸入を100%防ぐことはできません。また、ウイルス自体の粒子径は0.1~0.2μmですが、咳やくしゃみではウイルスに水分やほこりが付着し粒子径は5μm以上とやや大きくなるためすぐに短い距離に落下し、空間をただようことはないからです。更に、環境や衣類に付着したウイルスが手によって呼吸器に運ばれ感染する場合もありマスクだけで風邪やインフルエンザのウイルスを確実に遮断することはできません。
引用:https://www.jichi.ac.jp/

マスクは網目が大きいため、ウイルスが入ってくることを完全に防ぐことは不可能なのです。

本当にウイルスの侵入を防ぐつもりなら、医療用のサージカルマスクの方が効果が高いです。

しかし、サージカルマスクはなかなかドラッグストアでは取り扱いがなく手に入らないですよね。

一般的な使い捨ての不織布マスクの効果には以下のようなものがあります。

  1. くしゃみや咳をしている人が飛沫を飛ばすのを防ぐ
  2. 飛沫が直接顔に当たり、口や鼻から入って感染するのを防ぐ
  3. 感染したものに触った手で顔を触ったりすることを防ぐ

もちろん、マスクをした方が感染のリスクは減らせますが

マスクがどうしてもない時は、悲観的にならずに落ち着いて、自分にできる最大限の感染予防を行いましょう。

正しく丁寧に手洗いすること

外出から戻るたびにうがい・手洗いを徹底すること

外で何かを触ったら顔や髪を触らないこと

目を手指でこすらない事※ウイルスは目の粘膜からも感染することがあります

帰宅したらできるだけお風呂に入り、全身を丁寧に洗うこと

スマホの画面や本体を小まめにアルコール消毒すること

しっかりと栄養、睡眠をとり免疫力を上げること

を徹底しましょう。

ウイルスは、スマホの画面などのつるつるしたところで長生きします。

私も、アルコール消毒液がなかなか手に入らなくて困っていますが

飲食店で紙おしぼりをもらったときは手を拭くだけでなくスマホも丁寧に拭くようにしています。

アルコール消毒までの効果はないかもしれませんが、拭かないよりはマシだと考えています。

そして帰宅後は、除菌できるウェットティッシュでスマホ画面・本体を拭いています。
ピジョンタヒラ ピジョン除菌ウエットティシュ 80マ(4902508101240) 取り寄せ商品

続いては、マスクにプラスアルファで使いたいアルコールスプレーやアロマスプレーについてです。

マスク用除菌スプレー・アロマスプレーのおすすめは?

マスクを洗って再利用する際にもプラスアルファで使用すると効果的なマスク用の除菌スプレーをご紹介します。

マスク用除菌スプレー

まずは、「安定化次亜鉛素散水」の携帯除菌スプレーです。

1リットルの大容量なのでご家族の多い方にも嬉しいですね。

アルコールでは対処しきれないウイルスや届かなかった悪臭(原因菌)も強力に除菌・分解します!原因菌をしっかり除菌することで、細菌やニオイの繁殖を防ぎます。引用:https://item.rakuten.co.jp/

 

続いては、手肌にやさしくお子さんにも安心して使用できる携帯用除菌スプレーです。

口に入っても安心な発行乳酸などの食品添加物で作られています。

クリック!⇒ROOTHウイルスガード

 

マスク用アロマスプレー

続いて、マスクを快適に使用したい方におススメなのが「マスク用アロマスプレー」。

マスクも長時間付けていると、嫌なにおいがしたりしますがアロマスプレーを併用するとさわやかな香りでスッキリリフレッシュできます。

 

クリック⇒【大人気】生活の木のアロママスクスプレーはこちら

メガネの曇りを防ぐグッズ

また、マスク利用時にメガネが曇ってしまって不便を感じている方におススメなのが「メガネくもり止め」用のアイテムです。

クリック⇒【メール便で送料無料 ※定形外発送の場合あり】メガネのくもり止め 濃密ジェル 耐久タイプ(10g)<マスクをしてもくもらない!>

◆クリック!携帯な便利な商品はコチラ↓

◆クリック!均等に塗りやすいスプレータイプはコチラ↓
【メール便発送送料無料】ソフト99 メガネのくもり止め ハンディスプレー 18ml [ソフト99コーポレーション]
続いては、マスクを実際に洗って再利用している方の声を調べてみました。

引き続きご覧ください。

マスクを再利用している人は実際にいる?

マスクを実際に洗って再利用している方の声を集めてみました。

実践されている方、結構いますね。

新型コロナウイルスだけでなく、花粉症も大変ですのでマスクが手に入らない時には参考にしてみてください。

ウイルスよりも、花粉の方が粒子が大きいため花粉対策にマスクは効果的です。再利用でも、ないよりはいいですよね!

マスクの洗い方は?使い捨て不織布・ガーゼは再利用方法まとめ!-まとめ-

今回は、マスク不足のような緊急時に役立つ「マスクを洗って再利用する方法」についてまとめてみました。

新品の時よりはもちろん効果は弱まりますが、洗って清潔な状態で再度利用できるのはありがたいですよね。花粉症でお困りの方も、マスクのストックが減ってきたときには参考にしてみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



雑学
トレンドぼっくす

コメント

タイトルとURLをコピーしました