鈴木猛史wiki経歴プロフィール!彼女や家族は?




スポーツ

チェアスキーヤーとして活躍している鈴木猛史選手。ソチパラリンピックでは2つもの金メダルを獲得しており、2022北京パラリンピックでもメダルの獲得が期待されています。
そんな鈴木猛史選手に今回はスポットを当て、鈴木猛史wiki経歴プロフィール!彼女や家族は?と題してお送りします。是非最後までご覧ください!

 

鈴木猛史のプロフィールと経歴!

鈴木猛史選手は、日本のチェアスキーヤーです。

 

プロフィール

名前:鈴木猛史(すずきたけし)
生年月日:1988年5月1日(2022年3月現在33歳)
出身地:福島県猪苗代町
身長:170㎝
所属:KYB株式会社経営企画本部広報部

 

経歴

小学2年生の時に事故に見舞われます。

学校からの帰宅途中にバスに乗り、降車後、バスの前に飛び出してしまった所をトラックにはねられてしまったのです。

普段はバスに乗らないのになぜかこの日は乗ってしまったのだとか。。

命は助かったものの、両大腿切断という大怪我を負い車いす生活を余儀なくされました。

 

 

しかし、元々運動が好きだった鈴木猛史選手は、車いす生活になってからも水泳や車いすマラソンなど様々なスポ―ツに挑戦

 

周囲の友人たちも、両足を失った鈴木猛史選手の事を誰も特別扱いしなかったんだとか。

 

サッカーは手を使っていいけど、ドッチボールは同じコートで。

体力測定も車いすから降りて、マラソンも砂利道だけは変更したけど他は一緒。

 

 

もちろんこれは”イジワル”なんかではなく、たとえ足がなくとも鈴木猛史選手は変わらず鈴木猛史選手なんだという事で、やりにくい事は手伝ったり、変更したりはあっても、”みんなと一緒に”という優しさですよね。

鈴木猛史選手自身も、”特別扱いされなかった事が嬉しかった”と話していました。

 

 

チェアスキーとの出会いは、小学校3年生の時で、一般のお子さんがスキーを行う際に、鈴木猛史選手のお母様が、”うちの子供にも出来るスキーがないか”と模索し、チェアスキーと巡り合ったそうですよ。

みんなと一緒にスキーが出来るようにと、懸命に探したんでしょうね。

 

 

鈴木猛史選手は持ち前の運動神経で、お母様の想いに応えるかのように、チェアスキーの腕前をぐんぐん上達させていったそうです。

 

 

その後、福島県障がい者スキー協会から競技スキーの誘いを受けて、本格的に鈴木猛史選手のチェアスキー人生が始まったのです。

 

鈴木猛史のこれまでの戦績は?パラリンピックで金メダルを獲得!!

鈴木猛史選手は、中学3年生の時に日本代表として世界選手権に出場しています。

しかも銅メダル獲得という素晴らしい成績を残しています!

 

 

大きな期待を背負って2006年トリノパラリンピックに初出場。鈴木猛史選手は高校3年生でした。

しかし、パラリンピックという大舞台の雰囲気に圧倒され結果を残す事は出来ませんでした。

 

 

その後、鈴木猛史選手はバンクーバー、ソチ、平昌、北京と5大会連続でパラリンピックに出場!

これだけでも凄い事ですよね。

 

《パラリンピック》
2010年バンクーバー 大回転座位 銅メダル
2014年ソチ 回転座位金メダル/滑降座位銅メダル

《ワールドカップ》
2012-13年シーズン 総合優勝
2015年アメリカ 回転 金メダル
2016年スイス 回転 金メダル

《世界選手権》
2015年カナダ 回転 金メダル

 

他にも、2019年世界パラアルペンスキーで金メダル、2021年アジアカップで回転金メダルと大活躍しています。

 

 

実は、ソチパラリンピックで金メダルを獲得した3月13日は、17年前に事故に遭った日と同じなんです。

単なる偶然といえばそうかもしれませんが、運命的なものを感じずにはいられませんね。

”事故に遭った日”から”金メダルを獲った日”に変わりましたね。

 

2つのメダル獲得の功績を称えられ、紫綬褒章も受章しています。

 

その際鈴木猛史選手は、

「足を失って良かった」

と言ったそうです。

 

なかなか言える言葉じゃないですよね。

大抵の方が、なんで自分がとか、あの時こうしていればああしなければとか思ってしまう所を、超前向きに考えていますよね。

後悔している時間がもったいない!といった感じですかね。

 

もちろん辛い気持ちになった事もあったでしょうけど、自分の人生、自分らしく生きていこうと思える強い心の持ち主なんでしょう。

スポーツマンとしても凄い方だと思うし、人としてもとても尊敬出来る方だと思います。

 

鈴木猛史は結婚相手は誰で子供はいる?

鈴木猛史選手は、2016年6月に結婚しています。

 

お相手は、元NHK福島放送局のキャスターで、現在はフリーアナウンサーの荒響子さんです。

絵本の朗読やナレーションなど精力的に活動しています。

綺麗な方ですね。

 

 

ソチパラリンピック後に、鈴木猛史選手が荒響子さんがMCを務めるラジオ番組に出演した事がきっかけでお付き合いに発展したそうですよ。

 

 

そして2018年には、2人の間に男の子が誕生しています。

 

お名前は愛士(まなと)くん。

可愛くもあるしカッコよくもあるお名前ですよね^^

 

 

妻にメダルを見せたい、息子ににとってかっこいいお父さんでいなくちゃいけないという事はモチベーションになっている。(引用:https://www.bridgestone.co.jp/chaseyourdream/athlete/interview/ts.html)

 

お子さんや奥様の存在は、鈴木猛史選手の何よりの活力なんでしょうね。

これからも幸せに過ごしてほしいです。

 

鈴木猛史の出身高校や大学はどこ?現在の職業は?

鈴木猛史選手お出身高校は、「猪苗代高校」です。

猪苗代高校時代にトリノパラリンピックに出場し、4位入賞という成績を残しています。

 

ソチパラリンピックで金メダルを獲得した時は、母校で講演会を行いました。

猪苗代高校としても、メダリストが卒業生いるという事は誇らしい事でしょうね。

 

 

高校卒業後は、「駿河台大学文化情報学部」に進学しました。

 

親元を離れての生活になり、不規則な食生活で体重が10kgも増えた事もあったそうですよ。

カップラーメンやお菓子を食べながら朝までゲームをして学校へ行く生活を送っていたそうですよ。

 

大学生にはありがちではありますが、鈴木猛史選手はスポーツマンですからね。

それでも勝てると思っていたけど全く勝てずコース脇で泣いていたとか。

 

そこから食生活に気を付けた生活を送るようになり、3年生の時に出場したバンクーバーパラリンピックで銅メダルを獲得しています。

 

 

大学卒業後は、駿河台大学の学生支援部体育課の職員として大学に在籍。

職員時代にソチパラリンピックで金メダルを獲得しました。

 

 

2015年には、チェアスキーのショックアブソーバーという、振動を抑制する部品の開発や改良も行っている会社である「カヤバ工業」現在の「KYB株式会社」に入社しています。

チェアスキーに携わる企業に所属を変えた事で、一層練習に集中出来るようになったのではないでしょうか。

 

応援してくれる会社の人たちの為にも頑張ってほしいですね。

 

 

鈴木猛史wiki経歴プロフィール!彼女や家族は?まとめ

鈴木猛史wiki経歴プロフィール!彼女や家族は?と題してお送りしましたがいかがでしたか。
まだ若い選手ですが、足を失って良かったと言える強い人。奥様やお子さんを始め、応援してくれている全ての人の為にこれからも素敵な笑顔で頑張ってほしいですね。
最後までご覧いただき有難うございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました