成田緑夢の障害は歩ける程度?歯並びを直して八重歯が完全消滅!

成田緑夢の障害は歩ける程度?歯並びを直して八重歯が完全消滅!と話題です。平昌パラリンピックで2つのメダルを獲得し、一躍話題の人となった成田緑夢選手。成田3兄弟の末っ子としても有名ですよね。高い実力や天然のキャラクター、そしてその容姿で人気を集めている成田緑夢選手ですが、今回は成田緑夢の障害は歩ける程度?歯並びを直して八重歯が完全消滅!という話題について調べてみました!

スポンサーリンク

成田緑夢とは?

成田緑夢選手といえば、2018年の平昌パラリンピックで知ったという方が多いのではないでしょうか?

スノーボード日本代表として出場し、スノーボードクロス・スノーボードバンクドスラロームの2つでメダルを獲得したことで話題となりましたよね。

トリノ五輪スノーボード日本代表として出場経験のある成田童夢選手を兄に、そして同じくトリの五輪の女子スノーボード日本代表に選出された今井メロさんを姉にもつ“成田3兄弟”の末っ子であり、兄たちに負けない身体能力と才能を持ったアスリートです。

引用:https://www.asahicom.jp

成田緑夢選手は1998年の長野オリンピックにて4歳という若さでスノーボードのデモンストレーターを務め、小学校時代から国際大会に出場していました。

その技術の高さは、バンクーバーオリンピック金メダリストのショーン・ホワイト選手が見せた新技「ダブルマックツイスト1260。」を2010年(16歳)の時点で一発で決める程。

兄姉の影響もあり、成田緑夢選手にとってオリンピックは身近なものだったのでしょう。

しかも平行してトランポリン競技もこなしており、高校2年生の時に出場した“全国高校選手権”の男子個人では歴代最高得点16.3点を獲得し最高難度賞を受賞しています。

2012年11月からはフリースタイルスキー・ハーフパイプに取り組み始め、2013年には1月・2月の“FISワールドカップ”に3回出場!

その後、フリースタイルスキーの日本代表に選出され世界選手権にも出場しています。

とにかく何をやらせても好成績を残しており、身体能力の高さがわかりますよね。

しかしそんな矢先の2013年4月、練習中の事故により“左足腓骨神経麻痺”という重傷を負ってしまいます。

一体何があったのか、障がいを負ってしまった原因についてもう少し詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

成田緑夢の障がいの原因は?

成田緑夢選手は2013年4月、空中での回転や体の感覚を鍛えるためのトランポリンの練習中に着地に失敗し、左足が不自由になってしまいました。

この時成田緑夢選手は両足首にスキー板の重さを想定した2.5キロずつの重りを付けており、2回転宙返り5メートルのジャンプを繰り返していたのだとか。

跳んだと同時に左足がすべってバランスを崩してしまい、不自然な体勢でそのまま落下。

左肩が左膝に強打し左足が逆の方向に曲がってしまったといいます。

その結果、「靭帯断裂」「半月板損傷」そして「腓骨神経麻痺」という大怪我を負ってしまったのです。

当時医者からは「歩ける確率は20%」と宣告され、左足の切断も迫られました。

成田緑夢選手の両親は、この事実を本人に伝えることはできなかったとか。

医師は左足切断を強く求めたようですが、これを成田緑夢選手の父・隆史さん断固拒否

「命を落としてもいいから足を残してほしい」と訴え、左足を温存する手術が行われたそうです。

腓骨神経麻痺とは?

腓骨神経麻痺とはその名の通り腓骨神経が圧迫や傷を受けた際に麻痺を起こしてしまう症状であり、障がい者6級の重度障害です。

主に引き起こされるのが、「感覚障害」「運動障害」

感覚障害・・・足の甲から脛(下肢)の外側にかけてじんじんとしたしびれを感じたり、皮膚感覚が鈍くなって触っても感覚がない。運動障害・・・足首や足の指を反らせるように上に向けることができず”下垂足”の状態になるので、足を引きずるようになり、物に足をひっかけることが多くなる。転倒のリスクを伴う。

正座を長時間すると足がしびれて、動かしにくい感覚を覚えたことがある方は多いと思いますが、これも腓骨神経に対しての刺激が原因となって生じる症状なんですよ。

腓骨神経麻痺では、神経が障害を受けている部位(特に膝の外側)をたたくと痛みを感じます。

このような「腓骨神経麻痺」というを負ってしまった成田緑夢選手ですが、スノーボード競技を引退した今、障がい者の陸上大会にも出場して好成績をおさめています。

ということは、現在はもう普通に歩くことが可能なのでしょうか?

スポンサーリンク

成田緑夢は歩けるの?

成田緑夢選手は2018年の6月・7月と、2つの障がい者の陸上大会に出場しています。

その時の写真がコチラです。

引用:https://www.asahicom.jp

ちなみに結果は、

6月10日の障害者陸上の日本パラ陸上選手権大会・走り幅跳びで2位!

7月7日のジャパンパラ大会・走り高跳びで優勝!

さ、さすがの身体能力です・・・!!

画像を見ても義足には見えませんから、もう普通に歩けるのかな?と思い調べてみたところ

「自力歩行は可能だけど、左足を引きずって歩くため靴が1ヶ月ももたない」

という状態なのだとか。

事故当時は足を引きずりながら歩けても30分ほどで、その後すぐに氷水などで30分冷やさなければ腫れや痛みが引かなかったといいます。

その頃に比べれば現在は歩けるようになっているものの、それでも痛みは全然引いていないようですよ。

そんな中でもスポーツすることを諦めず、挑戦し続ける成田緑夢選手。

普通であればスポーツをすること、ましてや大会に出場することなんて諦めてしまいそうですが、成田緑夢選手はどうやってこの大怪我を乗り越えたのでしょうか?

その理由についても調べてみました。

成田緑夢がスポーツを辞めなかった理由は?

成田緑夢選手は一時は足の切断を迫られ「歩ける可能性が低い」と宣告されたにも関わらず、4度の手術壮絶な痛みと治療を乗り越えてアスリートとして復活しています。

これだけの大怪我を負いながら成田緑夢選手がスポーツを辞めなかった理由として、

●父・隆史さんの存在
●ファンから届いた1通の手紙

の2つがあるのだとか。

成田緑夢選手の父・隆史さんは、退院してわずか半年しか経っていない頃成田緑夢選手を「スキーに行くぞ!」と誘い、多少無理をしてでも外に連れ出しました。

先述したとおり30分も歩けば氷水で冷やさないと足の腫れや痛みが治まらない状態でしたから、普通であれば自宅で安静にしているべきですよね。

しかし成田緑夢選手は父・隆史さんのこの行動を受け入れ、痛みと闘いながらもスキー靴を履いて練習を再開

さらに、夏になれはウエイクボードの練習も再開しました。

そんな日々を過ごしていたところ、成田緑夢選手のもとに1通の手紙が届きます。

その手紙は障がいを抱えているファンからで、

「怪我をしても頑張っている緑夢君に勇気をもらった」

と書いてあったのだとか。

この手紙を読んだ成田緑夢選手は、「自分がスポーツを頑張ることで、誰かを励まされるかもしれない」と自分自身がスポーツを続ける意味を考えるようになったといいます。

自分だって想像を絶するほど辛いだろうに、「誰かにために」と考えられる成田緑夢選手は素晴らしい方ですね。

そんなファンからの手紙をきかっけにスポーツへの意欲を回復し障がいを乗り越えた成田緑夢選手は、ハーフパイプ競技を再開

ついには平昌・冬季パラリンピックでスノーボード日本代表に選出され、見事“スノーボードクロス競技で銅メダル”・”バンクスラローム競技で金メダル”を獲得しました。

将来を期待されていながら大怪我を負い、しかし障がいを乗り越えパラリンピックという大舞台で復活するなんてかっこよすぎますよね!

きっとそんな成田緑夢選手の姿を見て、励まされたり勇気づけられた方がたくさんいらっしゃることでしょう。

そこで気になのは、2020年の東京五輪(東京パラリンピック)への出場ですよね。

成田緑夢選手は東京五輪を目指すのでしょうか?

成田緑夢は東京五輪を目指す?

成田緑夢選手は2018年3月にスノーボード競技からの引退を発表した後、2020年の東京パラリンピックを目指して新しい競技を探しています。

先述した通り2018年7月に正田醤油スタジアム群馬にて行われたジャパンパラ大会に出場し、走り高跳びをほぼぶっつけ本番の挑戦で優勝しました。

https://twitter.com/gurimunarita/status/1015576086300651526

その際、「東京パラリンピックには走り高跳びで出場するのか?」と尋ねられ、

「どの競技にするか決めていない。オリンピックに出るか、パラリンピックに出るかも決めていない。」

とコメント。

もしかしたら、パラリンピックではなくオリンピックに出場する可能性もありそうですね!

障がい者で健常者よりも良い成績の方がいらっしゃいますが、「義足のためでは?」と物議を醸しているということがあります。

しかし成田緑夢選手は義足ではありませんので、オリンピックの基準をクリアするのであればオリンピックにもパラリンピックにも出場することが可能のようです。

最近成田緑夢選手はカヌーに挑戦することを明かしており、カヌーでの東京出場を目指すのでは?という声も。

https://twitter.com/gurimunarita/status/1018659189931978753

https://twitter.com/gurimunarita/status/1019341941765332992

「まだ決定ではない」とご本人がコメントしていますが、成田緑夢選手は身体能力が高く運動神経抜群ですから、どんな種目にチャレンジするのかも注目ですよね!

そしてさらに多くの人々に勇気や希望を与えくれることでしょう。

さて、そんな成田緑夢選手ですが、身体能力や障がいについて以外に容姿のある部分にも注目が集まっているのをご存知ですか?

続いて、成田緑夢選手の“歯並び”についてもみていきましょう。

成田緑夢の八重歯が完全消滅!

成田緑夢選手といえば笑ったときに見える八重歯が印象的でしたが、最近テレビ出演している成田緑夢選手を見て、「歯が変わっている!」と話題をよんでいます。

ちなみに矯正前の成田緑夢選手の歯並びはこんな感じ。

引用:https://cyclestyle.net

そして成田緑夢選手の最近の画像がコチラです。

https://twitter.com/fubicsoumu/status/1041297669434433536

確かにきれいな歯並びになっており、八重歯が消えています!

6月10日の大会ではまだ八重歯があり、7月7日の大会では既に歯並びがキレイになっているようですので、6月中旬~7月頭の間に治療したようですね。

きれいな歯並びが好評かと思いきや、八重歯が可愛かったのに・・・と残念がる声が多数。

また、整いすぎて不自然だという声も多く上がっていました。

https://twitter.com/nagate_nanana/status/1041306210769678336

どうやらワイヤー矯正ではなく、審美矯正をしたようです。

チャームポイントの八重歯がなくなってしまったのは残念に思う方もおり、成田緑夢選手の歯列矯正には賛否両論ですが、成田緑夢選手が「かっこいい」「かわいい」と人気なことに変わりはありません。

実力の高さはもちろん、容姿キャラクターでも人気を集めている成田緑夢選手に今後のも目が離せませんね!

最後に成田緑夢選手のプロフィールをご紹介します。

成田緑夢のプロフィール

名前:成田緑夢(なりた ぐりむ)
生年月日:1994年2月1日
出身地:大阪府住之江区
身長:173cm
体重:65kg
血液型:AB型
所属:近畿医療専門学校

成田緑夢の障害は歩ける程度?歯並びを直して八重歯が完全消滅!まとめ

成田緑夢の障害は歩ける程度?歯並びを直して八重歯が完全消滅!という話題について調べてみましたが、いかがでしたか?
障がいの乗り越えていろんなスポーツで活躍している成田緑夢選手は、たくさんの人に勇気や希望を与えてくれていますよね。
さらに、かっこかわいい容姿でも大人気な成田緑夢選手。
一体どんな競技で2020年の東京五輪を目指すのか、今後の動向にも大注目ですよ!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク