根尾昂両親の病院は?眉毛が特徴的で腹筋もヤバすぎる!

根尾昂両親の病院は?眉毛が特徴的で腹筋もヤバすぎる!と話題になっています。高校球児の夢の舞台甲子園での大活躍が記憶に新しい、チームを優勝に導いた立役者とも言える根尾昂選手。ドラフト注目選手ですよね!投打の実力はさることながら、その個性的な見た目にも注目が集まっています!今回は、両親の病院は?眉毛が特徴的で腹筋もヤバすぎる!について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

根尾昂プロフィールと経歴

根尾昂選手プロフィール

根尾昂

引用:https://deskgram.net

名前:根尾昂(ねおあきら)
生年月日:2000年4月19日(2018年10月現在18歳)
出身地:岐阜県
身長:177㎝
体重:75㎏
投打:右投左打
ポジション:投手、遊撃手、三塁手、外野手

お兄さんの影響で、小学2年生から野球を始め、地元の野球クラブである古川西クラブに入団します。

当時から実力は抜きん出ていて、エース兼三塁手(サード)を務め投球スピードはMAX128㎞!ソフトボール投げでは、88m92㎝という驚異の記録をたたき出しました。この記録は歴代1位だったそうです。

岐阜県大会優勝を経験し、中日ドラゴンズの選抜にも選出されていました。

中学校へ進学後は、中学校の野球部には入らずに飛騨高山ボーイズに入団。遊撃手(ショート)に回ります。中学3年生の時に「JUNIOR ALL JAPAN」に選出され、世界少年野球大会に出場。投球スピードMAX148㎞を記録します。県大会準優勝を経験。

また、全国のボーイズリーグから選出される、「NOMO JAPAN」の一員にも選出され、アメリカ遠征にも参加しました。この時からスーパー中学生としてプロからも注目されていたそうです。

数々のスカウトがある中、大阪桐蔭高校へ進学。1年生の夏からベンチ入りを果たし、2年生の時の春の選抜高校野球大会で全国制覇を達成しました。
そして高校生最後の年、春夏連覇を果たします。

根尾昂選手が優れているのは野球だけではなく、小学5年生の時には、陸上100mで全国2位スキーのジュニアオリンピック岐阜大会で優勝し全国大会に出場、中学時代にも全国中学スキー大会アルペン回転で優勝しています。

運動神経がずば抜けているのですね!根尾昂選手の地元は豪雪地帯だそうで、夏は野球、冬はスキーといった生活だったそうです。スキーを真剣に行ってきた事が体幹の強さや膝の使い方のうまさに繋がっており、それは野球をする上でも役立っている事と言えますよね。

華々しい経歴をお持ちの根尾昂選手。こんなにも早く才能を開花させていたのですね!
しかし、優れていたのは運動神経だけではなかったのです。

続いて、根尾昂の両親は医者!どこの病院?について調べてみました。

スポンサーリンク

根尾昂の両親は医者!どこの病院?

根尾昂選手の高い身体能力については先述した通りですが、なんと成績も優秀だったとか。

中学時代は常にオール5で、生徒会長も務めていたそうです。まさに文武両道

高校進学のスカウト高校の中には、大学の医学部進学も念頭に慶應義塾高校も名を連ねていました。慶應義塾高校への進学も真剣に考えていたそうですが、地元まで勧誘に来た大阪桐蔭高校の監督が、「野球で日本一の選手を目指すか、医者の道を目指すか選んでほしい」と話し、根尾昂選手は「プロ野球選手になりたいです」と答え、大阪桐蔭高校へ進学し野球に専念する道を選択しました。

根尾昂選手の頭脳明晰ぶりは両親から受け継いだものの様です。というのも、根尾昂選手の両親は医師夫婦だったのです!

お父様は根尾浩さん、お母様は根尾実喜子さんといいます。
自治医科大学の学生時代に2人は出会い、お父様は病院勤務を経て現在は飛騨市の宮川診療所に常勤医として勤務、お母様は隣町の河合診療所に常勤医として勤務しているそうです。

過疎化の進む地元の医療を支えているのですね。

寮生活をしている根尾昂選手に両親は、2か月に1度20冊の本を送っているそうです。新聞購読は毎日欠かさず。勉強に野球にと忙しく疲れる日々であるはずなのに、自ら学ぼう知ろうという意識は、とても素晴らしいものですよね。

聡明な両親に聡明な息子。

聡明に育ったのは根尾昂選手だけではありませんでした。

続いて、根尾昂の兄弟も医療従事者なの!?について調べてみました。

スポンサーリンク

根尾昂の兄弟も医療従事者なの!?

根尾昂選手には3歳年上のお兄さんと、5歳年上のお姉さんがいます。

お兄さんは根尾学さんといって、現在、偏差値68.5の岐阜大学医学部に在籍中。なんとストレートで合格したそうです。

根尾昂選手はお兄さんの影響で野球を始めましたから、もちろんお兄さんも野球をしていました。中学校までは根尾昂選手と同じ学校で、高校は岐阜の斐太高校に進学します。投手として活躍していましたが、甲子園までは一歩及ばず。

大学進学後は野球ではなくバスケをしているそうです。高校入学当初もバスケ部に所属していており、野球部に転向したのは、1年生の1月頃とか。
お兄さんも文武両道ですね!

お姉さんは根尾春陽さんといって、富山大学医学部看護学科を卒業し、現在は看護師として働いているそうです。
お姉さんもスキー、陸上をしていたそうですよ。

お姉さんも文武両道!根尾一家すごすぎ!!素晴らしいですね。

根尾昂選手も医者になりたいと思った事はあったのでしょうか。

両親は、根尾昂選手が大阪桐蔭高校への進学を決めた際、「医学部に進学出来る高校を」と学校側に相談し、大阪桐蔭高校は特進クラスへの編入を約束したと言われています。両親としては、やはり医者の道に進んでほしいと思っているのでしょうか。

「勉強を含めて根尾昂選手に口出しする事はなく、考える材料を与えて見守るだけだった」と話すお父様。「礼に始まり礼に終わる、勝つだけの選手でなく、人としてやるべき事をしなさい」と根尾昂選手に話したお父様。

親子で信頼し合っているという印象を受けますね。根尾昂選手の尊敬する人は両親だそうです!

根尾昂選手と言えば、聡明さに加え野球センスもとても輝いていますが、他にも個性的で魅力的な所があるんですよ!

続いて、根尾昂の眉毛が個性的!その評判は?について調べてみました。

根尾昂の眉毛が個性的!その評判は?

根尾昂選手の眉毛、とても印象的ですよね。
高校球児と言えど、1度は整えていじりたくなるもの。しかし根尾昂選手は決して眉毛をいじりたくないそうなのです。いじるとうまくいかないとか。

「基本的に眉毛はいじらない、細すぎるのってダサいじゃないですか」と。
太かろうが、細かろうが、どちらがかっこいいとかダサいとかは個人の自由ですが、やはり男女問わず、それなりに細く整える派が多い昨今です。

根尾昂選手の眉毛に対しては、賛否両論ある様ですよ。

https://twitter.com/migiko1103/status/1028836988395241473

細くする事を良しとしない根尾昂選手ですが、甲子園大会開催中にはうっすら繋がっていた眉毛に変化が見られた様なのです。

夏の甲子園大会終了後に開催されたU-18アジア選手権でチームメイトに合流した際、眉毛がやや細くなり、繋がっていた部分も剃られていたのです!

U-18アジア選手権に向けて地元の理髪店に行った根尾昂選手。そこでうっかりやられてしまったとの事。この変化にチームメイトはいち早く気づき、「ついに色気づいたか!?」などと、とってもいじられたそうですよ。
それでも十分太い根尾昂選手の眉毛です。

あの眉毛には根尾昂選手のしっかりとしたこだわりがある様ですね。
プロになっても太眉毛は健在でいてほしいものです。

続いて、根尾昂は腹筋もすごかった!トレーニング方法は?について調べてみました。

根尾昂は腹筋もすごかった!トレーニング方法は?

根尾昂選手はそこまで大柄な体型ではありません。しかし投球も打撃もとても力強いです。

センスだけでなく筋力もないと、レーザービームで外野から走者をさせないし、バックスクリーンにホームランも打てませんよね。
そう、根尾昂選手は筋肉むちむちだったのです。

根尾昂選手の筋力は小学校時代からの努力の結果の様です。

古川西クラブの監督は「家でも素振りをしなさい」と伝えていたそうですが、特に数は伝えず。小学生が行う素振りと言えば、多くても100回くらいを想像しますよね。
しかし根尾昂選手は500回していたそうなのです。

真面目で努力家。ほんとに尊敬します。

根尾昂選手が在籍している大阪桐蔭高校野球部といえば、練習メニューがとっても厳しいと言われています。厳しくないと全国制覇なんて出来ませんよね。その厳しい練習を行いながら、根尾昂選手はさらに自分に鞭打っていたそう。

ウエイトトレーニングの際は通常100㎏の重りを使用する所、根尾昂選手は200㎏を使用。
徹底的に鍛えぬいた様ですね。

背筋、前腕筋群の筋肉もすごいですが、何よりすごいのはきれいなシックスパックの腹筋です。目を見張ります。

https://twitter.com/yasu_pon21/status/1025648485675102209

ユニフォーム姿も素敵ですが、脱いでもすごい根尾昂選手でした。

この筋肉が力強いバッティングやピッチングに繋がっているのですね!!

https://twitter.com/yasu_pon21/status/1038000082367508482

右翼からのレーザービームはほんとにすごい。

すごい所満載の根尾昂選手。プロ野球球団から高評価の嵐です。

続いて、根尾昂のドラフト評価!投球ホームがすごい!?について調べてみました。

根尾昂のドラフト評価!複数球団が1位指名!?

根尾昂選手はこれまでの野球実績ですでにプロ野球界からの注目を集めていましたが、記念すべき第100回目の全国高校野球夏の甲子園で優勝によって、さらに注目を集める事となりました。

根尾昂選手がプロの道に進むのはほぼ確実でしょうが、気になるのはどこの球団に行くのかという事。それが決定するドラフト会議が間近に迫っています。根尾昂選手はプロ志望が強いので、12球団どこでもOKと言っているそうです。

投げてはMAX150㎞、高校通算32本塁打、内野手での華麗なグローブさばき、外野から走者をさす正確な送球。二刀流としてメジャーで活躍している大谷翔平選手ですが、根尾昂選手は多刀流といえるでしょう。そんな根尾昂選手に対して、各プロ野球球団は様々な評価をしています。

「誰が見てもいいのは分かっている、野手としても投手としても、頭がいいというか、野球を知っている感じがある」

「スピード、柔軟性、体のキレといった身体能力が素晴らしい」

「守備やピッチングの成長はものすごい、投手にしろ野手にしろ、伸びしろがある、悪い所が見当たらない」

「木製でも打てるのは、バッティングフォームが良いから、柔らかさもある、度胸が良い、常に平常心で出来ている、彼の1番良い所はその心の部分なのかもしれない」

などなど。

週刊誌などでドラフト1位指名予想をしていますが、複数球団が根尾昂選手と1位指名すると予想しています。中日ドラゴンズであれば、地元という事もあって、より歓喜に沸く事でしょうね!

野球センスだけでなく、野球に対する真摯な姿勢も高評価の様です。

どの球団に行くのかも気になりますが、野手としてなのか投手としてなのか、はたまた二刀流としてなのか、どういった方向に育成されていくのかも見物です。この事に関しても、各球団によって考え方が異なる様ですね。

どちらにせよ、根尾昂選手がプロで活躍する日が今から楽しみですが、獲得球団によっては、大学進学もあり得るのかもしれません。

とっても魅力的な根尾昂選手さぞモテる事でしょう。プロになってさらにファンが増えそうですよね。

続いて、根尾昂には彼女がいる?について調べてみました。

根尾昂には彼女がいる?

根尾昂選手は、勉強が出来、真面目で努力家、学ぶ姿勢を忘れず知識豊富、野球以外でも運動神経抜群、凛々しいお顔。
文句なしの逸材です。常にファンがいたのではないでしょうか。

気になるのは彼女の存在。根尾昂選手のファンは気になる所ですよね。根尾昂選手は、野球が恋人とか言いそうですが。

上述した様に、大阪桐蔭高校野球部は練習がかなり厳しいと言われています。授業後は夜10時頃まで練習、寮生活で携帯電話も禁止、プライベートでの外出はほぼ不可能

デートも出来ない、連絡もとれない状況に納得して、根尾昂選手の事を静かに応援する幼馴染的な女子がいる可能性も少しはあるかもしれませんが、ほぼないでしょうね。練習が厳しい他の部活の女子とか、野球部のマネージャーとかでお互いを励まし合っているとか。まあこっちの線もないでしょうね。

そもそも他の事にうつつを抜かしている様では、一流にはなれないのかな。
根尾昂選手の眉毛が細く薄くなった時は、彼女が出来た時かもしれません!

最後に改めて根尾昂選手のプロフィールを紹介します。

根尾昂プロフィール

根尾昂選手プロフィール
名前:根尾昂(ねおあきら)
生年月日:2000年4月19日(2018年10月現在18歳)
出身地:岐阜県
身長:177㎝
体重:75㎏
投打:右投左打
ポジション:投手、遊撃手、三塁手、外野手

根尾昂両親の病院は?眉毛が特徴的で腹筋もヤバすぎる!まとめ

根尾昂両親その病院は?眉毛が特徴的で腹筋もヤバすぎる!について調べてみましたがいかがでしたか。家族みんなが医療関係とは驚きましたね。根尾昂選手の野球センスについて、改めて感心しました。根尾昂選手は天才ではなく、努力家であると思います。辛いことを苦と思わずやってきた事、自らの意思で行ってきた事、その意思の強さが根尾昂選手の強さではないでしょうか。プロになっても一線で活躍してくれる事でしょう。眉毛はそのままでいてほしいですね!
最後までご覧いただき有難うございました!

■コチラの記事も読まれています■
クリック↓
根尾昂の出身地や身長は?兄弟も実はスゴかった!
大阪桐蔭根尾昂wiki風プロフィール!両親や家族はどんな人?
大阪桐蔭藤原恭大wiki風プロフィールは?彼女やイケメン画像を調査!
金足吉田はマウスピース使用?出身中学やプロフィールも気になる!
西谷監督(大阪桐蔭)ベビースターサーバーが太りすぎの原因?年収も気になる!

スポンサーリンク