川内優輝経歴プロフィールは?性格や家族のエピソードが素敵すぎる!

スポーツ

川内優輝経歴プロフィールは?性格や家族のエピソードが素敵すぎる!という、とっても気になる話題が飛び込んできました。川内優輝選手と言えば、公務員ランナーとして話題になったことのあるマラソンランナーですよね。今回はそんな、川内優輝経歴プロフィールは?性格や家族のエピソードが素敵すぎる!というテーマでお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。

川内優輝の経歴とプロフィール

川内優輝選手は、1987年3月5日生まれの31歳で、埼玉県久喜市の出身です。子どものころからいろいろなスポーツをやっていて、一番才能を見せたのが陸上でした。

地元の久喜市の小学校に入学して、小学校1年生の時から陸上競技を本格的に習い始めています。小学校1年生から陸上競技を習い始めるってすごいですよね。普通は中学校の部活で始める人が多いと思うんですが、6歳7歳の時にはもう始めていたんですね。

その後、中学校も地元の中学校に進み、高校は埼玉県立春日部東高校に進学します。こチらの高校は、偏差値が59~61ぐらいの進学校で、ほとんどが大学に進学する高校です。ここで、川内優輝選手は勉強に陸上競技に打ち込みます。

高校時代の川内優輝選手

引用元:https://yumeijinhensachi.com

2年生の時には、関東高校駅伝に出場し、見事7位入賞を果たしています。しかし、このころ川内優輝選手はケガに悩まされ、思うような結果を出せない日々を過ごしていました。

本来の実力であれば、大学は箱根駅伝常連の大学に進学したと思うのですが、故障が続いていた川内優輝選手は『ケガばかりしている自分が強豪校で通用するはずがない。』と考えるようになり、大学は学習院大学に進学することになります。さすが文武両道の川内優輝選手です。

当時の学習院大学の陸上部は箱根駅伝の本大会への出場権を獲得するのは難しいといった状況でした。しかし、川内優輝選手は関東学連選抜として、大学2年生と4年生の時に箱根駅伝の本大会に出場しています。6区を走った川内優輝選手は、区間4位という好成績を収めています。

大学卒業後は、みなさんご存知の通り、埼玉県庁に公務員として就職し、埼玉県立春日部高校の事務として勤務を始めます。公務員としての仕事をこなしつつ、仕事の合間や土日にマラソンのトレーニングをするというハードな生活を送ることになります。

実業団だったら、他の社員の人たちより仕事を減らしてもらって、その時間を練習にあてたりできるんでしょうが、川内優輝選手は公務員ということで、きっちり仕事をこなしてさらにトレーニングを積んでいたんでしょうね。本当に努力の人です。

そして、各地のマラソン大会で結果を残していき、『あの市民ランナーはだれだ!?』という風に話題になり、メディアなどでも『公務員ランナー』として大きく取り上げられ、一躍時の人となりました。

ゴールテープを切る川内優輝選手

引用元:https://www.sankei.com

その後は史上最強の市民ランナーとして国内外の大会に出場し、オリンピック出場はかなわなかったものの、世界陸上に日本代表として出場するなど、まさにトップランナーとして活躍しています。

そして、2018年4月に行われたボストンマラソンで優勝を果たし、あの瀬古利彦さん以来の日本人の優勝をもたらしました。そして、帰国ご埼玉県庁を退職し、プロ転向することを発表し、現在もプロランナーとして活躍している選手です。

それでは、次の項目では、川内優輝のお父さんはどんな人!?という話題でお届けしますので、引き続きご覧ください。


川内優輝のお父さんはどんな人!?

川内優輝選手の活躍をご紹介してきましたが、その川内優輝選手を育てたご両親のことも気になりますよね!?実は、川内優輝選手のお父さんもスポーツマンなんです。

子どもの頃の川内優輝選手とお父さん

引用元:https://marasontanosimu.net

 

高校時代にはボクシングで国体に出場したこともあるほどの、アマチュアボクサーなんです。国体選手ですよ!すごいです。

そのお父さんは川内優輝選手がマラソンランナーとして本格的にマラソンに取り組み始めたころには、脚をマッサージしたり、練習に付き合ったりと、献身的に川内優輝選手をサポートします。

すばらしいお父さんですね。種目は違えど、同じアスリートとして息子の活躍を信じてサポートしていたんでしょうね。

そんな、すばらしいお父さんなんですが、川内優輝選手が高校3年生の時に心筋梗塞で亡くなってしまいます。ものすごくショックだっただろうなと思います。特に川内優輝選手がけがに悩まされていた時期でもあったので、本当につらい経験だったでしょうね。

こんな経験も、川内優輝選手のハングリー精神を培った出来事なのかもしれませんね。

さて、続いては、川内優輝のお母さんはどんな人!?というテーマでお届けしますので、引き続きご覧ください。

川内優輝のお母さんはどんな人!?

川内優輝選手のお母さんはどんな方だったのかというと、実は、お母さんも学生時代は陸上をやっていました。

川内優輝選手のお母さん

引用元:https://mg.runtrip.jp

 

専門は長距離の1500mの選手をしていたとのことですが、あまり練習をまじめにやっていなかったことを後悔しているという情報も見つかりました。

そして、駅伝の大ファンだそうで、川内優輝選手が箱根駅伝に関東学連選抜で出場したときには、すっごくうれしかったんじゃないでしょうか?自分がやり残したと後悔していることを息子が挑戦し続けているなんて、一番の親孝行ですよね!

さて、続いての項目では、川内優輝に兄弟はいるの!?という話題について調査しましたので、引き続きご覧ください。

川内優輝に兄弟はいるの!?

川内優輝選手に兄弟はいるのでしょうか!?じつは、川内優輝選手には弟が2人いまして、川内優輝選手は一番上のお兄ちゃんなんです。

すぐ下の弟は、川内優輝選手の4歳年下で、こちらの弟さんも市民ランナーとして各地の大会に出場しています。普段は会社員として営業職につかれていて、『走る営業マン』と呼ばれることもあるそうです。

大学は箱根駅伝常連校の國學院大學で陸上部に所属していました。88回箱根駅伝のエントリーメンバーに名前を連ねていたのですが、実際に走ることはかないませんでした。弟さんもすごいですねー!あの強豪校でエントリーメンバーに入るだけでも相当すごいことだと思います。

そして末っ子の弟さんは、川内優輝選手の6歳年下で、この弟さんもやはりマラソンランナーとして走っていますよ。大学卒業後はアルバイトをしながらマラソンを続けていたことから、『バイトランナー』と呼ばれていたという情報もありました。川内三兄弟はやはりファンが多いのか、みんな愛称が付けられていますね(笑)それだけ世間の皆さんに愛されている証拠なんでしょうね。

それでは、つづいては川内優輝の性格はどんな性格!?という話題について調査しましたので、引き続きご覧ください。

川内優輝の性格はどんな性格!?

川内優輝選手と言えば、ガッツあふれる粘り強い走りが代名詞となっていますが、川内優輝選手の性格はいったいどんな感じなんでしょう?その性格を物語るエピソードなどを探してみました。

激走する川内優輝選手

引用元:https://endia.net

 

川内優輝選手は、その走りからこれまで何度も実業団に誘われているのですがそれをかたくなに断っています。中でも、あの瀬古利彦さんがDeNAの陸上部の監督に就任する際にも、川内優輝選手をスカウトしたんですが、『僕は指導者に従うつもりはないし、自由にやりたい。』と断っています。

あのマラソン界の大御所からのオファーを断るなんて、かなり肝が据わってますね!走りに関してはかなり頑固というか、譲らない性格をしているようですね。

しかし、私生活ではマンガが大好きという一面を持っていて、特に陸上競技を題材にした漫画が大好きなようで、陸上の長距離を題材にしたマンガだったら、日本有数のコレクターだと語っていました。

マンガまで陸上に関するものを選ぶなんて、かなりストイックですよね(笑)そんなストイックで頑固な性格だからこそ、レースに全身全霊をささげることができるんだと思います。

それでは最後にもう一度、川内優輝選手のプロフィールをご覧ください。

川内優輝プロフィール

川内優輝(川内優輝)

生年月日:1987年3月5日(31歳)

出身地:埼玉県久喜市

身長:172cm

体重:62kg

川内優輝経歴プロフィールは?性格や家族のエピソードが素敵すぎる!まとめ

今回はここまで、川内優輝経歴プロフィールは?性格や家族のエピソードが素敵すぎる!というテーマでお届けしてきましたが、いかがでしたか?史上最強の市民ランナーとしてレースに挑み続ける川内優輝選手の今後から目が離せませんね。これからも応援しています!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

■コチラの記事も読まれています■
クリック↓
川内優輝東京オリンピック出場か?プロ転向の理由がヤバい!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました