サニブラウンの出身地や高校と大学は?父親母親の職業も気になる!

スポーツ

サニブラウンの出身地や高校と大学は?父親母親の職業も気になる!と話題になっています。

ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフであるサニブラウン選手。出身地は福岡県北九州市です。ボルト超えを期待される陸上界のホープであるサニブラウン選手に関して、

出身高校や大学、父親母親の職業についても徹底調査してみました。

是非最後までご覧ください!

サニブラウン選手のプロフィール!出身地は福岡県!

引用:https://instagrammernews.com

名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム

国籍:日本

種目:陸上:短距離(100m・200m)

生年月日:1999年3月6日

年齢:20歳

身長:187センチ

体重:79キロ

血液型:O型

出身地:福岡県北九州市

名前からすると外国籍の選手かと思った方もいるかもしれませんが、

日本の選手です。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持っています。

 

日本のスポーツ界ではハーフの選手の割合が増えてきているので、

最近では見慣れた光景になりつつありますよね。

リオデジャネイロオリンピックでボルトの横を走っていた

ケンブリッジ飛鳥選手もハーフの選手ですよね。

そんなサニブラウン選手のご家族は、どんな人たちなんでしょうか。

サニブラウン選手の家族構成は?弟ハナン君も陸上競技で大活躍!

サニブラウン選手は4人家族です。ご両親の他に弟さんがいます。

 

サニブラウン選手のお父さんであるラティフさんは、

ガーナの元サッカー選手だったんです。ガーナやコートジボワールといった

アフリカのサッカーではフィジカルが強い選手が多く、

その身体能力の高さを武器に攻撃を仕掛けてきます。

サニブラウン選手の身体能力の高さもそんなお父さんから譲り受けたものなのかもしれないですね。

 

サニブラウン選手のお母さんは、日本人の明子さんです。

明子さんは、色白で目鼻立ちの整った美人さんです。

実はこの明子さんも陸上経験者であり、

小学校3年生までは父親と同じくサッカーをしていたサニブラウン選手に対して、

団体競技は合わない、という母の薦めもあり小学校3年生から陸上競技を始めました。

サニブラウン選手の母明子さんもかつて短距離走者で、詳しくは後述しますが

陸上100mと100mハードルでインターハイ出場も果たした実力者なんですよね。

元サッカー選手の父と元陸上選手の母を持つサラブレッド・サニブラウン選手。

実は弟も、すでに頭角を現しています。

サニブラウン選手の弟さんは、サニブラウン・アブデル・ハナン君という名前で、

現在サッカーと陸上の両方をやっています。

小学校1年生の時には陸上大会でも優勝するほどの才能の持ち主なんです!

 

陸上界では、もはや世界で知らない人はいないほどの

選手であるウサイン・ボルト選手も、以前香川選手が所属していた

ドルトムントの練習に参加していたことで話題になりましたよね。

サニブラウン選手の弟さんも自身の足の速さを生かした、

フランス代表のキリアン・ムバッペ選手のような快速ドリブラーになるかもしれませんね!

 

そんな強靭な脚力を持つ子供たちを産んだ、サニブラウン選手のお母さんは、

どんな活躍をしたのでしょうか。

サニブラウン選手の母親の高校時代がヤバい!

サニブラウン選手とその弟さん、二人のアスリートを産んだ

お母さんの脚力も気になるところですよね。

サニブラウン選手のお母さんは、福岡県にある宗像高校に通っていた時に

100mと100mハードルでインターハイに出場していました。

高校卒業後は専門学校を出てスポーツメーカーに勤務したそうです。

ガーナのフィジカルを持つお父さんに、インターハイに出場するようなお母さん。

その二人の間に生まれたサニブラウン選手は、

やはりその才能を引き継いで一流のアスリートとして成長を続けています。

サニブラウン選手は昔からぶっちぎりの速さを持っていたのでしょうか?

サニブラウン選手の陸上成績は?昔から早かったの?

サニブラウン選手の素質は小学校の頃から、

そのガタイの良さにも現れていたようです。

お母さんの促しもあり、陸上の道を志すようになったサニブラウン選手ですが、

取り組みだした小学生時代には注目されるほどのタイムではなかったようです。意外ですよね。

その後の活躍はどうだったのでしょうか。

サニブラウン選手の出身校は城西大学付属城西中学校・高等学校!

サニブラウン選手は、中学生になると福岡を離れ東京に進学します。

進学したのは城西大学付属城西中学校・高等学校!

駅伝がお好きな方は、聞かれたことがあるであろう

城西大学の付属の学校に進学していたのですね!

その他のスポーツも盛んなようですが、

高校でも陸上部が強豪校として知られています。

 

その後中学に進学してからは、2年生の時に100mを11秒60、200mを24秒台。

中学3年生の時には10mを10秒83、200mを21秒85で走りきっています。

このタイムって早いのかな?と思われるでしょう。

中学校2年生の100m走の平均タイムは15秒18

中学3年生では14秒44となっています。

この平均タイムから考えると、約4秒は早いことになります。

運動会に出場していたら、ぶっちぎりで優勝ですね。

 

その当時の城西高校ではシドニーオリンピックに日本代表として出場した

山村貴彦さんが陸上部の顧問をされておられ、指導を受けていました。

その当時の高校の部活動の練習時間は朝練や昼練などはなく、

放課後の3時間ほどだったそうです。

その当時から、練習は短期集中であったそうです。

その練習が功をそうしたかわかりませんが、

高校時代にその才能が大きく開花します。

高校2年生の時には、ワールドユース選手権で2冠を達成し、

その後世界陸上にも日本代表として出場しています。

特に世界選手権では100mで10秒28の大会新記録で優勝しています。

さらに、200mでも20秒34とこちらも大会新記録を出しての

堂々の優勝を成し遂げています。

この時にサニブラウン選手が記録を塗り替えた200mの世界記録を

サニブラウン選手よりも前に持っていたのは、あのウサイン・ボルト選手でした。

このことから、サニブラウン選手のことをボルトの記録を破った男

として大きな注目を集めました。

ちなみに、サニブラウン選手は城西高校時代には普通科に属しており、

定期テスト前には部活を休んで勉強に励んでいたそうです。

大学に進んでからもその勉強した知識が活かせるでしょうか。

 

サニブラウン選手はフロリダ大学生!

高校を卒業後、サニブラウン選手はアメリカのフロリダ大学へと進学します。

同大学はアメリカの公立大学の名門として知られ、

米国内でも3番目の規模を誇るほどのマンモス大学です。

また、スポーツが盛んなことで知られており、野球やアメリカンフットボール、

バスケットボールなどで名選手を輩出しています。

プロゴルファーの東尾理子さんも同大学の卒業生です。

高校時代のワールドユースでの活躍もあり、

一般入試ではなくスポーツ推薦での入学となったのでしょう。

高校時代に頑張っていた、勉強も言語の面などでは

生かされているのではないでしょうか。

大学への進学は、サニブラウン選手のお母さんの勧めもあり

進学を決めたといいます。

フロリダ大学では陸上競技の練習とともにスポーツマネジメントに関して学んでいます。

活躍を続けるサニブラウン選手の今後はどうなのでしょうか。

 

サニブラウン選手の目標は?

サニブラウン選手は自身も語るように、今後の目標は

オリンピックの金メダルと世界記録の更新を目指しています。

タイムをどんどんと縮めているサニブラウン選手なので

世界記録の更新も近い将来に見られるのでしょうか。

もう一つの目標である、オリンピックで金メダルをとることは可能でしょうか。

オリンピックで金メダルをとるためにはオリンピックへの出場を決める必要があります。

そのためには、他の競技でもそうでうが五輪参加標準記録を

突破する必要があリます。

現在、東京オリンピックの100mの参加標準記録は10秒05となっています。

サニブラウン選手はこのタイムをクリアして、

東京オリンピックに参戦できるのでしょうか。

 

サニブラウン選手日本人で2人目の100メートル9秒台!

現在、20歳となったサニブラウン選手は2019年5月11日に

アメリカ・アーカンソー州で行われた

大学南東地区選手権男子100m決勝で、9秒99(追い風1.8m)

のタイムを叩き出し優勝しました。

高校時代までは後半の伸びが武器でしたが、大学に進んでからは

スタートからの速度もさらに増してきているようです。

この記録は2017年9月9日に桐生祥秀選手が出した9秒98に次ぐ

日本歴代2位の記録です。

サニブラウン選手は日本人で二人目の9秒台の記録ホルダーとして

9月からの世界陸上や、今大会で参加標準記録を突破した東京オリンピックでの

メダルへの期待が一気に高まっています。

サニブラウンの出身地や高校と大学は?父親母親の職業も気になる!のまとめ

ここまで、サニブラウンの出身地や高校と大学は?父親母親の職業も気になる!

の話題に関して調べてみましたが、

スポーツ万能な両親のもと文武両道で鍛えてきたサニブラウン選手。

アメリカの大学に在学している現在日本人で

二人目の9秒台の記録ホルダーとして今後の活躍が期待されています!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました