田中彩子のソプラノが下手?旦那が死去という噂を調査!

ソプラノ歌手(ハイコロラトゥーラ)として本場ウィーンで活躍されており、カタコトの日本語を喋ることで注目されている田中彩子さんですが、ソプラノが下手?という噂や、旦那さんが死去?という噂が出ています。今回は田中彩子のソプラノが下手?旦那が死去という噂を調査!してみましたので、最後まで是非ご覧下さい!

スポンサーリンク

田中彩子の旦那が死去?

田中彩子さんは1984年2月23日生まれで現在34歳です。出身は京都府ですが、現在はソプラノ歌手としてウィーンに住んでいます。

ハイ・コロラトゥーラという最も高い音域を歌うソプラノ歌手として活躍されています。
そんな田中彩子さんですが、ご結婚はされているのでしょうか?また旦那さんが死去?という噂が出ています。

田中彩子さんは現在独身です。ですので結婚歴もないですし、旦那さんもいらっしゃいません。
以前出演したテレビ番組ではドイツの男性とも日本の男性とも交友があり、違う優しさがあると語っていました。
もしかしたら、お付き合いされている相手はいるのかのしれませんが、結婚しておらず、旦那さんもいないので、「旦那さんが死去」という話題は信ぴょう性のないもので、デマとみて間違いないと思います。

こんなに美しい人が独身なわけがない!と思う方々が結婚はしていたけど旦那が死去した?などといった憶測の検索をして、こんなキーワードが話題になってしまったのかも知れませんね。

続いては田中彩子さんの年収を調査してみました!

スポンサーリンク

田中彩子の年収を調査!

田中彩子さんはソプラノ歌手としてご活躍されていますが、どのくらいの年収があるのでしょうか?

日本で活躍しているオペラ歌手の平均月収が74.1万円です。しかもこの金額は前線で活躍するオペラ歌手の平均ギャラです。
最初は脇役からで手取りがおおよそ15万〜20万円の間になるのだとか…。

一人暮らしで生活するとなると結構ギリギリなお給料ですね。しかも、公演によってはギャラがほぼ経費で消えてしまうということもあるそうです。

また、日本国内の超一流のオペラ歌手だと年収が平均で3000万円。しかしこの年収を得られる方はほんの一握りの方々だけです。

好きなことで生活していくことのハードルの高さがよくわかりますよね…

さて田中彩子さんですが、日本国内だけではなく世界で活躍するソプラノ歌手です。しかもハイ・コロラトゥーラという最も高い音域を歌うソプラノ歌手。コンサートだけでなく、現在はCDなども出していますし、一流のオペラ歌手ですので、2、3倍の年収、つまりは1億円近く稼いでいるのでは?と言われています。

ただ、この年収の金額はあくまでの予想で、ご本人の口から直接話している内容ではないので、あくまでも予想になります。

普通に生活しているOLの方やサラリーマンの方だって大きい声で年収を公表している方はいらっしゃらないですし、田中彩子さんも年収を公表することはないでしょうね。

ただ、芸術の世界で生きて行かれているのはとっても大変なことですから、年収が低かったとしても、才能を生かしてオペラ界の前線で活躍してほしいですね。

続いては田中彩子さんの経歴や学歴について調査してみました!

スポンサーリンク

田中彩子の経歴や学歴は?

田中彩子さんは京都府で1984年2月23日に誕生しています。

3歳からピアノを始めています。田中彩子さんの出身高校は京都府立西舞鶴高校です。高校生の頃はピアニストになることが夢で音大を目指していました。ただ、田中彩子さんの手はとても小さく、鍵盤の1オクターブも届かなかったのです。それを見かねたピアノの先生が歌を歌うことを勧めました。

その後、田中彩子さんは練習をした結果なんと4オクターブも出すことができるようになりました。この時、周囲は田中彩子さんに対して「100人に一人の逸材!」と言わしめたのです。

ピアノでは1オクターブすら届かなかったのにすごいですよね!そして、ピアノの先生がいい道しるべを出してくれたことが今の結果に繋がっていますよね。

田中彩子さんは数ヶ月後、ウィーンの研修旅行に参加します。ここでたくさんのオペラ歌手を育ててきた著名な宮廷歌手のミルカーナ・ミコロヴァ氏の目に留まりました。

そこで田中彩子さんはミルカーナ・ミコロヴァ氏にこう言われます。「本気でオペラ歌手になりたいのなら、今すぐ欧州へ来るべきです。私が指導するから。」そして田中彩子さんは高校卒業後、18歳で単身ウィーンに渡ります。

田中彩子さんはウィーンの大学に留学していますが、進学先を調べましたが詳細は分かりませんでした。

田中彩子さんはウィーンの街にはすぐに馴染みましたが、住んでいた部屋にはピアノ、テレビもなく練習の音楽以外の音は耳に入れない環境で過ごします。

日本の友人たちは次々と就職していく中、田中彩子さんはドイツ語の辞書片手に、18歳から22歳までの4年間を「金銭的にも精神的にも1番苦しい時期」として過ごしました。

そして田中彩子さんが、22歳の時に初めて挑んだスイスでのコンクールがきっかけで人生の転機を迎えます。

田中彩子さんがウィーンの公園を散歩中、携帯が突如鳴ります。その相手はベルン州立歌劇場の芸術監督からでした!

その内容は、「あなたの声を聴きました。3ヶ月後の公演に出てもらえないでしょうか?」というオファーの電話だったのです。

田中彩子さんはこの時のことを「頭が真っ白になって。とにかく『出ます!』と電話を切って、泣きながら公園を猛ダッシュした」と後のインタビューで語っています。

日本の友人が次々と就職していく中、様々な葛藤があったはずですが辛い時期をぐっと堪え、夢を諦めずにチャレンジしたことで、新たな道を踏み出すことができましたよね!

そして2006年、田中彩子さんが22歳の時にスイスのベルン州立歌劇場で公演した「フィガロの結婚」で日本史上最年少でソリストデビューしました!本当にすごいですよね!

この公演は6ヶ月という長丁場でした。田中彩子さんはこの公演を代役なしで成し遂げます。

また、その後オーストリア政府公認スポンサーで、2012年から続いていたモーツァルト作曲のオペラ「魔笛」のオーストリアの劇場を回る公演のオペラツアーで同オペラの【夜の女王】役を3年間に渡って務めています。

その後田中彩子さんは、グスタフ・マーラー没後100周年におけるドイツ・ルーマニア合同フェスティバルにて、国立ブラショフフィルハーモニー交響楽団とマーラーの交響曲第4番のソリストとして出演しました。

それを機にコンサートソリストとしての活動も始めています。
2013年に南米ブエノス・アイレスで行われたコンサート・ツアーでは、「高音は信じられないほど正確でそれにもかかわらず響きは柔らか、まさに天使のよう」と絶賛されました。

そのことで、その年のベスト・イベントに選ばれています。また音楽史上まれな超高音で有名なモーツァルトのコンサート・アリア「テッサリアの民よ」をジュネーヴで歌った際には、名歌手エッダ・モーザ氏をはじめとした聴衆からも「人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声だ」と賞賛されています。

2013、14年にはロンドン・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ストラスブール室内管弦楽団などのコンサート定期公演に招待されています。

2014、15年はウィーン2大コンサートホールの1つ、ウィーン・コンツェルトハウスの大ホールにてオルフの『カルミナ・ブラーナ』でのソリスト・デビューで大成功を収めたほか、

2017年には、作曲家エステバン・ベンセクリ氏が彼女の声にインスピレーションを受けたことで作曲した協奏曲「コロラトゥーラソプラノとオーケストラの為の5つのサークルソング」を南米最高峰コンサートホールCCKで、国立アルゼンチン交響楽団とのシーズン開幕コンサートにて世界初演のソリストを務めました。

また田中彩子さんは日本では2014年11月「華麗なるコロラトゥーラ」でCDデビューしています。

田中彩子さんは異国の地で、知り合いのいない中とても苦しい時期を過ごしたはずですが、諦めずにまい進したことで次々とチャンスを掴んで今の結果になっているのですね!

続いては田中彩子さんのソプラノが下手くそ?という噂が出ていましたので調べてみました!

田中彩子のソプラノが下手くそ?

ソリストとして活躍している田中彩子さんですが、ソプラノが下手くそ?と噂になっています。

田中彩子さんはハイ・コロラトゥーラのソプラノ歌手として活躍していますが、そもそも「ハイ・コロラトゥーラ」って一体何?と疑問に感じる方が多いと思います。

「コロラトゥーラ」とはクラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節のことです。つまり「ハイ・コロラトゥーラ」とはソプラノ歌手の中でも一番高い音域を持つ方ということになりますね。

そんな田中彩子さんの歌声を聴いた方でこんな風に感じている方がいるようです。
「ただ声が高いだけ!」
「音程がやや不安定に感じる」
「声が細くて迫力が無い」
「100年に一度の逸材という割には大したことがない!」などの厳しい声が出ていました。

実際に歌っているところを見てみましたが、そんなこと全くないですよ!

田中彩子エーデルワイス

声楽のことは詳しく分かりませんが、体全体で歌っている姿はとてつもない迫力を感じます。とても伸びやかな声は聴いている方をオペラの世界に飲み込ませるくらいの力があると感じます。

「田中彩子 下手」というキーワードで出てきてしまうのは歌ではなく、どうやら日本語のことだったようです。

18歳からずっと日本を離れ、一人ウィーンでの生活が長いことで日本語を話す機会を失った田中彩子さんは、母国語である日本語がびっくりするくらい下手くそになっています。

そのことから飛躍して「ソプラノが下手くそ?」という憶測に繋がってしまったのですね。

実際にはソプラノが下手なことは全くなく、そう感じる方は中にはいらっしゃるのかもしれませんが、世界で活躍している田中彩子さんに対しての羨望などでそういった声が出てきたのかもしれません。

続いては田中彩子さんの日本語がカタコトなのは障害?という話題がありましたの調べてみました。

田中彩子の日本語がカタコトなのは障害?

田中彩子さんが以前テレビ番組でお話されていた姿を拝見してびっくりしました。

それは日本語がとてつもなくカタコトだということ。

なんだかかなりカタコトの日本語を話されていて、元々海外の方なのかな?と思うくらいでした。ネットでは田中彩子さんの話す姿を見た方々が「言語障害?」などの憶測が出るほどでした。

しかし元々、田中彩子さんは18歳で日本を離れるまでは京都で生活しています。18歳まではきちんとした日本語を話していたんです。

どうしてこんなにカタコトになってしまったのでしょうか。

それは現在、田中彩子さんはウィーンを拠点として活躍していることから、普段日本語を話す機会がなくなり、次第に日本語が上手に話せなくなってしまったからだったんですね。

田中彩子さん曰く、外国語で話す筋肉と日本語で使う筋肉は全く別の筋肉を使っているので必然的に日本語で使う筋肉が弱まってしまったとのことでした。

海外生活が長いと、こんな感じになってしまうとは驚きですね。テレビ番組でつたない日本語で一生懸命相手に伝えようとしている姿はとっても可愛らしかったですよ。

ネットでも、その美貌からは想像つかないカタコトな日本語が大評判です。

美しい容姿と、話し方のギャップが可愛らしいですよね^^

続いては田中彩子さんに彼氏はいるの?という話題について調べてみました。

田中彩子に彼氏はいるの?

田中彩子さんは現在彼氏はいらっしゃるのでしょうか?

色々と情報を集めてみましたが、田中彩子さんが現在お付き合いしている方の情報は見つかりませんでした。

現在はソプラノ歌手として母国日本でも活躍の場を広げている田中彩子さん。今は恋愛よりも仕事を優先しているのかもしれません。
とってもお綺麗な方ですから、きっとすぐに素敵な報告をしてくださるでしょうね!

続いては田中彩子さんプロフィールをご紹介します。

田中彩子プロフィール

氏名:田中彩子

生年月日:1984年2月23日(34歳)

出身地:日本 京都府

ジャンル:クラシック

職業:ソプラノ歌手、オペラ歌手

担当楽器:声楽

田中彩子のソプラノが下手?旦那が死去という噂を調査!まとめ

田中彩子のソプラノが下手?旦那が死去という噂を調査!まとめという話題について調べてみましたがいかがでしたか?
日本語が少し変わっていて面白く、またとってもお綺麗な田中彩子さん。現在はご結婚もしておらず、旦那さんもいらっしゃいませんでした。
田中彩子さんは日本だけではなく世界でハイコロラトゥーラのソプラノ歌手として活躍しています。これからも目が離せないですね。
今後の活躍に注目です!

◆コチラの記事も読まれています◆
クリック↓
田中彩子ソプラノ歌手の夫や結婚は?日本語が変で可愛い!
Superflyがショートカットに?ライブで復帰し紅白も!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 山口達也さんは、酔ってて覚えてるのでしょうか?
    キスは、どこにしたのでしょうか?おでことか頬とかじゃないのでしょうか?その少女を守って言われるままに自分を悪者したのでは、ないのでしょうか?46歳の大人の対応したのではないのでしょうか?
    10代の少女に、夜外出させた、親には責任ないのでしょうか?何故警察にいく必要があったのでしょうか?
    被害届から、山口さんに事情聴くまでに、何故時間がかかったのでしょうか?摩訶不思議です。
    皆さんは、山口達也さんだけが、悪者のままでいいのですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です