西谷監督(大阪桐蔭)は怖いけど名言がすごい?スカウト術がヤバい!

西谷監督(大阪桐蔭)は怖いけど名言がすごい?スカウト術がヤバい!と話題です。数々のスター選手を輩出している野球の名門・大阪桐蔭高校。その野球部を率いる西谷監督をご存知ですか?その見た目から「怖い」といった印象を持つ方も多いようですが、名監督と呼ばれるだけある本当に凄い監督なんです。そこで今回は、西谷監督(大阪桐蔭)は怖いけど名言がすごい?スカウト術がヤバい!という話題について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

西谷監督(大阪桐蔭)の経歴は?

西谷監督自身、小学2年生で始めてから大学生まで野球一筋の野球少年でした。

ポジションは小学4年生から捕手(キャッチャー)

幼い頃から司令塔として、観察力視野の広さを培っていたのかもしれませんね。

高校は、今回の夏の選抜大会にも出場している報徳学園に進学し、甲子園を目指して日々汗を流していました。

しかし高校生最後の夏に事件が起こります。

西谷監督が高校3年生の夏、下級生が不祥事を起こしたことにより野球部が県大会出場を辞退することになったのです。

高校球児として最後の夏、しかも小学生から野球を続けていた西谷監督にとって、甲子園をかけた挑戦すらできないということは想像できないほど辛く無念だったことでしょう。

だって言ったら、それまでの3年間の努力が無駄になってしまうのですから。

しかしこの悔しさが西谷監督の原点になったとも言われています。

そして高校卒業後は1浪し、一般入試で関西大学経済学部に入学。

2年の秋から控え捕手としてベンチ入りし、3年春のリーグ優勝全日本大学野球選手権大会準優勝を経験しています。

4年生になってからはブルペン捕手となり大舞台とはかけ離れていたものの、主将に選出され100人もの部員をまとめ上げました。

西谷監督の人望の厚さ統率力が伺えますよね。

こういった経験から、西谷監督は現在もレギュラー以外の控えやサポートに回っている選手への気配りを忘れません。

こうやって見ると、西川監督の野球人生は苦く辛い思いもたくさんしたと思いますが、全て名監督へ繋がる能力を培う経験になっているように感じますね。

大学を卒業してからは母校である報徳学園の臨時コーチを務め、その後大阪桐蔭高校へ異動。

1993年に大阪桐蔭のコーチに就任後、5年後の1998年秋に監督に就任しました。

その後1度コーチに退きますが2004年から再び監督として指揮をとり、異例の常勝軍団を築きあげているのです。

また、2013年には第26回18U野球ワールドカップの日本代表監督を務め、1次ラウンドを5戦全勝・2次ラウンドは4勝1敗という成績で突破!

決勝では2-3でアメリカに惜敗したものの、日本勢としては2004年の大会以来となる準優勝を果たしました。

西谷監督の監督としての能力は確かなものであるということがわかっていただけると思います!

では、西谷監督の功績をもう少し掘り下げてみましょう。

主な戦績や教え子は?

これまで大阪ではPL学園が圧倒的な強さを誇っている野球の名門校とされてきましたが、平成になってからは大阪桐蔭が上位を占め始め、現在では大阪桐蔭が全国でもトップクラスの強豪校となっています。

そんな大阪桐蔭高校の主な戦績はコチラ。

平成3年度 第63回選抜高等学校野球大会 ベスト8
第73回全国高等学校野球選手権大会 優勝(全国制覇)
平成17年度 第87回全国高等学校野球選手権大会 ベスト4
平成20年度 第90回全国高等学校野球選手権記念大会 優勝(全国制覇)
平成24年度 第84回選抜高等学校野球大会 優勝(全国制覇)
第94回全国高等学校野球選手権大会 優勝(全国制覇)
平成25年度 第85回記念選抜高等学校野球大会 ベスト16
第95回全国高等学校野球選手権記念大会 ベスト16
平成26年度 第96回全国高等学校野球選手権大会 優勝(全国制覇)
平成27年度 第87回選抜高等学校野球大会 ベスト4
平成28年度 第88回選抜高等学校野球大会 ベスト16
平成29年度 第89回選抜高等学校野球大会 優勝(全国制覇)

引用:http://www.osakatoin.ed.jp

甲子園への出場は春夏合わせて19回
その内全国制覇は6回成し遂げています。

西谷監督が就任した1998年は平成10年ですから、大阪桐蔭が全国制覇した6回のうち5回は西谷監督が導いたということ!

この甲子園で春夏通算6回の優勝歴代最多タイ記録であり、甲子園通算勝率8割4分という数字は史上最高なうえ今後も破られる事はないといわれています。

ここまででも、西谷監督がどれだけ凄い監督であるかがわかりますよね。

そんな西谷監督が指導した主な教え子もご覧ください。

岩田稔:阪神タイガース
中村剛也:西部ライオンズ
西岡剛:阪神タイガース
平田良介:中日ドラゴンズ
中田翔:日本ハムファイターズ
岡田雅利:西武ライオンズ
浅村栄斗:西武ライオンズ
江村直也:千葉ロッテマリーンズ
西田直斗:阪神タイガース
藤浪晋太郎:阪神タイガース
澤田圭佑:オリックスバファローズ
森友哉:西武ライオンズ
香月一也:千葉ロッテマリーンズ
青柳昴樹:横浜Deベイスターズ
高山優希:日本ハムファイターズ

いかがですか?

プロの世界でも活躍している錚々たるメンツですよね!

一体西谷監督は選手たちにどんな指導をしているのでしょうか?

続いて、西谷監督の指導法についても調べてみました!

スポンサーリンク

西谷監督(大阪桐蔭)の指導法とは?

西谷監督は就任以来、これまでの慣わしを撤廃して指導の改革を行ったといいます。

その指導法というのがコチラ。

1.野球交換ノート

西谷監督が野球を指導するにあたって大事にしているというのが、この”野球交換ノート”。

これは監督になる前、コーチになった頃から行っている改革のひとつなのだとか。

大勢の選手がいる中監督は1人だけですから、限られた時間で選手全員とコミュニケーションをとるために「気付いたことを毎日ノートに書いて提出する」といったことを野球部全員に義務付けました。

大阪桐蔭のOBであり現在阪神タイガースで活躍する藤浪晋太郎投手は、かつてこの交換ノートで「身体が開いている。真の力を身に付けよう。」などとコメントをもらい、「よく見てくれているなぁ」と感じたそうです。

実際に面と向かっては言いづらいことも文章では書きやすかったりしますし、文字として残ることで何度もおさらいできますよね。

なによりこの交換ノートというコミュニケーションツールにより、監督と選手の間に厚い信頼関係が生まれているのです。

他にも、選手全員と30分の個人面談をするなどして、とにかく「聞き上手になろう。子供たちの話を聞こう。」としているのだとか。

コミュニケーションを学んだことにより、「個別が大事。教え方は1人1人違う。」と指導方法が大きく変わったようですよ。

2.自分のことは自分で行う

当時は1年生が上級生の洗濯など雑用を行うのが一般的であり、練習の時間があまりとれずにいました。

しかし西谷監督はこれを早々に撤廃し、1年生も練習に参加させます。

当時格上だったPL学園を倒すためには、周りと同じことをしていてはダメだと考えたのですね。

それから現在まで、自分のことは自分で行うといった風潮が根付いているようです。

3.実戦形式の打撃練習

大阪桐蔭の打撃力は、毎日実戦形式で打撃練習を行っているというところにあるようです。

打撃練習のピッチャーは本職のピッチャーが本気で抑えるように投げ、バッターは本気で抑えにかかってくるピッチャーの球を本気で狙って打ちます

この方法は、ピッチャーもバッターもレギュラーを勝ち取るためのアピールの場ともなり、常に選手たちに緊張感を与えますよね。

毎日実戦と同じ緊張感の中で本気の戦いをしていれば、大会になって急に緊張感にのまれるなんてこともなく本来の実力を出すことができるでしょう。

また、周りのチームメイトが進化していることを実感し、「自分ももっと努力しなければならない」と自主的に努力していきます。

常に高いレベルの中で練習して必死にレギュラーを狙うことで、自然とチーム全体のレベルが上がっていくようですね!

そして、西谷監督が凄いのは指導法だけではありません。

そもそも実力の高い選手を大阪桐蔭に呼び寄せる「スカウト術」も凄いんです!

続いて、西谷監督のそんなスカウト術についても調べてみました!

スポンサーリンク

西谷監督(大阪桐蔭)のスカウト術が凄い!

西谷監督は指導だけでなく、スカウト術もプロ級だと言われているのをご存知ですか?

確かに、西谷監督の教え子はその後もプロとして活躍する選手が多くいらっしゃいますよね。

実際の西谷監督が行ったスカウト術はコチラです。

・当時広島にいた中田翔選手をスカウトするために、金曜の終電で広島入り→翌朝から中田翔選手を見て午前中に大阪に戻るを繰り返して50回以上通った。

・スカウトしたい選手の実家の前で待ち伏せし、偶然を装って口説く。

・打者を見出すのに重点を置いているのは「1球目から振っているかどうか」。

・西谷監督のスカウトにかける工夫や努力は、プロのスカウトが「西谷さんほどマメな監督はいない。そこまでやるか。」と驚くほど。

などなど。

しかも西谷監督は大阪桐蔭の社会科の教師でありクラスももっていますから、スカウトに動けるのは土曜日の午前中だけというくらい限られています。

そんな忙しい立場にありながらもスカウトするための努力は惜しまず、監督自ら出向いていくわけですね。

そこまでされたら、選手たちも西谷監督の熱意に心揺さぶられるのも納得です。

このように人望がありマメな西谷監督ですが、どうやら「怖い」といった声も挙がっているのだとか。

実際にどれくらい怖いのか、調べてみました!

西谷監督(大阪桐蔭)はどれくらい怖い?

西谷監督はその見た目からも怖い印象を持っている方が多いようです。

しかし西谷監督に限らず、名門の野球部を率いる監督というのは怖いのは当たり前でしょう。

そもそも、甲子園に出るようなチームに怖くない監督はいないですよね。

西谷監督は褒めて育てることに一定の理解を示しつつも、「本当に苦しい時に自分で立ち上がれるかどうかが大切」と語っています。

試合中のグラウンドではいつもそばに監督がいて励まし、手を差し伸べてくれるわけではありません。

苦しい時に自らが立ち上がり一歩を踏み出すには、屈強な精神力が必要となってくるわけです。

そういったことを考えると、やはり厳しい言葉“叱る”といった行為は重要ですよね。

西谷監督は「叱るタイミングを見逃さないことが大事」とも語っており、やはり基本的に甘さよりも厳しさを前面に押し出した指導法をとっているようです。

しかし一方で、甲子園のベンチでは笑顔をみせていることが多い西谷監督。

厳しい一面がある反面、西谷監督は細かい気配りが素晴らしい優しい方なんだとか。

どういうことなのか、詳しく調べてみました!

西谷監督(大阪桐蔭)は怖いだけじゃない!細かい気配りが凄い!

西谷監督は過去に甲子園で優勝した際、優勝の瞬間に記録員の選手と抱き合ったといいます。

その理由は、「記録員の選手が1番大変だったと思うから。」

記録員をしている選手も、大阪桐蔭の野球部に入部した時はレギュラーを目指して日々練習に励んでいた選手であり、甲子園のグランドの上に立つことを志していました。

しかし高校最後の夏に背番号を手にすることが出来ず、記録員としてチームに貢献する3年生。

本当だったら背番号を背負ってユニフォームで入りたいベンチに、制服姿でいるのは非常に悔しいと思います。

そんな選手を労い、一番に抱き合う西谷監督は素晴らしい気配りができる監督ではないでしょうか?

他にも、1日の練習が終わったらサヨナラではなく、練習後に選手の相談に付き合うなどしっかり選手全員と向き合うのだとか。

小さな悩みも聞いてケアしてくれる、全寮制の選手たちにとって父親代わりでもあるのでしょうね。

ネットでも西谷監督の気配りは絶賛されています。

表舞台も裏方も経験してきた、西谷監督ならではの気配りでしょう。

では、そんな西谷監督が残した名言についても調べてみました!

西谷監督(大阪桐蔭)の名言を紹介!

西谷監督がこれまでに発言した「名言」をご紹介しましょう。

「夏の大会はどんな投手も打たれる打たれてからどう粘れるか」

「野球は攻撃側がボールを持っていない珍しいスポーツ。だからこそ打者は受け身ではなく自分から仕掛ける姿勢が必要だ」

「日本一は本気で狙いにいっても簡単には取れません。でも本気の本気で狙いに行ってこそ、初めてチャンスが出てくると思っています。たまたまで日本一になるなんてことは、ありえませんから。」

「最後の最後はやはり野球の技術よりも人間性やチームワーク力が勝敗を決する。」

「本当に伸びる子は概して素直で、なおかつ頑固さも備えている」

「成長することが勝利へのカギ。」

「苦しい戦いだからうまくなるチャンスがある」

いかがですか?

長年戦いぬいてきた監督ならではの、熱く重みのある言葉たちですよね。

そんな西谷監督が率いる大阪桐蔭から目が離せませんよ!

最後に、西谷監督のプロフィールをご紹介しましょう。

西谷監督(大阪桐蔭)のプロフィール

名前:西谷浩一(にしたに こういち)
生年月日:1969年9月12日
出身地:兵庫県宝塚市
学歴:関西大学経済学部 卒業
職業:高校教師(社会科)・大阪桐蔭高校野球部監督

西谷監督(大阪桐蔭)は怖いけど名言がすごい?スカウト術がヤバい!まとめ

西谷監督(大阪桐蔭)は怖いけど名言がすごい?スカウト術がヤバい!という話題について調べてみましたが、いかがでしたか?
なんだか調べれば調べるほど、西谷監督のことが好きになる結果となりました(笑)
春夏連覇がかかった、西谷監督率いる大阪桐蔭の活躍にぜひご注目を!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク