小園海斗の出身地は?両親や兄弟についても知りたい!

小園海斗の出身地は?両親や兄弟についても知りたい!と話題になっています。これまでの野球経歴も素晴らしく、夏の甲子園での活躍が注目を浴びました。ドラフト会議2018では、なんと4球団に1位指名!そんな小園海斗選手の今後が期待されると同時に、家族にも注目が集まっています!今回は、小園海斗の出身地は?両親や兄弟について調べてみました。是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

小園海斗の経歴とプロフィール

小園海斗選手のプロフィール

小園海斗

引用:https://www.japan-baseball.jp

名前:小園海斗(こぞのかいと)
生年月日:2000年6月7日(2018年10月現在18歳)
出身地:兵庫県宝塚市
身長:178㎝
体重:79㎏
投打:右投左打
ポジション:遊撃手

6歳の時に、甲子園球場でのプロ野球観戦がきっかけで野球を始めました。

小学生の頃は、「宝塚リトル」に所属、中学生時代は強豪チームである「枚方ボーイズ」に所属します。

同チームでは全国大会優勝を経験しており、大活躍を見せました。U-15の日本代表選手にも選出され、世界大会で優勝

高校は報徳学園に進学し、1年生の春からベンチ入りを果たし、1番バッターに抜擢。

2年生の時には、U-18日本代表にも選出され、チーム内トップの打率3割超えを記録しました。

3年生の夏の甲子園はベスト8。U-18日本代表にも2年連続で選出
プロ志望届を提出しドラフト会議も無事終了し、プロ入りまっしぐらです。

そんな小園海斗選手の華々しい野球経歴を見ていきましょう。中学時代から活躍を見せていた様です。

続いて、小園海斗の出身中や中学時代の野球実績は?について調べてみました。

スポンサーリンク

小園海斗の出身中や中学時代の野球実績は?

小園海斗選手の地元は兵庫県宝塚市。通っていた中学校は「宝塚市光が丘中学校」です。

関西でトップレベルの硬式野球チーム「枚方ボーイズ」に所属していました。ボーイズリーグで日本一を決める大会で何度も優勝しているチームで、プロ野球選手も多数輩出しています。

小園海斗選手も「枚方ボーイズ」時代、素晴らしい成績を残しました。

2013年、ボーイズ選手権大会優勝、ジャイアンツカップ優勝。2014年、ボーイズ春季大会ベスト8、ボーイズ選手権大会優勝。2015年、ボーイズ春季大会優勝、ボーイズ選手権大会ベスト4。

中学1年生の時から、スタメン起用で、ホームランも量産。U-15日本代表にも選出されるわけです。

また、「枚方ボーイズ」では、野球以外の事も指導されていたそうです。それは、「時間を守る」「挨拶をする」「返事をする」という事。
当たり前の事かもしれませんが、それが出来ない子って割と多いかもしれません。人間としての根本的な事が出来ていないと、団体競技には向かないのかなと思います。

素晴らしい結果を残してきた小園海斗選手と共に、1.2番バッターコンビとして活躍していた選手がいたのをご存知でしょうか。

続いて、小園海斗と大阪桐蔭藤原恭大の関係は?について調べてみました。

スポンサーリンク

小園海斗と大阪桐蔭藤原恭大の関係は?

小園海斗選手は上述した様に、中学時代、「枚方ボーイズ」に所属していましたが、チームメイトには、大阪桐蔭高校野球部の藤原恭大選手も所属していたのです。

藤原恭大選手も、守備に打撃に定評があれ、ドラフト会議2018では3球団から1位指名を受けました。さらに、甘いルックスで女性ファンを魅了しています。

https://twitter.com/kf_tgtg/status/1055786591996628993

中学時代から仲間としてライバルとして切磋琢磨していたのですね。別々の高校に進学しましたが、2人とも見事に活躍しプロ入り間近。小園海斗選手は、これまで対戦した中ですごいと思った選手に藤原恭大選手の名前を挙げています。また、藤原恭大選手も対戦したい相手として小園海斗選手の名前を挙げています。

2018年、夏の甲子園では2人はお揃いのグローブとスパイクを使用していました。なんかいいですね。

https://twitter.com/l___10mrtmy_88/status/1030783974602199040

お互いの存在が、2人を強くした様です。
やはり一緒に戦う仲間は大切です。しかし1番の支えになるのは家族でしょうか。

続いて、小園海斗の家族構成は?父はヒロミで母はなでしこ?について調べてみました。

小園海斗の家族構成は?父はヒロミで母はなでしこ??

小園海斗選手の家族構成は、お父様にお母様、そして妹さんです。
小園海斗選手がこれだけ活躍していると、両親はどんな人なのかも気になる所ですよね。

小園海斗選手のお母様は、こず江さんといって、なんと日本女子サッカーリーグで活躍した選手だったそうなのです!
あの澤穂希選手(現在は引退)の先輩にあたるとか。高校卒業後22歳まで、現在のなでしこリーグ(旧Lリーグ)のバニーズ京都SC(旧旭国際バニーズ)でMF(ミッドフィルダー)としてプレーしていたそうですよ。

サッカーは体力も頭も必用なスポーツですから、お母様は頭がきれて、相当体力があったに違いありませんね。小園海斗選手は、そんなお母様の身体能力を引き継いだのでしょう。

小園海斗選手にもサッカーをしてほしく、幼少期に枕元にサッカーボールを置いていたそうでしたが、全く見向きもしなかったとか。お母様としては少し残念に思ったかもしれませんが、野球で活躍する小園海斗選手に対して懸命にサポートしているそうです。

栄養が偏らない様にと手料理は欠かさず、お弁当には白米ぎっしり、晩御飯にもどんぶり2杯。野球には体格も重要ですからね。
U-18ワールドカップの際には、たくさんの差し入れを持って現地まで駆け付けたそうです。

サッカーではなく野球を選択したわけですが、これだけ活躍してくれて、お母様も誇らしい事でしょうね。

お父様は、なんと芸能人のヒロミさん
というのはあくまで噂です。

これが本当だったら、小園海斗選手のお母様は松本伊代さんになってしまいます。おかしな話です。

なぜ、小園海斗選手のお父様がヒロミさんであるという噂が浮上したのかと言うと、ヒロミさんの本名が、「小園浩己」さんといって、息子さんが元高校球児だとか。

小園隼輝

引用:https://www.nikkansportscom

こちらがヒロミさんの本当の息子さんの小園隼輝(こぞのとしき)さんです。甲子園には一歩及ばなかった様ですね。

これだけの一致で、親子であるという噂がたつのですね。確かに「小園」という名字は珍しいですが。

ともかく、ヒロミさんと小園海斗選手に血縁関係はありません

小園海斗選手の実際のお父様は、考志さんというそうです。陸上の走り幅跳びの選手だったそうですよ。

おじい様は、社会人野球経験者だそうで、小園海斗選手を野球観戦に連れていってくれたのは、おじい様かもしれませんね。

やはり小園一家はアスリート一家の様です。

では、小園海斗選手兄弟についてはどうでしょうか。
なんとなくお兄さんがいる様な気がしてしまう。

続いて、小園海斗には兄弟がいて野球をしている?について調べてみました。

小園海斗には兄弟がいて野球をしている?

小園海斗選手と同様、ドラフト会議で複数球団から1位指名をされた、大阪桐蔭高校野球部の根尾昂選手や藤原恭大選手には、お兄さんがいて、お兄さんがきっかけで野球を始めました。

その為、小園海斗選手も男兄弟がいるのかなと勝手に思ってしまいましたが、小園海斗選手には2歳年下の妹さんがいる様です。
名前を梨心(りこ)さんと言って、現在は高校1年生ですかね。

どこの高校に通っているなどの情報は見つかりませんでしたが、野球で活躍する兄小園海斗選手に対して、「最高にかっこいいです」とインタビューで答えていたそうです。
自慢のお兄さんなのでしょう。

お母様や小園海斗選手に倣って、野球やサッカーではないにしても、何かスポーツをしているのではないかと思います。
ちなみに、妹さんの携帯の待ち受け画像は、大阪桐蔭高校藤原恭大選手だそうです。さすがイケメン選手。w

お兄さんとしては複雑な心境ですかね。
そんな妹さんが、最高にかっこいいと発言した小園海斗選手の高校時代の活躍を見ていきましょう。

続いて、小園海斗の報徳学園での活躍!日本代表にも選出!について調べてみました。

小園海斗の報徳学園での活躍!日本代表にも選出!

小園海斗選手は実家に程近い報徳学園に進学しました。幼少期から、報徳学園野球部に憧れを抱いていたそうです。

1年生でベンチ入りし、県大会では1番ショートに起用。全5試合で安打を記録し、25打数10安打、打率は4割と好成績を収め、当時からすでにスカウトの注目の的でした。

2年生の春のセンバツにもレギュラーとして出場し、打率はなんと5割を記録本塁打1本に5打点の活躍で、ベスト4

2年生ながらU-18日本代表にも選出され、2番打者としてスタメン起用。20打数14安打という圧倒的な打撃を見せました。

高校生最後の夏の甲子園は、ベスト8という結果。
小園海斗選手自身素晴らしい記録を残していますが、甲子園出場は春夏1度ずつで全国制覇の経験はなかったのですね。意外でした。

その後のU-18日本代表には2年連続で選出され、2試合で5安打を記録しましたが、3試合目でまさかの3失策(エラー)

https://twitter.com/yasu_pon21/status/1049220272690057220

基本に立ち返る大切さを教わり、それを素直に受け入れた小園海斗選手は、より一層堅実な守備が出来る様になる事でしょう。

プロ入りはほぼ確実であろう小園海斗選手。野球ファン必見のドラフト会議はどういった結果になったのでしょうか。

続いて、小園海斗のプロ評価は?ドラフト結果!!について調べてみました。

小園海斗のプロ評価は?ドラフト結果!!

小園海斗選手は、50m5.8秒の俊足遠投110mの強肩、それを活かした広範囲な守備力に華麗なグローブさばき左右に飛ばす打撃センスと、申し分ない逸材です。

守備に関しては、プロより上手いとも言われています。塁間4秒で走り、出足も速い。瞬発力もある為、守備範囲も広く、強肩を活かしてランナーをさす。堅実且つ躍動感のある守備がプロよりもうまいと言われる所以でしょう。

そんな小園海斗選手に対するプロスカウト評価をいくつか紹介します。

「広角に打てるし、走攻守トータルでレベルが高い。」
「足も肩も文句なし。アマ№1のショート。即戦力に近いと思う」
「ワンプレーごとに精度が高く、センスに溢れている。大舞台に慣れているのも良い」

などなど。

小園海斗選手の憧れの選手は、ヤクルトスワローズの山田哲人選手。小園海斗選手と同じ宝塚リトルリーグ出身なんだそうですよ。同じチームでプレイする事が出来るのでしょうか。

注目が集まったドラフト会議2018。小園海斗選手を1位指名したのは、広島東洋カープ、福岡ソフトバンクホークス、横浜DeNA、オリックスバファローズの4球団でした。

自身の名前が呼ばれる度に、驚いた表情を見せたり、安堵した様に微笑む小園海斗選手がとても印象的でした。

抽選の結果、広島東洋カープが交渉権を獲得

この様子を、小園海斗選手の家族は見守っていました。とても仲が良く、心から小園海斗選手を応援しているんだなあというのが良く伝わってきます。

https://twitter.com/yasu_pon21/status/1056314460187451393

小園海斗選手のライバル兼盟友の藤原恭大選手は千葉ロッテマリーンズに決まりました。セ・パと分かれてしまいましたが、交流戦などでの2人の対戦が楽しみです。

最後に改めて小園海斗選手のプロフィールを紹介します。

小園海斗プロフィール

小園海斗選手のプロフィール
名前:小園海斗(こぞのかいと)
生年月日:2000年6月7日(2018年10月現在18歳)
出身地:兵庫県宝塚市
身長:178㎝
体重:79㎏
投打:右投左打
ポジション:遊撃手

小園海斗の出身地は?両親や兄弟についても知りたい!まとめ

小園海斗の出身地は?両親や兄弟について調べてみましたがいかがでしたか。天才級と評される小園海斗選手ですが、決して天才などではなく、努力の人なのだと思いました。献身的できっと仲も良い家族の支えやライバルや仲間がいてこその、小園海斗選手の輝きなのでしょう。これからも素敵な笑顔を忘れず、プロで活躍する姿を見せてほしいですね!

最後までご覧いただき有難うございました!

■コチラの記事も読まれています■
クリック↓
根尾昂の出身地や身長は?兄弟も実はスゴかった!
大阪桐蔭根尾昂wiki風プロフィール!両親や家族はどんな人?
大阪桐蔭藤原恭大wiki風プロフィールは?彼女やイケメン画像を調査!
金足吉田はマウスピース使用?出身中学やプロフィールも気になる!
藤原恭大出身中学は?母が元モデルという噂を徹底調査
 

スポンサーリンク